connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/02/19

家計・ライフ

4月から有休取得が義務化。上手に有休を取得するテクニック5選

有休がなかなか取れない職場も多いですよね。「取りづらい雰囲気の職場だから」「上司に悪く思われそうだから」など、理由はさまざまだと思います。
そんな風に思ってきた方に朗報です。2019年4月から「有休取得が義務化」されるのです。これで有休が取りやすくなるでしょう。
でも、有休が取りやすくなるとはいっても、気持ちよく休みたいですよね。
そこで今回は、上手に有休を取得するテクニックを5つお伝えします。

年5日休まないと罰則あり! 有休取得の義務化

日本は有休の取得率が低いといわれています。そのため政府は働き方改革の一環で、2019年4月から、有休が年10日以上ある人には、年5日以上取得させることを義務づけました。企業に対して罰則規定があるので、現在有休取得率が低い会社は、積極的に取得を推進する方法を考えると思います。

具体的な方法は、会社や職場によって違ってきますが、2019年3月までの「取りたい人だけがとればいい」という発想から「取ってもらわなければならない」と劇的に変わるので、有休が確実に取りやすくなることは間違いありません。

だからといって勝手なことをしてはいけません。周りの理解を得ることも大切です。

全部すぐできる! 上手に有休を取るテクニック

有休を取りやすくなる、取らなければいけないようになる……のなら、やっぱり上手に有休を取りたいですよね。そのためのテクニックを5つ紹介します。

● 罪悪感を取り払う

今まで有休をまったく取っていなかった人の中には、上司から悪く思われると困る、と思っている人もいるでしょう。でも、これからは有休をとらない人が困った人となります。自分で自分の仕事をコントロールできていて、周りとのコミュニケーションがしっかりできているから有休を積極的に取れるのだ、と自信を持って有休をとりましょう。

● 定期的に有休を取る

「偶数月の第二水曜日は有休を取る」など、有休を取る日を一定に決めると、「来月の10日は第二水曜日だから◯◯さんはお休みだな」、とスケジュールにも配慮してもらいやすくなり、上司や同僚だけでなく、取引先などにも迷惑がかからなくなります。そして何より自分自身が、有休を取ることに対する気持ちのハードルが下がります。

● 上司・同僚・取引先とのコミュニケーションを図っておく

会社が業務をしているときに休むことは、同じ仕事をしている仲間や取引先に、少なからず負担をかけることは間違いありません。自分が休むことによってフォローしてくれる上司や同僚などには、感謝の気持ちを伝えておきましょう。また、他の人が有休を取るときも事前に「何かフォローすることがあったら言ってね」と声をかけてあげたいですね。

● 有休の日に楽しい予定を入れておく

次の有休には、「家族と○○に行こう」とか、「見たかったあの映画を見よう」とか、とにかく自分がウキウキする予定を入れておきましょう。そうすると、「何とかそれまでにここまでやっておこう」と仕事の効率も上がりますし、周りの人も、楽しそうだなあといろんな面で協力的になってもらえます。フォローする同僚だって、どうせ休まれるのなら、気持ちよく休んでもらいたいと思うものです。

● 常日頃からまじめに仕事する

有休を取ることは当然の権利です。でもその権利を使うためには、まじめに仕事をしている、成果を上げている、という義務を果たせていることも当然必要です。常日頃から与えられた仕事をまじめにしっかりこなしていること、時間や期日を守ることなど、最低限のことができていてこそ、上手に有休が取れるのです。

まとめ

せっかくの有休を、一日無駄に過ごすことは一番避けたいですよね。趣味や娯楽に使ってリフレッシュしてもいいし、知りたかったことの勉強をする時間に充ててもいいでしょう。上手に有休を取って、有効に活用するために、ぜひ早めに計画を立て、人生がより豊かになるようにしたいですね。

小野 みゆき 中高年女性のお金のホームドクター

社会保険労務士・CFP®・1級DCプランナー
企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事務所で不動産・法人・相続登記業務を経験。生命保険・損害保険の代理店と保険会社を経て2014年にレディゴ社会保険労務士・FP事務所を開業。セミナー講師、執筆などを中心に活躍中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

幼稚園か、保育園か、迷っています

子育て千葉県 いいね 3 2015/06/05

現在2歳児と0歳児の母をしています。
結婚を機に退職し、その後すぐに第一子を授かったので再就職はせず子育てに専念し、現在に至ります。
そろそろ上の子の幼稚園または保育園を考えているのですが、...

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:29歳 女性 独身
住居:アパート一人暮らし
職業:正社員(医療系)
貯金:約170万円
年収:約400万円
月収:約25万円
支出(月):
家賃6.7万円...

マネー相談の続きを見る

住宅ローン返済が苦しいです。

家計・ライフ静岡県 いいね 3 2015/10/11

主人が仕事上でケガをしてしまい、数カ月働けず収入がありません。入院の医療保険や貯金ももう使いきってしまいました。
明日から、仕事に一応復帰しますが今月分のお給料も少ないのは間違いありません。
...

マネー相談の続きを見る

閉じる
お金を育てる資産運用 積立FX