connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/08/14

家計・ライフ

係長・課長・部長…昇進すると給与は実際どのくらい増えるのか

企業で働く会社員にとって「年収1,000万円超」は目標額のひとつであり、かつ、なかなか超えられない壁でもあります。では一体、会社内でどのあたりまで昇進すれば年収1,000万円がのぞめるのでしょうか。それは果たして可能なのでしょうか。そして年収をUPするには、私たちは今後どのように働いていけば良いのでしょうか。

部長クラスになっても、なかなか1,000万円に届かない

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」を参考に、従業員が100人以上の規模の会社の役職別平均賃金額をみてみましょう。

(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」をもとに作成)

勤続年数が長くなるほど昇進のチャンスがあり、賃金も上がっているのが分かりますが、残念ながら部長級でもなかなか年収1,000万円には届かないようです。
もちろん、これはあくまでも平均なので、企業・業種・職種内容などにより大きく異なります。20-30代と若くして年収1,000万円超の人も存在するのです。

なお、ここで用いられている「賃金」は6月分の所定内給与額をいいます。
「所定内給与額」とは、労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額(①時間外勤務手当②深夜勤務手当③休日出勤手当④宿日直手当⑤交代手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額で所得税等を控除する前の額をいいます。

役職につける割合はどれくらい?

それでは次に、学歴別に役職につける割合をみていきましょう。

(労働政策研究・研修機構「ユースフル統計2019」)をもとに作成

部長になれる年齢は、すべての学歴において50代以降になると比率が高まります。
このことから、勤続年数が長くなるほど昇進する機会があることが分かります。
55-59歳で大学・大学院卒の比率が17.3%と最も高く、一方で高卒はわずか3.8%です。

また、課長になれる年齢は40代から比率が上がり、大学・大学院卒では45-49歳で最も高く22.9%となっています。高卒では7.4%と、役職に付ける割合は学歴による差があることが明らかになっています。

いずれの年齢層、学歴でも役職につける割合は20%に満たず、昇進が狭き門であることを表しています。

1,000万円もらっている人の割合はどのくらい?

昇進の話からは少し外れますが、実際に1,000万円の給与を手にしている人はどのくらいいるのでしょうか。
1年を通じて勤務した給与所得者5,026万人について、給与階級別でみてみましょう。
1,000万円超の給与を得ている人は男女合計で248万9,000人。給与所得者5,026万人のうちのわずか5%に過ぎず、こちらもかなり狭き門であることが分かりますね。

(国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査」をもとに作成)

年収をUPするにはどう働けばいい?

会社内で昇進するのも、年収をUPさせるのも難しいとなると、一体どうやって働いていけばいいのでしょうか。

例えば、以下のような選択肢が挙げられます。
・副業をはじめる
・投資をする
・より良い条件の会社に転職する
・労働市場での自分の価値を高める努力をする

ここでは、4つ目の「労働市場での自分の価値を高める努力をする」にフォーカスしてみましょう。

多くの日本の企業では、長年にわたって年功序列・終身雇用制度が守られてきました。しかし、時代は急速に変化しています。世界中で技術革新が繰り広げられ、競争が激化する時代に企業が生き延びていくには、従来の雇用制度ではもはや太刀打ちできなくなりつつあるのです。

今、企業に勤める人たちに求められるのは「エンプロイアビリティ」という、従業員として雇用される能力です。目まぐるしく変化する社会で必要とされる人材になれるよう、知識や技術、人間力を磨いて常にアップデートしておくことが大切です。そうすることで自分の価値が上がり、より良い条件の外資系企業などへの転職も視野に入れることが可能になってきます。

まとめ

会社に長年勤め続ければ自動的に昇進する時代は、もはや終わりつつあります。時代の変化を恐れず、柔軟かつタフな姿勢で新しいことに挑み続ける。それが今後の社会を生き延びていくためのカギとなります。年収をUPするには、自分の価値もUPしていくことが大切です。

小河由紀子 「発達障害がある子」を育てる親御さんを元気にするFP

神奈川県出身。結婚・出産後に産婦人科で医療事務に従事。一念発起してCFP®と日商簿記2級の資格を取得。お金の勉強と数字の楽しさに目覚める。その後保険代理店勤務などを経て、2018年に独立系FPのためのプラットフォーム会社に所属。翌2019年に「FPオフィスOgawa」を開業。顧客がお金に振り回されず、自らコントロールする力を身に着けてもらえるよう、分かりやすい言葉で現実的なアドバイスを行っている。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
お金にまつわるあれこれを楽しく紹介するチャンネル