connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

21/11/24

家計・ライフ

楽天ペイと楽天Edyってどう違うの? どっちを使うのがお得か

楽天のキャッシュレス決済サービスには、「楽天ペイ」と「楽天Edy」の2つがあります。楽天ペイと楽天Edyには、決済のしくみやポイントの貯めやすさ・使いやすさ、利用できる場所などの点でさまざまな違いがあります。そこで今回は、楽天ペイと楽天Edyの主な違いを5つご紹介。どっちを使うのが得なのか、チェックしましょう。

楽天ペイと楽天Edyでは決済のしくみが違う!

●楽天ペイと楽天Edyの違い1:楽天ペイはスマホ決済・楽天Edyは電子マネー

楽天ペイは、スマホを使って買い物や支払いができるスマホ決済サービスです。スマホに表示させたQRコードやバーコードをお店で読み取ったり、お店にあるQRコードをスマホのカメラでスキャンしたりして決済をすることができます。楽天ペイのアプリをインストールして使える機種ならば、どの機種でも利用できます。「PayPay」や「d払い」といったアプリの一種、と押さえておくといいでしょう。

一方、楽天Edyはお店の端末にかざすことで支払いができる電子マネーです。カード型のEdyのほか、スマホのアプリもあります。楽天ペイのようにアプリを起動することなく、すぐに支払いが完了する手軽さがあります。ただ、スマホのアプリで決済をするためには、スマホが「おサイフケータイ」のサービスに対応している必要があります。おサイフケータイに対応しているのはAndroid端末のみ(一部対応していない端末もあります)。iPhone端末は対応していません。「Suica」や「WAON」といった電子マネーの一種と覚えておきましょう。

●楽天ペイと楽天Edyの違い2:楽天ペイは前払い・後払い可能。楽天Edyは前払い

楽天ペイの支払い方法には、大きくチャージ払いとクレジットカード払いの2種類があります。

チャージ払いは、クレジットカードや銀行口座などから楽天ペイに前もってお金をチャージ(楽天キャッシュ)し、楽天ペイで支払いを行う前払いです。それに対してクレジットカード払いは、決済すると後日支払い元に設定したクレジットカードから引き落とされる後払いです。

対する楽天Edyは現金やクレジットカードであらかじめチャージしたお金を使う前払いのみ。クレジットカードを利用してオートチャージしたり、スマホのアプリからチャージしたりできますが、後払いには対応していません。

楽天ペイと楽天Edyでは楽天ポイントの貯めやすさ・使いやすさが違う!

●楽天ペイと楽天Edyの違い3:還元率は楽天ペイの方が高い

楽天ペイでは、利用する支払い方法によって還元率が異なります。

【チャージ払い】
・楽天カードからのチャージ…チャージで0.5%、支払いで1%の合計1.5%還元
・楽天銀行、ラクマの売上金からのチャージ…支払いで1%還元
・ポイントからのチャージ…支払いで1%還元
【クレジットカード払い】
・クレジットカードでの決済…支払いで1%還元

注目は楽天カードからのチャージ払い。チャージ200円で1ポイント、支払い100円で1ポイント受け取れるので、200円ごとに3ポイント、還元率は1.5%となります。

楽天Edyでも、楽天カードからのチャージ200円ごとに1ポイントがもらえます。しかし、楽天Edyでの支払いでは200円で1ポイントとなってしまいます。200円で2ポイント、還元率は1%です。

したがって、還元率の面では楽天ペイに楽天カードからチャージしてチャージ払いするのがもっともお得です。

●楽天ペイと楽天Edyの違い4:楽天ペイは期間限定ポイントが使える

楽天ポイントには、有効期限のない通常ポイントと、有効期限のある期間限定ポイントがあります。楽天ペイでは、通常ポイントはもちろん期間限定ポイントも利用できます。特にチャージの設定をしなくても、買い物のたびに自動的にポイントを使うことができます。これなら、期間限定ポイントの有効期限を切らす心配も少ないですね。

しかし、楽天Edyでは通常ポイントしか利用できないうえ、ポイントを利用する際にはチャージの申請が必要です。楽天ペイと比べると、少々手間かもしれません。

楽天ペイと楽天Edyでは利用できる場所が違う!

●楽天ペイと楽天Edyの違い5:利用できる店舗が違う

楽天Edyは2001年にスタートしたサービス。2021年で20周年を迎えました。同社ウェブサイトによると、2021年10月1日時点の利用可能店舗数は89万か所。主要なコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどは一通り網羅していますし、中小の店舗などでも利用できるところが多い印象です。一方、楽天ペイの利用可能店舗数は公表されていないため、単純にどちらが多いかを比較することはできません。

楽天ペイのウェブサイトで楽天ペイ・楽天Edyができる店舗を検索すると、利用できる店名と利用できるサービスが一覧で表示されます。

●楽天ペイ・楽天Edyの利用可能店舗検索結果の例

楽天ペイのウェブサイトより

利用する地域にもよるとは思いますが、左側の検索結果を見ると、楽天ペイ・楽天Edyの両方が使える店舗は意外と少数派。片方だけしか使えない店でも、楽天Edyのみが使えるという店舗も結構ある印象です。

おすすめは「楽天ペイ優先使用・使えない場合は楽天Edy」!

以上、楽天ペイ・楽天Edyの主な違いを5つ紹介してきました。決済のしくみや自由度、還元率の面を考えると、楽天ペイに軍配が上がります。楽天ポイントをなるべく多く貯めたいならば、楽天ペイを優先して使用するのがいいでしょう。楽天ペイ・楽天Edyの両方が利用できる場合も、楽天ペイを使うようにします。

ただ、楽天Edyしか利用できない店舗もまだまだあります。そうした場合には楽天Edyが役立ちます。還元率こそ楽天ペイより少し低くなってしまいますが、楽天ペイでも楽天Edyでも同じ楽天ポイントが集中して貯められるので、将来ポイントを使うときにも活用しやすくなります。ぜひ楽天ペイ・楽天Edyを上手に活用してみてくださいね。

畠山 憲一 Mocha編集長

1979年東京生まれ、埼玉育ち。大学卒業後、経済のことをまったく知らないままマネー本を扱う編集プロダクション・出版社に勤務。そこでゼロから学びつつ十余年にわたり書籍・ムック・雑誌記事などの作成に携わる。その経験を生かし、マネー初心者がわからないところ・つまずきやすいところをやさしく解説することを得意にしている。2018年より現職。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。教員免許も保有。趣味はランニング。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 4
2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 0
2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ