connecting…

  • つみたてNISA
  • FIRE
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

22/06/04

相続・税金・年金

2024年から公務員のiDeCo掛金上限が月額2万円に引き上げに

2024年から公務員のiDeCo掛金上限が月額2万円に引き上げに

老後資金を自分で用意するのに役立つiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)。税制優遇を生かして老後資金が貯められるお得な制度ですが、特に公務員の方は「iDeCoの掛金額が少ない」と思われているかもしれません。しかし、2024年12月からは公務員などのiDeCoの掛金上限が引き上げに。より老後資金を用意しやすくなります。

2024年12月からiDeCoの掛金上限が増える!

iDeCoの掛金は最低でも毎月5000円からで、1000円単位で増額できます。一方、iDeCoの掛金の上限は、公的年金の種類や企業年金の有無により異なります。

●iDeCoの掛金の上限額

【国民年金第1号被保険者】
・自営業者・フリーランス・学生など
月額6万8000円(年額81万6000円)
【国民年金第2号被保険者】
・会社員
企業年金がない場合…月額2万3000円(年額27万6000円)
企業型確定拠出年金(企業型DC)のみある場合…月額2万円(年額24万円)
確定給付型企業年金がある場合…月額1万2000円(年額14万4000円)
・公務員
月額1万2000円(年額14万4000円)
【国民年金第3号被保険者】
・専業主婦(主夫)
月額2万3000円(年額27万6000円)

掛金をもっとも多く出せるのは自営業者・フリーランス・学生といった第1号被保険者で、月額6万8000円です。それに対して、公務員や確定給付型企業年金がある会社員のiDeCoの掛金の上限額は月額1万2000円と、第1号被保険者の5分の1未満。他の会社員などと比べても少なくなっています。

しかし、2024年12月からは、公務員や確定給付型企業年金がある会社員のiDeCoの掛金の上限額が、1万2000円から2万円に引き上げられます。

●iDeCoの拠出限度額が1万2000円から2万円に

厚生労働省の資料より

iDeCoの拠出限度額が2万円にならない人もいる?

実は、厳密にはすべての方のiDeCoの拠出限度額が2万円になるわけではありません。
上の資料にもあるように、iDeCoの掛金額は、

月額5.5万円-(各月の企業型DCの事業主掛金額+他制度掛金相当額)
※iDeCoの拠出限度額の上限は2万円

となっています。
つまり、各月の企業型DCの事業主掛金額や、他制度の掛金にあたる金額の合計が3.5万円以上ある場合には、その分iDeCoの拠出限度額は少なくなってしまうのです。

もっとも公務員の場合は、誰でもiDeCoの掛金上限額が2万円になると考えていいでしょう。公務員の場合、企業型DCはありませんが、「他制度掛金相当額」にあたるものに「年金払い退職給付」があります。年金払い退職給付は、毎月の給与やボーナスから掛金を積み立てて老後に一時金・年金として受け取る積立方式の年金制度です。

年金払い退職給付の保険料率(掛金の割合)の上限は1.5%です。仮に、毎月3.5万円の掛金を支払うとすると、掛金の年額は42万円。この42万円が「年収の1.5%」となる年収は、42万円÷1.5%=2800万円です。つまり、少なくとも年収が2800万円を超えなければiDeCoの掛金上限額が減らない計算です。
年収2800万円を超える公務員の方は、かなりの少数派でしょう。

なお、企業型DCや他の制度で掛金が合計3.5万円以上出ている会社員などの場合は、iDeCoの掛金額が2万円より少なくなる可能性があります。

PayPay証券

公務員もiDeCoの掛金はなるべく多くしよう

iDeCoのメリットは、「拠出時」「運用時」「給付時」の3つのタイミングで税制優遇が受けられることにあります。

●拠出時:所得税や住民税が安くなる

iDeCoで拠出した掛金は、全額が「小規模企業共済等掛金控除」という所得控除の対象です。所得控除によって、毎年の所得税や住民税が安くできます。

●運用時:運用で得られた利益に税金がかからない

投資で得られた利益には、通常20.315%の税金がかかります。しかし、iDeCoで得られた利益には税金が一切かかりません。

●給付時:受け取るときにも所得控除がある

iDeCoの資産は、60歳から75歳までの間に一時金か年金で受け取ります。一時金の場合は「退職所得控除」、年金の場合は「公的年金等控除」が利用でき、税金の負担を減らせます。

公務員や確定給付型企業年金がある会社員がiDeCoの掛金を月額1万2000円から2万円に増やすことで、控除できる所得税・住民税の金額が増えます。

たとえば、所得税率5%・住民税率10%の方が月1万2000円(年14万4000円)iDeCoを利用した場合、毎年減らせる税額の合計は2万1600円(所得税7200円、住民税1万4400円)です。
掛金が月2万円(年24万円)になれば、税額は合計3万6000円(所得税1万2000円、住民税2万4000円)減らせます。毎年1万4400円も節税できる金額が増えるのです。

また、iDeCoの掛金額を増やすことで、手数料の負担を減らすことができます。
iDeCoでは加入時に国民年金基金連合会に2829円(税込)の手数料を支払うほか、毎月の掛金拠出時に国民年金基金連合会と信託銀行に合計171円(税込)の手数料を支払います(金融機関によっては、さらに毎月数百円の運営管理手数料がかかることもあります)。これらの手数料は、毎月の掛金額がいくらでも同じですので、掛金額が多いほど手数料の負担が減るというわけです。

何より、iDeCoで投資するお金が増えますので、その分老後資金が充実しますし、運用で利益が出た場合のお金の増加のスピードもアップします。ですから、2024年12月以降、iDeCoの掛金額が増やせる方は、なるべく多くするのがおすすめです。

LINE証券

まとめ

2024年12月の制度改正で、これまで掛金拠出額の上限が毎月1万2000円までとなっていた公務員などの掛金上限額が毎月2万円までに引き上げられます。iDeCoの掛金額を増やすことで、より効率よく老後資金を増やせるようになります。対象になる方は、ぜひ掛金の増額を検討してみてください。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/経済ジャーナリスト

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営。資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『はじめてのお金の基本』(成美堂)、『はじめての資産運用』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

高山 一恵 (株)Money&You取締役/ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、1級FP技能士
慶應義塾大学卒業。2005年に女性向けFPオフィス、(株)エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めたのち、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『はじめてのお金の基本』(成美堂)、『はじめての資産運用』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)など多数。twitter→@takayamakazue

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

50歳から正社員とパート、どちらが得?

年金神奈川県 いいね 2
2015/12/06

主人は自営業で二人で国民年金を20年以上払ってきました。 
50歳になって私は正社員になり厚生年金に。主人は会社で厚生年金を始めました。
正社員といっても手取りで20万円程度で残業代もボーナ...

マネー相談の続きを見る

国民年金基金か確定拠出年金か

年金広島県 いいね 2
2016/10/31

▼プロフィール
年齢:夫 48歳、私 37歳
住居:賃貸マンション
職業:夫(彼) 正社員、私 アルバイト
貯金:夫(彼) 約4000万円、私 約2500万円
年収:夫(彼) 約150...

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私 53歳、妻 37歳 娘 小学校6年生
住居:私 賃貸マンション暮らし
職業:私 契約社員、妻 アルバイト
貯金:私 約400万円、妻 約600万円
年収:私 ...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ