connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/05/10

カード・ローン

「ビュー・スイカ」カードとJRE CARD徹底比較! Suicaユーザーはどっちを選ぶべきか

「毎日通勤や通学で利用するJRや駅ビルでおトクにポイントを貯めたい」
「オートチャージや定期券購入でもポイントが貯まるクレジットカードってないの?」
通学や通勤でJRを利用する方と相性が良いクレジットカードが「ビューカード」です。日頃からよくJRを利用するなら絶対に持っておくべきカードといっても過言ではないでしょう。Suica機能が付帯できるビューカードは便利なオートチャージが可能なだけでなく、チャージ分もポイントが貯まるなどのメリットがあります。

ビューカードは複数種類あるため、その中でも最適な1枚を選ぶことが大切です。ここでは、ビューカードを検討している方に向けて、特に人気のある「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDの2つのカードを取り上げ、年会費やポイント還元率、付帯サービスなどの点から比較します。自分にあったビューカード選びの参考として、ぜひご覧下さい。

そもそもビューカードって何?

ビューカードとは、JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。他のクレジットカードとの大きな違いは、JR東日本グループのビューカードが発行しているため、JRの駅ビルなどでの特典が充実しているほか、Suicaのオートチャージに対応している点が大きな特徴です。
「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDに共通する特徴は以下のとおりです。

●ビューカードの特徴1:Suicaへのオートチャージに対応しているので残高を気にせず使える!

Suicaを利用している時に、残高不足で改札が通れなかった経験はありませんか?通常であれば近くの券売機でチャージしますが、急いでいるときには大きなタイムロスになってしまいますよね。

ビューカードであれば、SuicaとPASMOエリアの自動改札を通る際、残高が一定額以下であれば自動でチャージをしてくれるオートチャージを利用することができます。Suicaへのオートチャージ設定は、WEBページから事前に「〇〇円を下回ったら、△△円チャージする」という設定をしておくだけ。このサービスを使えば、チャージする時間を節約できるだけでなく、改札で止まることもなくなります。

●ビューカードの特徴2:VIEWプラス対象商品・サービス購入時の利用でポイント還元率3倍に!

JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、各種券売機、モバイルSuica等にて、ビューカードのクレジット払いで「VIEWプラス」対象商品・サービスを購入すると、JRE POINTが、通常の3倍(1000円(税込)につきJRE POINTが15ポイント)貯まります。

「VIEWプラス」対象商品・サービスとは、購入時に通常の3倍ポイントがつく商品のことで、チャージやオートチャージ、定期券、回数券等が該当します。普段の通勤・通学において頻繁に改札を通る機会が多い方は、定期券やSuicaにオートチャージ機能を付けておくだけで、JRE POINTがどんどん貯まることになります。


●ビューカードの特徴3:JRの駅ビルなどでもポイントが貯まる!

ビューカードにJRE POINTカードのマークがあれば、ポイントカードとしての機能を兼ね備えるため、駅ビルなどに多くあるJRE POINT加盟店で買い物する時にカード提示するだけで、100円(税抜)につき1ポイントが貯まります(※一部JRE POINT機能のないカードもあります)。

貯めたポイントは、JRE POINT加盟店にて1ポイント=1円として利用できるほか、Suicaにチャージして使えるので、日常のお買い物に、移動にと使い道を幅広く選べるのが魅力です。

●ビューカードのポイントが貯まる条件・還元率

「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDはどちらがお得?

「ビュー・スイカ」カードもJRE CARDも同じビューカードのため、基本的なスペックは同じですが、付帯サービスにそれぞれ特色があるため、こちらに注目して違いを確認してみましょう。

●「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDのスペック比較

では「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDはどちらがよりお得なのでしょうか。年会費やポイント還元率、付帯サービスなどの点から比較し、それぞれのカードがおすすめの人の条件を整理していきます。

①年会費で比較

「ビュー・スイカ」カードの年会費は初年度から524円(税込)が発生します。一方、JRE CARDは2年目以降から524円(税込)かかりますが、初年度年会費は無料です。
これだけを見ると「ビュー・スイカ」カードは年会費がかかって損だ…と思われるかもしれませんが、実は「ビュー・スイカ」カードもJRE CARDも、毎月Web明細サービスを利用すると月々50ポイントが付与されるため、年間600円相当のJRE POINTを獲得することができます。普段から毎月クレジットカード利用があり、かつWeb明細サービスを利用するなら、実質年会費無料となりますが、それ以外の方は初年度年会費無料のJRE CARDの方がおトクです。

②定期券やSuica機能で比較

「ビュー・スイカ」カードには、Suica定期券の機能が自動的に付いていますが、JRE CARDでは、SuicaやSuica定期券の有無を選べます。特に優劣はありませんが、「Suica、定期券、クレジットカードを1枚にまとめたい」という方には「ビュー・スイカ」カード、「Suicaとクレジットカードは別々に持ちたい」「クレジットカードは自宅に置いておきたい」という方にはJRE CARDがおすすめです。


③優待店・加盟店でのポイント加算で比較

JRE CARDの最も大きな特徴が、JRE CARD優待店やJRE POINT加盟店でのポイント加算です。まず、JRE CARD優待店である駅ビルのアトレ、ペリエ、アトレヴィなどでの買い物をクレジットカード決済にすることで、その場で付与されるJRE POINTに大きな差がつきます。JRE CARD優待店では、クレジットでのお支払いで100円につき3ポイント、さらにご利用月の翌月中旬に1000円につき5ポイント付与されるので、「ビュー・スイカ」カードと比べると、なんと3.5倍のポイントが貯まるのです。
また、JRE POINT加盟店ならその場で100円につき1ポイントのほか、利用月の翌月中旬にはさらに1000円につき5ポイントが加算されます。

「ビュー・スイカ」カードでは100円ごとに1ポイントの付与(※カードの提示のみ)のため、JRE CARDの方が、貯まるポイントは1.5~3.5倍と大きな差がつきます。そのため、駅・駅ナカのJRE CARD優待店やJRE POINT加盟店でお買い物をする機会が多い方はJRE CARDを選ぶと良いでしょう。

●ポイント加算の比較

④「ビューサンクスボーナス」で比較

一方、「ビュー・スイカ」カードには「ビューサンクスボーナス」という独自のボーナスポイント制度が用意されています。年間利用額累計が30万円、70万円、100万円、150万円になるごとに、それぞれ「250ポイント」、「1000ポイント」、「1500ポイント」、「2500ポイント」がボーナスポイントとして付与される仕組みです。VIEWプラス対象商品以外のお買い物でも年間利用額累計にカウントされますので、利用額によってはもらえるポイントが増えることになります(ただし、JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ等でのきっぷ・定期券購入、Suica チャージ時にサンクスポイントが3倍になる「VIEWプラス」の対象商品は年間利用額累計の対象外です)。

月々の公共料金・食事・買い物などの日常の支払いを「ビュー・スイカ」カードに集約して利用する予定のある方は、利用金額に応じたボーナスポイントがもらえるため、おトクといえます。


●「ビュー・スイカ」カードのボーナスポイント制度

⑤家族カードで比較

家族カードとは、本会員カードの子カードとして追加発行できるカードです。家族カードでも本会員カードと同等の特典やサービスが付帯されています。つまりSuica機能が搭載されている「ビュー・スイカ」カードなら、家族カードも同じくSuica機能が搭載されます。家族カードのクレジットカード利用代金は本会員カードに請求され、引き落とされます。家族カードの利用額は、本人カードの利用額累計に加算されるため、年間利用額のステージをクリアするごとに、ボーナスポイントが多くもらえる「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

まとめ

今回は、ビューカードの中でも特に人気の高い「ビュー・スイカ」カード・JRE CARDを比較しました。それぞれのカードを選ぶべき人を簡潔にまとめるなら、

・「ビュー・スイカ」カード:クレカ+Suica+定期券をひとまとめにし、なおかつ年間数十万円利用する方向け
・JRE CARD:駅ナカや駅ビルをいつも利用しており、JREポイントを効率よく貯めたい方向け

と言えそうです。


このように、Suicaへ求める機能と利用先の頻度や年間利用額から自分に合ったビューカードを選ぶのが大切です。ここでご紹介したカード以外にも、ビューカードはあらゆる人のニーズに応えるクレジットカードを数多く揃えています。やみくもにビューカードを選択せず、まずはあなたの年間利用額の状況、よく利用する店舗等をもう一度確認することが大切です。より自分の生活に合ったクレジットカードを使うことでお得なサービスやポイント還元を受け、快適なキャッシュレス生活を楽しみましょう。

KIWI ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士

長年、金融機関に在籍していた経験を活かし、個人のキャリアプラン、ライフプランありきのお金の相談を得意とする。プライベートでは2児の母。地域の子どもたちに「おかねの役割」や「はたらく意義」を伝える職育アドバイザー活動を行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、私は32歳の主婦です。2人の子供がいます。
今冬に新車の購入を考えているのですが、ローン購入か現金一括購入かで悩んでいます。
貯蓄は500万程度で、購入を検討している車は300...

マネー相談の続きを見る

マイホームが先か、車の購入が先か悩んでいます

不動産・ローン福岡県 いいね 5 2015/07/29

マイホームを先に購入するか、車を購入するか悩んでいます。
当初、2年後に車を購入、5年後にマイホームの購入を考えていました。そのため、車買い替えの頭金100万を準備するために、積み立てをしてい...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ