connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

18/11/06

家計・ライフ

男女の生活費の違いはココ! 違いを知って、上手に節約する

お金を貯めたいと思ったらまずは節約して支出を減らそうと思うでしょう。支出の中でも日々の生活費を見直すことはとても大切です。データをみてみると男女の生活費には違いがあり、おしゃれにかける金額は2倍になっています。男女の生活費の違いを知って上手に節約する方法を紹介します。

女性がおしゃれにかける金額は男性の2倍!?

自分の生活費でここが気になるなという支出はありますか?
総務省の調査結果では男女で大きな違いのある支出がありました。被服費、理容・美容関係の支出、つまり「おしゃれ」にかける支出です。被服費は服や靴などの履物代で女性は男性の1.21倍、理容・美容サービスは美容室でカットやパーマしてもらう費用で男性の1.41倍です。理容・美容用品は化粧品やヘアケア製品などへの費用で男性の2.03倍となっています。

「総務省・1世帯当たり1か月間の収入と支出・34歳までから抜粋」(2017年2月)

特に女性ならではの支出を上手に抑えるには?

女性として節約するには、お金をかけている「おしゃれに関する費用」に注目して節約していくことがポイントです。

・被服費
流行のデザインのものはGUなどのファストファッションやメルカリなどのフリマアプリを利用して安いものを購入する。

・美容院
理容・美容サービスはホットペッパービューティーなどのサイトも充実してきて良いサービスをお手頃で受ける。

・化粧品
化粧水・乳液など定番商品は、カウンセリングを受けなくてもよいのであればポイントの貯まるドラッグストアや化粧品格安販売のお店を利用する。

男女間で、意外と違う食費と光熱費も上手に抑える!

また、別の支出で男女の違いがあったのは食事関係と光熱費関係の支出です。
食事関係では、男性は自炊をしないためか外食費が2万3952円とかなり多いのですが、女性は1万2437円で男性のおよそ半分です。男性より少ない支出であることを強みとして考え、飲み会を1回減らすなど工夫して外食を減らすということもポイントでしょう。

光熱費関係の電気・ガス・水道代は女性の方が高く、男性は6218円でしたが女性は7776円で1.25倍でした。お風呂やシャワーの回数が多いため水道代が増え、ドライヤーやヘアアイロンなど美容に関わる電気代、自炊のためガス代などが増える傾向があるといえるでしょう。

水道代は、節水シャワーにすると50~70%節水できるものもあります。電気代は、つけっぱなしのテレビはこまめに消す、電球をLEDに替える、暖房便座をオフにして便座カバーにするなど小さなことから始めてみるとよいでしょう。

まとめ

生活費を男女で比べてみるとおしゃれにかける金額がまだまだ多いのが女性の特徴です。自分のご褒美に服や化粧品の購入、エステを受けにいくのも働くモチベーションになるので悪いことではありません。しかしご褒美の度が過ぎると使いすぎになりがちなのが「おしゃれにかける金額」です。

お金のやりくりも、女性の身体もメリハリが大切です。男女の違いを知って、節約できる「おしゃれにかける金額」部分を意識してメリハリのあるやりくりを目指しましょう。


稲村 優貴子
ファイナンシャルプランナー(CFP)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

記事提供:moneliy

moneliy マネリー

「すべての女性を笑顔にする、マネーケア。」
マネーケアで生活に彩りを与え、女性が笑顔でいられる社会を目指すための情報を発信します。
moneliy

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「家計・ライフ」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!