connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

21/08/07

資産運用・経済

つみたてNISAでよくある3つの勘違い

2018年にスタートしたつみたてNISAの利用者が増加しています。2021年3月末時点のつみたてNISA口座数は約361万口座。2020年12月末時点(約302万口座)からわずか3か月で約59万口座も増加しています(金融庁「NISA口座の利用状況調査」)。
しかし、もうつみたてNISAを始めた方でも、つみたてNISAのしくみを勘違いしていることがあるかもしれません。今回は、つみたてNISAでよくある3つの勘違いを紹介します。

つみたてNISAの概要をおさらいしよう

つみたてNISAは、毎年40万円までの投資で得られた利益にかかる税金が最長20年間非課税になる制度です。

●つみたてNISAの概要

拙著「はじめてのNISA&iDeCo」より

つみたてNISAで投資できるのは、金融庁の定める基準を満たした投資信託・ETF(上場投資信託)。長期・積立・分散投資を低コスト・税金ゼロでできるため、資産を堅実に増やすのに向いています。

つみたてNISAでは、投資する商品・積み立てする金額・購入日を選べば、あとは自動的にコツコツと投資が進んでいきますので、忙しい方にもぴったりです。そのうえ、日本に住む20歳以上ならば誰でも利用できますし、万が一、お金が必要になったときはお金をいつでも引き出せますので、安心感もあります。

…と、ここまでは、つみたてNISAをスタートした方ならばご存じのことと思います。
問題は、赤枠で囲ったこの部分です。

●つみたてNISAで勘違いしやすいポイント

拙著「はじめてのNISA&iDeCo」より

具体的に勘違いしやすいポイントを紹介します。

つみたてNISAの勘違い1:非課税で投資できる累計投資金額は「800万円」

つみたてNISAで、非課税で投資できる累計投資金額上限は800万円…だと思いがちですが、まずこれが勘違い。非課税で投資できる累計投資金額上限は、1000万円です。

つみたてNISAの制度がスタートした当初、つみたてNISAで新規に投資できる期間は、2018年から2037年までの20年間でした。つみたてNISAではこの20年間、毎年40万円ずつ投資ができるため、非課税で投資できる金額の上限が20年×40万円=800万円となっているのです。

しかし、制度改正によって、つみたてNISAで新規に投資できる期間が2042年までに、5年延長されました。これによって、非課税で投資できる金額は、25年×40万円=1000万円となるのです。「非課税となる期間が最長20年間だから、非課税で投資できる金額の上限は800万円」ではありませんので、注意しましょう。

もっとも、つみたてNISAで新規に投資できる期間は、すでにいくらか過ぎてしまいました。1000万円フルに投資できるのは、2018年からつみたてNISAをしていた方のみです。つみたてNISAの非課税投資枠が使えるのはその年限り。翌年に持ち越せません。

2021年からつみたてNISAを利用する場合、非課税で投資できる金額の上限は22年×40万円=880万円です。さらに今後、2022年、2023年と年を経るにつれて、非課税で投資できる金額の上限は毎年40万円ずつ減っていきます。ですから、つみたてNISAはできるだけ早くスタートするのがおすすめです。

つみたてNISAの勘違い2:つみたてNISAは20年利用すると終わる

つみたてNISAは20年間で利用が終わってしまう…と思っている方、いませんか? これも勘違いです。
確かに、つみたてNISAの非課税期間は20年間です。しかし、20年後に非課税期間が終了するのは、あくまで20年前に投資した分だけです。

●つみたてNISAの非課税期間

たとえば、つみたてNISAで2018年に投資した40万円で得られた利益は、最長2037年までの20年間非課税にすることができます。同様に、2019年の投資分は2038年まで、2020年の投資分は2039年までという具合にスライドしていきます。最終的に、2042年の投資分が2061年まで非課税になるところまで続くのですから、これから毎年投資をしていけば、まだまだ40年近くも利用することになります。長い時間をかけてじっくりと投資することで、値下がりのリスクを抑えながら、堅実にお金を増やすことができるでしょう。

つみたてNISAの勘違い3:分配金は必ずつみたてNISA口座で再投資される

つみたてNISAの投資信託の中には、分配金が出るものがあります。分配金は再投資することで、お金が新たなお金を生み出す複利の効果が得られます。つみたてNISAの商品で出た分配金を再投資するときには、つみたてNISAの非課税投資枠を消費します。

たとえば、ある年につみたてNISAで買った20万円分の投資信託から2万円の分配金が出たとします。このとき、分配金を再投資すると、この年の非課税投資枠を使って投資をすることになります。

●分配金の再投資でも非課税枠を消費する

分配金が再投資されても、非課税枠は増えません。この年の非課税枠の残額は18万円になってしまいます。

しかし、これには例外があります。
つみたてNISAで年40万円の上限額いっぱい投資するときに、分配金が再投資されると、分配金は課税口座での再投資となってしまうのです。

●40万円をオーバーすると課税口座で分配金再投資される

たとえば、40万円分購入した投資信託から、先ほどと同じく2万円の分配金が出たとします。これを再投資する際に、つみたてNISA口座を利用したくでも、すでにもう枠がありません。このとき、分配金は課税口座で再投資されてしまうのです。課税口座で再投資されるということは、その課税口座分の利益には税金がかかってしまうということです。

こうなることを防ぐには、あらかじめ分配金で得られる金額を考慮して、その分だけ月々の投資額を減らしておけばいいでしょう。たとえば、上のように2万円の分配金が出るのであれば、年間の投資額は38万円にする、といった具合です。

まとめ

つみたてNISAで多い3つの勘違いを紹介してきました。いずれも、意外でありながら、影響の大きな勘違いだと考えます。長期間かけて、お金を増やしていくためにも、ぜひ正しく理解して、つみたてNISAをフル活用していただければと思います。

今回の内容は動画でも紹介しています。よろしければご視聴ください。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営。資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『はじめての資産運用』(宝島社)、『1日5分で、お金持ち』(クロスメディア・パブリッシング)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 4
2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 7
2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ