connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

16/04/06

保険

生命保険を販売していたプロが入る生命保険の選び方

生命保険ほどわかりやすいものはない…というのは、その世界で仕事をしている者だから言えることらしいです。やはり周囲での声は「保険ってわかりにくい」「何度聞いてもわからない」この類に集約されます。では逆の考えで、一般の人がなぜ保険選びに迷うのかを検証してみましょう。

保険契約に必要なのは、決断力

先日、とある保険ショップで生命保険に加入したお客様が、「内容が本当に正しいのか、確認してほしい」という話を持ってこられました。内容を確認する書類に目を通すと、つい数か月前に加入したばかりのものでした。

ご要望をお聞きすると、「もっと安くできないか」「他にもっといいものがあるのではないか」という疑いを捨てきれずに、内容を確認したかったようでした。

なるほど。両手で年数が足りるほどの経歴の筆者でも、すぐにわかるパターンです。お客様はご縁あって筆者に依頼をしてくれたのだから、質問には答えなければいけません。
「お安くすること、内容をレベルアップすることはできますよ。」

加えて、ご意向をお聞きしたうえで、筆者の提案を見せてほしいとおっしゃったので、後日その仕組みをご説明しました。いたってシンプルで、300万円の終身保険から2000万円の収入保障保険へ。医療保険に関しては、60歳で払込を終了するタイプから、定期の成人病、介護保障付のものへ。

国民年金第一号被保険者(いわゆる自営業者)で、ケガのリスクの多いご職業、さらにヘビースモーカーのご主人の保険。心配して相談に来られたのは、ご本人ではなく奥様。

内容は割愛しますが、結局3か月経ったある日、奥様からお電話がかかってきました。
「やっぱり必要性が分からないのです」

これが、パターンなんです。保障の内容は、当初お持ちいただいた内容のままになっています。つまり、変更はしていないということ。ここでの問題点は、「ご主人と奥様の考え方が相違しているという事」と「保険料は経済的リスクをヘッジする経費」という認識が、お二人ともに取れていないという2点だと筆者は考えます。

より良いものを探すこと、固定経費をなるべく低く抑えることはマネープランニングにおいて、とても大切な事なのでそのご意向は支持したいところ。

必要なのは、決断力。検討中の保険が、節税対策や積立目的外で、保障がその目的なのであれば、逆にその保険がなかった場合のリスクを、今の自分がカバーできるかどうかを考えてほしいです。カバーできるのであれば、その保険に入る必要はなく、カバーできないのであれば、検討に値します。あとは必要経費(保険料)との相談。保険に入るか入らないかの考えは、いたってシンプルです。

保険の考え方は「必要なものに必要なだけ」

では筆者が加入している保険の状況を、公開させていただきます。

・介護保障付収入保障保険(保障月額20万円)
・三大疾病定期保険(一時金1000万円)
・医療保険(入院日額15000円)

保障目的は以上3点で、それぞれに理由があります。一番大きな背景は、「第一号被保険者(自営業者)」であること、「扶養家族がいること」です。

サラリーマンや公務員以外、仕事が出来なくなるような状況の際、保障はほぼない無いとみて良いと考えます。頼れるのは、預金、親戚、民間保険でしょう。

なにより避けなければいけないのが、筆者の場合、「介護状態や、がんなどの闘病生活において、仕事が出来なくなる状態」なのです。

生きるにはお金がかかる。

そのための経費が月いくらかかるかは、人によりけりだろうが、筆者は十分納得しています。なぜなら、どれも必要な保障だからです。迷いがない保険選びは、迷いなく継続できる保障。これに尽きます。

佐々木 愛子 ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅰ種

国内外の保険会社で8年以上営業、証券IFAを経験後、リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中心に500世帯以上と契約を結ぶ。FPとして10代のうちから金融、経済について学ぶ大切さを訴え活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

保険の見直しをしたいです。

保険千葉県 いいね 2 2018/03/18

▼プロフィール
年齢:夫27歳、私 26歳
住居:賃貸マンション
職業:夫公務員、私 公務員
貯金:夫約70万円、私 約20万円
年収:夫 約425万円、私 約400万円
月収:夫(...

マネー相談の続きを見る

生命保険は必要でしょうか?

保険東京都 いいね 1 2018/08/06

▼プロフィール
年齢:夫30歳、私 30歳 長子2歳 第二子0歳
住居:賃貸
職業:夫 正社員、私 正社員(育休中)
貯金:約700万円
月収:夫 約27万円、私 約23万円...

マネー相談の続きを見る

3歳の娘と36歳の旦那と3人家族です。
現在保険に加入していなく、入らなければ、とは思っています。
月々の生活に余裕がないのですが、最低限入っていた方がいい保険はなんでしょうか。
とりあえ...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ