connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/11/20

家計・ライフ

貧乏な人の部屋に共通する3つの特徴

私は仕事上、お金の相談で様々な家庭にお邪魔することがあります。お金の事が不得意な貧乏な人の部屋に行くこともあれば、自分のビジネスを持っていて、お金の運用や管理の上手なお金持ちの人の部屋に行くこともあります。
これまで数千軒訪問した結果、貧乏な人の部屋には共通点があることに気づきました。
そこで、貧乏な人の部屋に共通する特徴を3つ、お金持ちの人の部屋との違いを見ながら、紹介していきたいと思います。

貧乏な人の部屋に共通する3つの特徴①:トイレのふたが開けっ放し

貧乏な人の家のトイレに入るとほぼふたが開けっ放しです。
トイレのふたを開けっ放しにすると暖房便座が放熱してしまい電気代に影響がありますし、ふたを開けたまま水を流すと水しぶきが飛び散って菌をばらまいてしまうことになります。
貧乏な人はそんなことに無頓着ですし、そもそもふたの開け閉めが面倒のようです。
トイレを綺麗に掃除してあったとしても、ふたまできちんと閉めてあるトイレは意外と少ないのです。

しかし、お金持ちの人はトイレのような汚いところこそ重要な場所と捉えています。トイレのふたはきちんと閉めて、電気代や衛生面に気遣っています。もちろん綺麗にしています。いつでも拭きやすいように、カバーなどをしないこともあります。
また、トイレのふたを開けておくと運が逃げると考えている人もいます。ふたを閉めるのは運を逃がさないという意味合いもあるのです。

貧乏な人の部屋に共通する3つの特徴②:食卓の上に物がたくさんのっている

貧乏な人は食卓と何か作業をする机が一緒という事が多いようです。
もっとも、食卓と作業机が一緒なのが悪いのではありません。食事の時間に調味料を出して食事が終わったら台所に片づける、何か作業をするときに出した書類は食事の前に片づける、というのは一般的です。
しかし、貧乏な人は四六時中調味料がテーブルに置いてありますし、手紙や書類もいつも山積みになっています。醤油などをこぼして大切な書類を汚してしまったらどうするのだろうとハラハラしてしまいます。

では、お金持ちの人はどうでしょう?
食事の時以外、食卓に物がのっていることはありません。書類など、作業に使うものは他の机や書斎にある机の上や引き出しにあります。
もっとも、その机は書類が山積みだったりすることはあります。なぜなら仕事中は必要な資料などがたくさんあるからです。ただ、お金持ちの人は大切な書類のあるテーブルの上では食事をしないのです。

つまり、食べ物をこぼして書類などを汚すことを嫌うのです。また、仕事の空間と食事の空間を分けて考えているのです。メリハリをしっかりつけることを大事にしているようです。

貧乏な人の部屋に共通する3つの特徴③:玄関に靴が脱ぎっぱなし

玄関は、貧乏かお金持ちかを一番チェックしやすい場所です。ドアを開ければまず必ず見えますし、部屋に入るためには通る必要があるからです。
貧乏な人の家の玄関は靴が散乱しているもの。靴箱がいっぱいなのかと思いきや、靴箱が空いていても入れずに脱ぎっぱなしのようです。さらに夏なのに冬のブーツが出ている…などという事もあります。
そんな人は部屋の服も出しっぱなしになっています。洗濯したものをたたまずそのままにしている事もあります。収納が得意ではなく、どこにしまいこんだかわからなくなり、同じようなものを買ってしまうため、お金を無駄遣いしてしまうのです。

その点、お金持ちは玄関に靴が出ているという事がほとんどありません。履いた靴はすぐに靴箱にしまいます。玄関に出ているのはこれから履く靴だけになっています。
靴は一足一足高価なものが多いのですが、長く履いているようです。場合によっては10年近く履くということも。良いものを長く履くために、出しっぱなしにすることなく大切にメンテナンスをし、しまっておくのです。

お金持ちが部屋を綺麗に片づけられるわけではない

お金持ちは綺麗好きで片づけ上手と思いがちですが、片付けが苦手な人は結構います。
それでも、家を綺麗にしておかなくてはいけないという意識は常に持っています。家族が片づけたり、専門業者を入れたりするケースもあります。

今回の3つの特徴、今すぐ改善できるものも多いですね。
特にトイレのふたを閉めることなどは、すぐできるはず。実際、お金持ちの人は重要視しています。
お金持ちにあやかるなら、まずはトイレのふたを閉めることから始めてみませんか?

廣木 智代 ファイナンシャルプランナー(CFP)

結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけに、お金に賢くなるお手伝いをするべくCFP資格を取得。心と体とお金の健康バランスを軸に、個別相談、セミナー、執筆を展開中。最近はラジオCRT栃木放送にて「賢くなる座談会」を放送中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

今の生活が大変でも住宅購入は必要ですか

家計・ライフ千葉県 いいね 4 2015/05/17

夫(38)・3才と8ヵ月の娘の4人暮らしです。
今年3才娘が私立幼稚園に入園しました。
そのため毎月の保育料だけでも大変なのですが、夫の実家から「二世帯住宅にして同居しろ。同居しないなら住宅...

マネー相談の続きを見る

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ