connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

17/01/10

資産運用・経済

【投資女子の道】第16話 「ヤフーファイナンスを使いこなそう」

OLの神崎美穂(37)と山口玲奈(33)は、株式投資のスクールに通っています。
今回は「ヤフーファイナンスを使いこなそう」ということで、株王子・川本の講義です。

時価総額って何だろう?

出所:ヤフーファイナンスHPより

川本「株式投資を行う際に、活用したいのはヤフーファイナンスです。気になる銘柄を見つけた時に、スマホさえあればサッとチェック出来ます。例えば、資生堂を見てみましょう。資生堂のコードは4911なので入れてみてください」

美穂「(スマホをいじって)4911、と。あ、資生堂、出ました」

川本「『参考指標』の欄をみます。時価総額、発行済株式数、などが載っていますね」

玲奈「(指をさし) ココですね」

川本「1つ目のポイントは、時価総額です。時価総額は、『株価』×『発行済株式数』で求めます。時価総額は、企業価値を評価する重要な指標です。さて、ここで質問ですが、日本で1番時価総額が大きい会社はどこだと思いますか?」

美穂「えー、トヨタ自動車?」

川本「正解です。トヨタ自動車の時価総額は22兆円以上です。その次は、NTTドコモ、NTTなど名だたる大企業が続きます。銘柄は、時価総額や流動性(株を売りたい時にいつでも売れるのかどうか) の基準で大型株・中型株・小型株と区別されます。大型株なら流動性が高い、中・小型株は、株価の動きは良いけれど、流動性は大丈夫なのか、など選んだ銘柄が、どのサイズなのか把握することはとても重要です」

美穂「流動性が高いというのは、取引できる株数総数が多いかどうかなのね。資生堂は……、時価総額1兆2368億円!(2017年1月6日現在)」

川本「コーセーは6210億円、ファンケルは1119億円ですから、資生堂がいかに大きな会社か分かると思います。このように業界内での横比較にも使えます」

美穂「なるほど」

PER、PBRをチェックしよう

川本「次に、PER、PBRをチェックします。これらは、その株が『割高なのか、割安なのか』判断する基準になります」

美穂「PERは以前教えてもらいました!確か、株価を一株あたりの利益で割って算出するんですよね」

川本「そうです。PERは株価の割安度を利益から判断する指標(参考:第3話:好きな会社の成績表を読めるようになろう) です。もう一つのPBRについて、今回は詳しくお話しします」

玲奈「ピービーアール?」

川本「PBR(株価純資産倍率) は、株価の割安度を資産から判断します。PBRは、株価を一株あたりの純資産で割って求めます。純資産は、仮に会社が倒産しても株主に戻ってくる資産です。これを解散価値といいます。つまり、PBRが1倍なら、会社が倒産しても株価と同じ資産が戻るし、1倍以下なら、解散価値より株価が下回っているといえます」

玲奈「じゃあ、PBRが1倍以下なら、お買い得ってこと?」

川本「確かに株価は底値圏といえますが、あまりに低い場合は倒産リスクがあるという見方もできます」

玲奈「と、倒産!倒産するとどうなるのですか?」

川本「その株は、紙クズ(無価値)になります。ですから、PBRでのチェックは大切なんです」

玲奈「紙クズ!」

川本「その他、配当利回りや最低購入代金もチェックが必要ですね。このように、投資をする際は、ヤフーファイナンスにあるような参考指標で、銘柄を確認することが大切です。スマホさえあれば、誰でも、どこでも、タダでチェックできますので、必ず見るクセをつけましょう」

玲奈「(ため息ついて) 恋人探しもヤフーファイナンスみたいなチェック出来るサイトがあればいいのにー」

美穂「玲奈ちゃん、自分でアプリ会社作っちゃえば?」

玲奈「そっか。その時は川本さん、上場のお手伝いして貰えますか?」

川本「(困惑して) えっ!あのー、それは」

美穂、玲奈、笑う。

(続く)

*本記事で紹介する個別の銘柄・企業名については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。購入する場合は自己責任でお願い致します。

「投資女子への道」続きはこちら


【投資女子への道】の連載記事
全バックナンバーはこちら
第14話「みんなどこで株式投資の情報収集をしているの?」
第15話「みんな大好き!株式投資の成功・失敗談」
第16話「ヤフーファイナンスを使いこなそう」
第17話「ヤフーファイナンスを使いこなそう:チャート編」
第18話「株で大失敗する5つのタイプ〜ダメンズには気をつけろ〜」

岡田 禎子 「投資は面白い」がモットーなFP

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、ファイナンシャル・プランナー(CFP®)。 証券会社、資産運用会社を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。資産運用の観点から「投資は面白い」をモットーに、投資の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの方に伝えていけるよう、執筆とセミナーなどで活動中。
TVドラマ「インベスターZ」の脚本協力なども行なっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ