connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

18/10/12

トレンド

走り続けるところに、勝利の女神はほほ笑む。『SHOE DOG 靴にすべてを。』

アディダスやプーマをしのぎ、世界最高のスポーツ用品メーカーとなったナイキ。
今月ご紹介の本は、創業者フィル・ナイトがこれまでのビジネスを綴った自伝です。

映画のような実話

タイトルの「SHOE DOG」とは、靴の製造、販売、デザインなどにすべてを捧げる人たちの呼称。「本の虫」のようなものですね。
前にご紹介した『陸王』は、ランニングシューズの開発に乗り出す老舗足袋会社の奮闘話でしたが、こちらは経験が全くない若者がハッタリで始めたビジネスの実話。違いはありますが、どちらの話もドラマチックで、靴に注ぐシュー・ドッグの情熱にあふれています。


今や、押しも押されぬ大企業となったナイキですが、経営が軌道に乗るまではトラブル続きでした。資金繰りに苦しみ、提携企業との関係に悩まされ、関税局の厳しい追及にあったり訴訟を起こされたりと、次々に大きな問題が持ち上がります。
そのたびに人とのつながりや仲間の助けによってピンチを切り抜けていくフィル。

実話だというのが驚くほど、小説のようにスリリングな展開である上に、経営者自らが語る言葉はリアリティに満ち、迫力にあふれています。
スリリングで波乱万丈な内容は、物語としてもおもしろく、淡々としたビジネス書が苦手な人でも楽しめます。

日本企業なしではナイキはなかった

日本の企業がナイキ社創業のきっかけになったということは、あまり知られていません。
フィルのビジネスは日本のオニツカ社(現アシックス)のランニングシューズの米国販売からスタートしました。オニツカ社のシューズにほれ込んだ彼は、単身来日し、ビジネス提携をもちかけます。1962年当時の日本にはまだ戦後の日米間の格差が残っていましたが、彼に元敵国や敗戦国相手という意識はなく、高品質の靴を作るビジネスマンたちと仕事をしたい一心で働きかけました。まさにシュー・ドッグです。

日本のビジネスの心得を学び、敬意とともに彼が見せた熱意は、オニツカ社を動かします。駆け出しの彼に多くのことを教えたのは、日本のビジネスマンたち。資金繰りに悩む彼に援助を行ったのは日商岩井(現双日)でした。そうした背景なしでは、今のナイキはなかったのです。

現在はもう日本との関係はありませんが、ナイキ創業時、彼はソニーのような会社にしたいと思っていたそうです。かつては世界の中で存在感を放ち、海外から注目されていた日本企業。その時代を見直すことで、改めて今後の日本のビジネス路線が見えてくるような気もします。

JUST DO IT!

社名を勝利の女神ニケ(NIKE)になぞらえてナイキにしたフィル。かつて陸上選手だった彼は、ランニングシューズの仕事を天職とみなし、勝ち続けたいというアスリート思考で、泥臭く商機をつかんでいきました。成功の秘訣は、やはりキャッチフレーズ「JUST DO IT.」でしょう。とにかくあきらめないで前に突き進むという彼のビジネスの姿勢が出ている言葉です。

行動が大切だという信念を持って、アクションし続けた彼。多くの失敗を重ねて、何度も挫けそうになりますが、決してあきらめない彼の信念に多くの人々が共感していき、周りの協力によって成功をつかむことができました。
ビジネスチャンスを求めて行動し続ける人や、他者を引き付ける強い信念を持つ人に勝利の女神が微笑むことを、この本は教えてくれます。

540ページにも及ぶ分厚い本ですが、創業者の自伝そしてナイキ社の歴史は映画のようにおもしろく、パワーみなぎる文章にどんどんページが進みます。アスリートであり、シュー・ドッグである彼の一貫した姿勢は、ビジネスマンの参考となるでしょう。「ビジネス書大賞 2018」に選ばれた話題の本です。

『SHOE DOG 靴にすべてを。』
(東洋経済新報社)

小野寺 理香 おのでら りか

読書ブロガー。好きなジャンルは文学、歴史、アート。ふとしたきっかけで出会い、好きになったら長くつきあう……本との巡り合いは人と同じ。時に味わう〝がっかり〟も、読書のおもしろさのひとつです。ここでは、よりすぐりのすてきな本をお届けします。
ブクログ「本のツバサ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「トレンド」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!