connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/11/08

保険

こんな生命保険には入るな! 入ってはいけない6つの保険

生命保険文化センターの調べによると、何らかの生命保険に入っている人は82.1%(「生活保障に関する調査(速報板)」令和元年度)。世帯あたりの保険料の平均は年間38.2万円(月額約3万2000円)です(「生命保険に関する全国実態調査」平成30年度)。

生命保険の契約は、超長期に及ぶことが多いものです。場合によっては30年、40年と支払うこともあります。年間の保険料38.2万円を30年支払うと1146万円、40年ですと1528万円になります。かなりの高額になりますね。保険は、1000万円以上もする大きな買い物なのです。
ですからもし、あなたが必要のない保険に入っているとしたら、とても大きな損を抱えることになります。

そこで今回は、超辛口の保険評論家として、必要のない保険をバッサバッサと切っていきたいと思います。

保険の本来の役割を考えれば必要でない保険がわかる

保険のそもそもの役割を考えてみると、「必要な保険」と「必要でない保険」がわかります。

私が考える保険の本来の役割とは「滅多に起こらないけれど、もしそれが起こったときに経済的損失の大きなこと」に対して備えることです。生命保険の保険金・給付金は、現金支給です。つまり、困ったことをお金で解決するのが保険の目的なのです。

たとえば、20代の独身で、子どももなく扶養家族もないという方がもし死亡した場合、悲しむ人はたくさんいてくれたとしても、経済的に困る人がいなければ、死亡保障は必要ありません。
ところが、結婚をして子どもや家族がいる場合は、残された家族は経済的に困ってしまいます。この場合には死亡保障は必須になります。
また、経済的損失が小さいときは、わざわざ保険で備える必要はなく、貯蓄で備えればよいのです。
この原則を踏まえながら、「必要のない保険」を考えていきましょう。

●こんな生命保険には入るな!1:医療保険はいらない

医療保険について、先ほどの原則に当てはめてみましょう。
「入院は滅多に起こらないけれど、たまに起こることがある。しかしもしそれが起こったとしても、経済的損失は小さいので、保険ではなく貯蓄で備えよう」といえるでしょう。

なぜならば、治療費は健康保険があるため、3割負担で済みます。また、高額になっても高額療養費制度があるので、自己負担額は少ないのです。多くの人は入院が心配と言っていますが、経済的な負担はじつは少なく、おおむね30万円ぐらい貯蓄があれば対応できます。
医療保険で備えるよりも、貯蓄で備えましょう。

●こんな生命保険には入るな!2:終身保険はいらない

いまは低金利時代です。当然、保険の予定利率(予想される運用利回り)も低く、貯蓄としての終身保険の魅力はありません。死亡保障を考えるのでしたら、掛け捨て型の定期保険などで備えるのが合理的です。
ただし、相続税対策としては、死亡保険金には非課税枠があるので、とても有効です。また1999年4月1日以前)に契約した終身保険は予定利率が良いので、解約をしないで大事に取っておいてください。

●こんな生命保険には入るな!3:外貨建て保険はいらない

貯蓄型で円建ての保険は、予定利率がよくないので魅力がありません。ですから保険会社は、外貨建ての保険の販売に力を入れています。しかし、この外貨建て保険というのは、決してお得な商品ではありません。元本保証があるといっても、それは外貨での保証。為替の変動によって損をすることがあるので注意してください。また手数料も高い商品です。
保険商品を考える場合、保障と運用はわけて考えた方が効率的です。

●こんな生命保険には入るな!4:個人年金保険はいらない

老後資金が心配ということで、個人年金保険に入る人も多いのですが、こちらも予定利率はよくありません。老後資金を準備するのでしたら、個人年金保険よりもiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)、つみたてNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)などを利用した方が効率的です。とくにiDeCoは税制優遇が大きいので、老後資金を準備するには最適です。
個人年金保険は、iDeCo、つみたてNISAの次、三番目に検討すればよい商品です。

●こんな生命保険には入るな!5:学資保険はいらない

子どもの学費は大きな出費になります。しかし学資保険には、元本割れする商品が多くあります。確かに、保険としての役割はありますが、学資を貯める役割には不十分です。もちろん払い込んだ保険料総額より増える商品もありますが、大きく増えるということはありません。
学資を貯めるという目的ならば、つみたてNISAを利用することをお勧めします。

●こんな生命保険には入るな!6:三大疾病保険はいらない

大疾病保険とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中と診断されると保険金を受け取ることのできる保険です(支払い要件は、がん・心疾患・脳血管疾患の商品もあります)。
がんの場合は、診断されると保険金を受け取ることができますが、急性心筋梗塞と脳卒中は、所定の要件を満たさないと保険金を受け取ることができません。それに、死亡保険と比べて保険料は高めになっています。そのうえ、もちろん三大疾病以外の病気になったとしても、保険金は受け取れません。
ですからこの場合は、就業不能保険で備えた方がいいかもしれません。

辛口保険評論家が勧める、本当に必要な保険とは

ここまで、必要ではない保険をあげてきました。それでは、本当に必要な保険とは何でしょうか?
それは、前述したように「経済的損失が大きなことに備える保険」です。

経済的損失が大きいリスクには、2種類あります。
ひとつは、もしものことがあって亡くなるリスクです。死んでしまうと残された家族が困ります。もうひとつは、病気やケガによって働けなくなり、収入が減ってしまうリスクです。生活に困ってしまいます。

亡くなるリスクに対応できる保険には、定期保険や収入保障保険があります。収入が減ってしまうリスクに対応できる保険には、就業不能保険やがん保険があります。また、これらより優先度は低いものの、介護費用のねん出が厳しいようであれば、介護保険を使うのもいいでしょう。

Lifenet オンラインでかんたんお見積もり


この中から、自分に合う保険を探すようにすればいいと思います。
以下、簡単にどんな保険か紹介します。

●定期保険

一定期間だけの保障を得ることができる保険で、掛け捨て型が中心です。掛け捨てなので少ない保険料で大きな保障を得ることができます。

●収入保障保険

基本は定期保険と同じですが、時間とともに保障額が減っていく保険です。子育て世代には合理的な保険です。定期保険よりも保険料はさらに安くなります。

●就業不能保険

ケガや病気で働けない状態が60日〜180日続いた場合に、給料のように毎月保険金を受け取ることができる保険です。収入減に備えることができます。傷病手当金がないフリーランスの人などには優先度の高い保険になります。

●がん保険

がんと診断されたときにお金が受け取れる保険です。がんの治療費は、他の病気と同じで高額療養費制度があるので、自己負担の費用はそれほどありません。しかし、治療のために仕事ができなくなることはあるでしょう。そのための生活費を補てんするという意味で、がん保険は役に立ちます。

●介護保険

必要な介護を受けるためのお金をカバーしてくれる保険です。介護費用は意外とかかります。介護期間や要介護度で異なりますが、損保ジャパンの「介護に関するアンケート調査」によると介護費用の総額は平均787万円というデータもあります。貯蓄で備えるのが合理的ですが、難しいときは保険を利用してもいいでしょう。

Lifenet オンラインでかんたんお見積もり

まとめ

保険は大きな買い物になりがちです。毎月の保険料はそれほどでなくても、30年・40年と契約することで、気がついたらまとまった出費となってしまいます。ですから、本当に入るべき保険だけを見定めて加入し、不要な保険に入らないように気をつけましょう。

長尾 義弘 NEO企画代表

ファイナンシャル・プランナー、AFP、日本年金学会会員。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)『お金に困らなくなる黄金の法則』『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)。監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

3歳の娘と36歳の旦那と3人家族です。
現在保険に加入していなく、入らなければ、とは思っています。
月々の生活に余裕がないのですが、最低限入っていた方がいい保険はなんでしょうか。
とりあえ...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、20代OLです。
がん保険と医療保険はどちらかに加入をした方が良いのでしょうか。または、どちらの保険商品にも加入しない方が良いのでしょうか。アドバイス頂けたら幸いです。

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私58歳
住居:マンション
職業:失業中で無職
貯金:私 約200万円
▼聞きたいこと
資産がドル建て養老保険しかありません。プルデンシャルのドル建て年金支払い...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ