connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

18/12/25

保険

40代が入った方がよい保険、入るべきではない保険

40代というのは仕事も安定してきて、お給料も増えてくるのではありませんか。それに伴い、教育費、住宅ローンなどの大きな支出もどんどん増えいきます。その分リスクが大きくなるのです。
リスクに対する備えというのは万全でしょうか?
「たぶん、大丈夫?」などと根拠のない答えでは不安ですね。どのくらいの確率でリスクがあるのか? そして、そんな事態になったときの損失はどのくらいなのか? を考えてみましょう。
損失の大きなものに対しては、保険を利用するのがいちばんです。
40代は、どんなリスクに対処すればいいのか一緒に考えて行きましょう。

40歳の死亡率は0.06%!小さな子どものいる家庭は死亡保険は必要

厚生労働省の簡易生命表(平成28年)を見ると、40歳の1000人あたりの死亡率は男性0.98、女性は0.60です。この数字は1000人の40歳男性の人がいたら、1年間で999人が生存していて1人が死亡するという数字です。
この死亡率を高いと受け取るか?低いと受け取るか? それぞれ違うと思います。
では、死亡したときのリスクについて考えてみましょう。
死亡しても経済的に困る人がいなければ、保険は必要がありません。
しかし、結婚をしていて小さな子どもがいる場合には、家族にとって大きなリスクになります。
子どもの教育費・生活費など一人当たりだいたい2000万円ぐらい必要です。しかし、大黒柱を失っては、その金額をすぐに用意するというのは、なかなか難しいのではありませんか。
そのようなときに定期保険や収入保障保険を利用すれば、少ない金額で大きな保障を得ることができます。
小さな子どものいる家庭にとって、死亡保険は必須の保障かも知れませんね。

40代の入院する確率は0.3%!医療保険は不要!

また、40代の人は、どのくらいの確率で病気やケガで入院をしているのでしょうか?
厚生労働省の「平成26年患者調査」を見ましょう。
10万人に対して、40〜44歳は、男性351人、女性は308人。45〜49歳は、男性480人、女性374人です。パーセントに直すと、40代の男性は、0.35〜0.48%、女性は0.30〜0.37%です。
しかし、入院は、それほど心配することはないでしょう。
「なぜ、入院すると治療費がかかるのでは?」と心配をする人も多いと思います。
ところが、それほど心配する必要はありません。健康保険がありますから、自己負担は3割ですし、高額療養費がありますから、大きな心配はないのです。ある程度の貯蓄があれば対処できます。
よって、医療保険は不要です。

40代のがんの罹患率は3%!がん保険は生活費の補填としてはあり

では、がんはどうでしょうか?
国立がん研究センターによる年齢別に罹患率を見てみましょう。
40歳から10年後までにがんと診断される確率は、男性が1%、女性が3%です。40歳から20年後までは、男性が7%、女性が9%です。女性の方が確率は高くなるので注意が必要です。
がんは、高額な治療費がかかるというイメージがありますが、ほかの病気と同じで高額療養費が使えるので、それほど大きな自己負担にはなりません。先進医療などを選択した場合は高額になりますが、多くの場合は、健康保険内での治療です。

では、がん保険は必要度が低いのかというとそんなことはありません。がん治療で仕事ができなくなり、休職をしたり、場合によっては仕事を辞める場合もあります。そうなってしまうと生活費に影響が出ます。ですから、がん保険は治療費のためと言うよりも、生活費のために必要だと言えます。
仕事ができなくなると大きなリスクになるので、がん保険で備えるというのも検討してみましょう。

40代で住宅ローンなどの大きな負債を抱えている人は就業不能保険が必要

40代になると子育てと同じく、住宅を購入している方もいらっしゃるのではありませんか。
住宅ローンは、団体生命保険もあわせて契約をしているはずです。死亡したときは、住宅ローンは完済したことになります。しかし、死亡ではなく病気やケガなどで働けなくなったときが困ります。

こんな時に役に立つのが就業不能保険です。
就業不能保険とは、働けない状態が60日または180日続いた場合に保険金を受け取ることができます。
会社員の場合は、傷病手当があるのである程度の余裕ができますが、フリーランスの人は、就業不能保険を検討してみてはいかがでしょうか。

入ってもよい保険は、割安な保険料で大きな保障を得るのが基本

40代というのは、子育て、住宅ローンなどの支出が多くなり、もしその収入がなくなったときには、大きなリスクになるのです。
そんな大きなリスクに備えるのが、保険の役割です。支出の多い時期でもありますし、少額で大きな保障が得られる掛け捨ての保険を利用しましょう。
かといって、保険商品は多くあって複雑です。

ここで述べた条件にあう保険を簡単に見つける方法として、保険のロボアドバイザー「ドーナツ」を使ってみるのもひとつの手です。

保険のロボアドのイメージ画像

もしあなたが亡くなったとき、経済的に困る人は誰ですか?

7つの質問で、自分に必要な保険を見つけることができます。またこのロボアドバイザーの特徴は、何が何でも保険を勧めると言うのではなく、必要でない保険は、「必要ありません」というアドバイスを得ることもできるのです。
一度試してみてはいかがでしょうか。

Lifenet オンラインでかんたんお見積もり

長尾 義弘 NEO企画代表

ファイナンシャル・プランナー、AFP、日本年金学会会員。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)『お金に困らなくなる黄金の法則』『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

3歳の娘と36歳の旦那と3人家族です。
現在保険に加入していなく、入らなければ、とは思っています。
月々の生活に余裕がないのですが、最低限入っていた方がいい保険はなんでしょうか。
とりあえ...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、20代OLです。
がん保険と医療保険はどちらかに加入をした方が良いのでしょうか。または、どちらの保険商品にも加入しない方が良いのでしょうか。アドバイス頂けたら幸いです。

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私58歳
住居:マンション
職業:失業中で無職
貯金:私 約200万円
▼聞きたいこと
資産がドル建て養老保険しかありません。プルデンシャルのドル建て年金支払い...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ