connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

17/09/16

トレンド

心をつなぐ一通の手紙~『ナミヤ雑貨店の奇跡』

今月のレビューは、近日に映画公開される『ナミヤ雑貨店の奇跡』です。今ではあまり見なくなりましたが、かつては商店街に必ずあった雑貨屋さん。誰にとっても身近で入りやすかったお店で起こった不思議な物語です。

きっかけはとんちクイズ

もともとは、子どもの素朴な問いに店主のおじいさんが「とんち」で答えるという、ちょっとしたお遊びから始まった相談コーナー。
それが話題になって、子どもたちからさまざまな質問が寄せられるようになると、次第に大人たちから深刻な人生の悩み相談もされるようになり、いつしかそちらの方が主流になっていきました。

寄せられた手紙は、オリンピックと恋愛の間で揺れる選手や、愛人契約を持ちかけられたOL、家業を継がずにミュージシャンを目指す青年、両親への不信感に悩む少年などから。
ナミヤ雑貨店は、時には遠慮なく喧嘩腰で相手を叱り飛ばしながらも、寄せられた相談のすべてにきちんと向き合って返信していきます。

地元に愛された雑貨屋さんでしたが、時代の波には逆らえず、やがて店をたたむこととなります。閉業してからも悩み相談の手紙は店に舞い込み、おじいさん店主はそのたびに返事を書き続けました。困っている人を助けたいという気持ちのほかに、妻に先立たれた一人暮らしの寂しさをそうやって紛らわせていたのです。

思いやりの奇跡

実は、おじいさん店主が生きていたのは、33年前のことでした。今でも雑貨店の建物は残っているものの、すっかり廃墟と化しています。
そこに逃げ場を求めて忍び込んだコソ泥たちが、店にあった雑誌の紹介記事を見つけたことで、そのことが明かされます。

人の相談に答えることは、大きな責任を伴うもの。博士のように優れた頭脳を持つわけでも、壮絶な冒険をくぐり抜けてきたわけでもない、平凡な雑貨屋の店主が、深刻な人生相談に乗っていいものかと、返信を書き続けながら長年悩んできたおじいさん。
自分の返信を読んだ相手がどんな人生を送ったのかを、死の間際まで気にしていました。

誰でも自分が送った手紙の返事は気になるものですね。そうした、人を思いやる優しい心が、奇跡をもたらします。といっても、天国のおじいさんからの返事が届くようなファンタジーではありません。どんなミラクルが起きたのかは、読んでのお楽しみです。

真っ白な手紙への返信

誰もがそれぞれに悩みを抱え、人生をどう進んでいくべきかと迷っています。
そんな不安定な中で、顔も知らない相手に真摯に向き合い、アドバイスを与え続けるということは、なかなかできないこと。

善意によるナミヤ雑貨店からの返信にたくさんの人々が救われましたし、ナミヤ雑貨店の方もまた、人に頼られることが生きがいになっていました。助けているようで助けられている、人と人とのあるべき関係です。

深刻であればあるほど、言葉で悩みのすべてを語りつくすことはできないもの。メッセージをもらった人の受け取り方次第で、アドバイスは良いものにも悪いものにもなります。

晩年のおじいさん店主の元に寄せられた手紙の中に、何も書かれていない真っ白な紙が入っていました。
「いたずらだから、放っておくように」という息子をしり目に、店主は弱った身体をおして、最後の返事を書きます。
その真っ白な手紙へのナミヤ雑貨店からの返信に、誰の目にも涙がじんわりにじむことでしょう。

たとえ知り合いではなくても、顔さえ知らなくても、悩みを打ち明けられる相手がいるというのは心強いもの。
そして自分を頼って相談してくれる相手がいるというだけで、人は心慰められ、勇気づけられるものです。

こんな雑貨店が近くにあったらいいのになあ、と誰もが思うことでしょう。
ネットのない時代だからこそのささやかな人とのつながり。便利な世の中になって忘れていた優しさを、久しぶりに思い出せる物語です。

【読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー】記事
全バックナンバーはこちら
和食のレパートリーが増えそう!~「みをつくし料理帖」〜
雨上がりに輝く光と命 『死神の精度』
本を開けばメロディが聴こえる。「蜜蜂と遠雷」
シンプルライフのすばらしさ、「夏の朝の成層圏」
心をつなぐ一通の手紙~『ナミヤ雑貨店の奇跡』

小野寺 理香 おのでら りか

読書ブロガー。好きなジャンルは文学、歴史、アート。ふとしたきっかけで出会い、好きになったら長くつきあう……本との巡り合いは人と同じ。時に味わう〝がっかり〟も、読書のおもしろさのひとつです。ここでは、よりすぐりのすてきな本をお届けします。
ブクログ「本のツバサ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ