connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/01/31

カード・ローン

その行為は絶対ダメ! クレジットカードの信用力を落とすワースト3

クレジットカードは、とても便利な支払いツールです。しかし、使い方を間違えば、クレジットカードの信用力を落とすことにつながります。実際に、クレジットカードを軽い気持ちで扱ったせいで、利用を止められたり、延滞金が発生したりということがあります。そうならないためにも、クレジットカードを使う上で、絶対にやってはいけないことを3つ、まとめます。

クレジットカードの信用力を落とす3つのこと:①自分以外の人にカードを貸す

クレジットカードを夫婦で一緒に利用したり、家族間で利用したりする人は意外に多いのではないでしょうか。いつも大金を持ち歩くよりは、カードの方が便利という考えもありますが、このような行為は、クレジットカードの規約違反となります。

クレジットカードは、契約者本人しか使うことはできません。本人以外は、たとえ身内であっても利用することはできないのです。このことについては、クレジットカードが発行されたときに届く会員規約にきちんと記載されています。

もし、家族や友人に貸したクレジットカードでトラブルが発生すれば、すべての責任は契約者が負うことになります。たとえば、貸したカードを不正に利用され、過大な請求があったとしても、他人にカードを貸した行為が「本人の重大な過失」ということになります。その結果、カード会社の盗難保険は適用外となります。また、そもそも他人にカードを貸すという行為が規約違反ということで、場合によっては、クレジットカードの返却を求められるケースも出てきます。

もし、家族間、夫婦間でクレジットカードを共有したいのであれば「家族カード」を作りましょう。それ以外の他人へは、絶対にカードを貸すことのないよう注意しましょう。

JCBオリジナルシリーズ

クレジットカードの信用力を落とす3つのこと:②カードの裏面のサインをしないまま使用する

新たにクレジットカードを作ったときや、更新後に新しいクレジットカードが届いたとき、忘れがちなのは、カード裏面の自署欄にサインすることです。

裏面のサインの役割は、クレジットカードで買い物したときに行う売上票の自署と、カード利用者が同じであることを確認するためのものです。そのため、裏面にサインがなければ、本人かどうかの確認ができません。実際に、高額な商品を購入する場合、サインのないカードの信頼性を疑われ販売者から断られてしまうこともあります。

それ以外にも、サインのないクレジットカードには大きな危険をはらんでいます。
たとえば、カードの裏面にサインのないクレジットカードが紛失・盗難に遭った場合で考えてみましょう。万一、他人が所持することになれば、自署を勝手に書き込まれ、不正に利用されてしまいます。しかし、不正に利用されたカードの支払い責任は、クレジットカードの所有者本人となります。

もし、カードの裏面にサインがあれば紛失・盗難に遭ったとしても、不正な利用の損害については、クレジットカード会社の盗難保険で補償されます。しかし、カードの裏面にサインがなければ、他人に不正な利用をされた被害額は、補償の対象にはなりません。なぜなら、カードの裏面にサインをすることは、カードの会員規約に定められていることであり、サインのないカードを使用していることが、規約違反になってしまうためです。

このように、サインを忘れると、大きな損害につながるケースがあります。必ず、カードが届いたらすぐに、裏面のサインをしましょう。

クレジットカードの信用力を落とす3つのこと:③支払額を延滞する

クレジットカードの料金の引き落とし日をうっかり忘れてしまったり、利用額が多すぎたりして、クレジットカードの支払いを延滞してしまう場合があります。このようなことが1回だけであれば問題ありませんが、たびたび起こるようであれば「貸したお金を期日通りに返してくれない信頼できない人」ということになります。

結果的に、信用情報機関に延滞の記録が載り、クレジットカード会社や銀行の信用力を落とすことにつながります。そうなれば、カードの利用を停止されたり、自動車や住宅ローンの審査が通らなくなったりなど不都合なことが起こります。

将来、住宅のリフォームや、新築を考えているのであれば、夢の実現が難しくなってしまう可能性があります。クレジットカードの支払いが滞るようなことは、絶対に避けましょう。

 

まとめ

クレジットカードを利用する際は、契約内容の詳細が載っている利用規約を必ず確認しましょう。クレジットカードはとても便利な支払いツールですが、使い方には注意を払い、正しく使うようにしましょう。

舟本美子 ファイナンシャルプランナー

「大事なお金の価値観を見つけるサポーター」
会計事務所で10年、保険代理店や外資系の保険会社で営業職として14年働いたのち、FPとして独立。あなたに合ったお金との付き合い方を伝え、心豊かに暮らすための情報を発信します。5匹の保護猫と暮らしています。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。
FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

借金を返済しつつ効率的に貯金をしたい

不動産・ローン滋賀県 いいね 1 2019/08/07

▼プロフィール
年齢:25歳
住居:実家暮らし
職業:正社員(事務)
貯金:私 約34万円
年収:約360万円
月収:手取り21.9万円
支出(月):
定期預金8.5万円...

マネー相談の続きを見る

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、私は32歳の主婦です。2人の子供がいます。
今冬に新車の購入を考えているのですが、ローン購入か現金一括購入かで悩んでいます。
貯蓄は500万程度で、購入を検討している車は300...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ