connecting…

  • つみたてNISA
  • FIRE
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

22/04/27

家計・ライフ

約1400億円が失効、ポイントを無駄にする人の残念な特徴

クレジットカードやマイレージサービスを利用した際、利用額に応じてポイントやマイルが貯まります。ポイントやマイルは現金の代わりに使ったり商品に交換したりできるので、貯めている人も多いのではないでしょうか?
とはいえ、ポイントやマイルには有効期限があるため、使い忘れると失効してしまいます。ポイントやマイルは、失効したら復活しません。失効してしまったらショックですよね。
今回は、ポイントやマイルが失効する人の特徴や対策について解説します。

ポイントやマイルの年間失効額は約1400億円!

株式会社プレミア・クロスバリューが行った「クレジットカードポイントとマイルの利用状況に関する実態調査」によると、クレジットカードを「ポイントを貯めるため」に使っている人は61.0%、マイレージサービスを「マイルを貯めるため」に使っている人は81.1%にのぼるとのこと。しかし、クレジットカード利用者の約3人に1人(35.9%)、マイレージサービス利用者の約2人に1人(46.9%)は、ポイントやマイルの失効経験があることがわかりました。

●ポイント・マイルの失効経験

「クレジットカードポイントとマイルの利用状況に関する実態調査」より

また、失効経験のある人の「失効したポイント・マイル量」の平均金額は、クレジットカードで2742.4円相当、マイルが5081.2円相当という結果になりました。対象となる失効経験者を実際の人口に換算して計算しなおした場合、合計で約1389億円相当のポイントが失われていると説明しています。

ポイントやマイルが失効する人の特徴とは?

クレジットカードやマイレージサービスを選ぶ際にポイントやマイル目的で利用する人も多いのではないでしょうか?しかし、貯めたポイントやマイルが失効するのはショックですし、もったいないですね。では、どうしてポイントやマイルが失効してしまうのでしょうか。ポイントやマイルが失効してしまう人の特徴を見てみましょう。

●ポイント・マイルを失効する人の特徴

「クレジットカードポイントとマイルの利用状況に関する実態調査」より

●ポイント・マイルが貯まっていることを忘れている

「貯まっていることを忘れていたから」と回答した人の割合は、カードが49%、マイルが28%といずれも高い割合を占めています。クレジットカードもマイレージサービスのポイントもポイントがどのくらい貯まっているかは、Webサイトやアプリのマイページにアクセスしなければ分かりません。そのため、クレジットカードやマイレージサービスを使っているだけでは、ポイントがいくら貯まっているのか把握していない人が多いことが考えられます。

●ポイント・マイルの使い道が見つからずそのまま放置する

多くのクレジットカードやマイルでは、貯まったポイントをギフト券・商品・各種サービスなどに交換できます。ところが、利用しているサービスや貯まっているポイント次第では、自分が使いたい交換先が見つからないケースもあります。そして、後で使い道を決めようとしたら、いつの間にか交換するのを忘れてしまうことも少なくありません。

●ポイント・マイルの端数が使い切れなかった

多くのサービスでは1ポイント単位でポイントが貯まります。しかし、それぞれのカード会社やマイレージサービスを提供する会社では、最低交換ポイントが設定されています。最低交換ポイントが高めに設定されている場合、端数分のポイントは有効期限が切れると失効してしまうのです。特にマイルの失効理由として、端数が使い切れないと回答した人の割合は、3割を超えているので注意が必要です。

PayPay証券

ポイント・マイルの失効を防ぐためにできる4つの対策

せっかく貯めたポイントやマイルは、できるならきれいに使い切りたいと考える人も多いでしょう。では、貯めたポイントやマイルを有効期限切れにより失わないためには、どうすればよいのでしょうか。4つの対策を紹介します。

●ポイント・マイルの失効を防ぐ対策1:ポイントを集中させる

たくさんのカードを利用している場合、いずれのカードもポイントが少ししか貯まっておらず、交換できない間に有効期限が切れるケースもあります。なるべく1枚のカードを集中して使い、ポイントを集中させましょう。還元率がよいカードに集中させれば、すぐに交換しやすくなるので、ポイントを無駄にする心配もありません。

●ポイント・マイルの失効を防ぐ対策2:すぐに使う

そもそもポイント・マイルを貯めていることを忘れてしまうならば、忘れないようにすぐに使うのも一つの手段です。たとえば楽天カード・dカード・au PAYカードなどでは、カードの支払いにポイントを充当することができます。特に端数があまることが多い人には、おすすめの対策です。

●ポイント・マイルの失効を防ぐ対策3:別のポイントに交換する

ポイントによっては、使える用途が少ないケースもあります。たとえばマイレージサービスで貯めたマイルがあっても、旅行の予定がない場合、使うことができません。しかし、普段からよく利用する提携先のポイントに交換すれば、有効期限が切れて無駄になるリスクもないでしょう。

たとえば、ANAマイレージクラブのマイルは、以下のポイントに交換できます。

【ANAマイレージクラブのマイルの主な交換先】
・電子マネー「楽天Edy」 10,000マイル→10,000ポイント
・楽天ポイント 10,000マイル→8,000ポイント
・Tポイント 10,000マイル→10,000ポイント
・nanacoポイント 10,000マイル→10,000ポイント
・メトロポイント 10,000マイル→10,000ポイント
・Suica 10,000マイル→10,000円分のSuica※
※ANA VISA Suicaカード会員限定

欲しい商品がない場合やしばらくポイント・マイルを使わない場合は、すぐに別のポイントに交換しておくのをおすすめします。

●ポイント・マイルの失効を防ぐ対策4:投資に回す

楽天ポイント、dポイント、Tポイント、Pontaポイント、LINEポイントといったポイントは、投資に回すことも可能。株式や投資信託の購入代金の一部にあてたり、手数料にあてたりできるほか、株式や投資信託の値動きにポイントが連動するサービスもあります。値上がりすれば、資産やポイントを増やせるでしょう。

LINE証券

ポイントはなるべく早く使い切ろう

クレジットカードやマイレージサービスで貯めたポイント・マイルは、なるべく早く商品や別のポイントに交換しましょう。なぜなら後回しにすると、有効期限切れに気づかず、ポイント・マイルを失効しやすくなるからです。

また、ポイント・マイルを失効しにくいクレジットカードやマイレージサービスを選ぶことも重要です。貯まったポイントを1円から買い物などに使ったり投資に回せたりできるカードであれば、端数を無駄なく使い切れるでしょう。

小栗健吾 現役のFXトレーダー及びWEBライター

地方の大学を卒業後、会社員を経て、WEBライターとして活動中。FXや仮想通貨の取引経験(FXは8年以上)があり、現役トレーダーの目線で記事を多数執筆している。また、現在はFXだけでなく、「キャッシング」「副業」「節税」などマネー系の記事も多く執筆している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 4
2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 0
2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ