connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/07/02

家計・ライフ

Suica、PASMO、WAON、nanaco、楽天Edyを徹底比較! 最強電子マネーはコレだ!

カードリーダーにかざすだけで簡単に支払いができ、ポイントも貯まる電子マネー。電子マネーにはさまざまな種類があるため、どのサービスを選べばよいか迷っている人もいるのではないでしょうか?

今回は電子マネーを選ぶためのポイントをふまえたうえで、おすすめの電子マネーについてご紹介します。

主要5サービスを比較! 電子マネー選びの3つのポイント

今回は「Suica」「PASMO」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」の5つの電子マネーを3つのポイントから比較します。以下はそれぞれの電子マネーの特徴を表にまとめたものです。

電子マネーを選ぶ際にチェックすべきポイントは、次の3点です。

●電子マネー選びの3つのポイント1:使えるお店の多さ

電子マネー選びにおいて、使えるお店の多さは重要なポイントです。近年はスーパーやコンビニ、カフェなど街の多くのお店で電子マネーの導入が進んでいます。上の表でご紹介している電子マネーはいずれも全国約50万以上のお店で利用することができます。

また利用できるお店の数だけではなく、自分がよく行くお店で利用できることも大切。セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用するならnanaco、イオン系列のスーパーを利用する人ならWAONといったように、ふだんよく利用するお店の電子マネーを選ぶのがよいでしょう。


●電子マネー選びの3つのポイント2:ポイントの貯めやすさ

電子マネーはサービスごとに基本のポイント還元率が設定されています。同じ金額のお買い物をするにしても、ポイント還元率が高い電子マネーを利用するとその分お得です。お買い物での基本ポイント還元率は0.5%のサービスが多いですが、SuicaやWAONのように発行元の系列店などでポイント還元率が1%となるところもあります。

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーでは、流通系電子マネーに比べてお買い物でポイントが貯まる店舗が限定的ですが、その分電車やバスの利用で貯まる乗車ポイントが付与されるというメリットもあります。モバイルSuicaであれば、JR東日本の鉄道利用で2%のポイントが貯まるのでふだん電車をよく利用する人にはおすすめです。

またWAONやnanacoなどの流通系電子マネーでは、特定の日や対象商品を電子マネーで支払うことで、割引またはボーナスポイントが付与されるなどの特典もあります。

電子マネーにクレジットカードでチャージをすることによって、電子マネーのポイントとクレジットカードのポイントの「二重取り」をする方法もあります。電子マネーによってチャージできるクレジットカードは異なるので、自分が持っているクレジットカードと相性のよい電子マネーを選ぶというのもありでしょう。電子マネー一体型のクレジットカードであれば、対象の電子マネーのクレジットカードチャージに対応しており、カードタイプの電子マネーを別途持ち歩く必要もないので便利です。


●電子マネー選びの3つのポイント3:ポイントの使いやすさ

電子マネーの利用でお得にポイントを貯めても、使い道がなければ意味がありません。電子マネーを選ぶ際は、自分にとって使いやすいポイントが貯まることも大切です。

たとえば楽天のサービスをよく利用する人であれば、楽天Edyの利用で貯まる楽天ポイントが使いやすいでしょう。楽天市場でのお買い物をはじめとした各種楽天のサービスに利用できます。

電子マネーも対象となる「マイナポイント事業」

2020年9月から「キャッシュレス・消費者還元事業」に代わって「マイナポイント事業」がはじまります。本事業は、キャッシュレス決済サービスを通じて利用額の25%(上限5000円)がポイントとして付与されるもの。対象のキャッシュレス決済サービスを選択することで、そのキャッシュレス決済サービスで貯まるポイントが付与されます。

今回ご紹介している5つの電子マネーもマイナポイント事業の対象サービスです。マイナポイント事業で、どのポイントが付与されると使いやすいかという観点で電子マネーを選ぶのもよいでしょう。

JR東日本の電車を利用する人なら「Suica」で決まり!

首都圏で電車を利用する人なら、交通系電子マネー「Suica」が使いやすさ抜群。JR東日本の鉄道利用で乗車ポイントが貯まり、さらにJR東日本の駅コンビニ・売店・自動販売機や、駅ビルなどの店舗でのお買い物でもポイントがもらえます(Suicaでポイントをためるには、JRE POINT WEBサイトでSuicaの登録が必要)。

SuicaにはカードタイプとモバイルSuicaの2種類がありますが、ポイントの貯めやすさならモバイルSuicaがおすすめ。カードタイプのSuicaは鉄道利用のポイント還元率が0.5%(200円ごとに1ポイント)ですが、モバイルSuicaならポイント還元率は2%(50円ごとに1ポイント)。カードタイプより4倍もお得にポイントを貯めることができます。スマホひとつで電車やお買い物に利用できる便利さも魅力ですね。

貯まったポイントは1円からSuicaにチャージできるので、無駄なく使えますよ。

地方にお住まいの人や車利用者なら「WAON」がお得

地方にお住まいの人や車での移動が多い人なら、イオンの電子マネー「WAON」がおすすめ。
通常のポイント還元率は0.5 %ですが、WAONへの会員登録でイオン、ダイエー、マックスバリュ、イオンモールなどイオングループの対象店舗でのポイントが2倍(ポイント還元率1%)になります。

さらに毎月20・30日の「お客様感謝デー」では、同じくイオンの対象店舗でのWAONの支払いで5%OFF。生活圏にイオン系列の店舗があるならお得に利用できる電子マネーです。

まとめ

筆者はモバイルSuicaを利用していますが、お財布からカードを取り出す手間もなく、電車利用でもポイントが貯まるので非常に使い勝手がよく重宝しています。

電子マネーと一口に言っても、サービスによってポイントの貯まり方や貯まるポイントなど特徴は異なります。自分にとって相性のよい電子マネーを選んで、お得にお買い物やサービス利用をたのしみましょう。

Yacco 金融系フリーライター

大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立つお金の知識の乏しさに気づき、その重要性を感じたことがきっかけで、ファイナンシャルプランニングの勉強を開始。現在はフリーライターとして、資産形成、税金、不動産、仮想通貨などお金に関する記事を執筆中。趣味は海外旅行、カフェめぐり、漫画。2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記2級。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ