connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

17/03/05

トレンド

卒業や転勤など、別れの季節でもある春。この時期の乗り越え方とは

私たちの暮らしの中には、朝昼夕晩、春夏秋冬などのサイクルがあり、そのサイクルごとに、別れたり出会ったりというイベントがついて回ります。
そんな中でも、春は別れと出会いの時期です。
出会いはいいのですが、別れにはさみしさが付いて回り、なんだか切ないです。
どうして毎年春に、こうしたイベントが重なるのでしょうか。そして、別れはどのように理解して、乗り越えていけばいいのでしょうか。

春になると出会いと別れが重なるのはなぜ?

日本の2月末~3月の初めは、エネルギーの流れの観点から見ると、秋から育ってきた陰の気が極まりきって峠を越し、終息に向かい始めます。
そしてその逆に、眠っていた陽の気が育ち、姿を現し始めます。この陽の気が、夏に向けてどんどん大きくなります。

この世界には、大きなエネルギーの流れが存在します。それは円を描くような形で、大きく陰と陽と行ったり来たりしています。
図1を見てください。下の方、陰が極まりきったあたりから、その裏で小さな陽が生まれ、だんだん入れ替わって陽の気が大きくなる。そして半周回って、陽が極まりきるとその裏で、陰の気が生まれ…というサイクルを繰り返しています。

この図の下の方のように、日本の春は陰と陽の入れ替わりの時期なので、衣替えのように今までの自分や周りの環境や人々とサヨナラして、新しい衣装や舞台に替わりが起き、別れと出会いの季節になりやすいのです。

別れが起きる意味を知ろう

私たちはこの世界では、親しく強い結びつきのある魂同士でグループを作って暮らしています。それまるで、一つの旅一座、劇団のような感じです。

そのため、一つの芝居が終わって衣装や舞台が変わっても、私たちがいつも過ごしている魂のメンバーは、同じ劇団の「劇団員」ですので、それっきりバラバラになるわけではありません。

例えば「鶴の恩返し」を演じたとして、最後に鶴がおじいさんとおばあさんから去っていったとしても、それはお芝居の中の別れであり、実際の劇団員同士が離ればなれになるわけではありません。

それと同じで、実は私たちは深い縁のある魂同士で、何度も生まれ変わり、出会いと別れを繰り返しながら、いろんなお芝居をその時その時演じているような状態で暮らしています。

ですから別れの時期が来て、今までの愛着ある衣装や舞台、配役のメンバーに別れがたい気持ちが生まれたとしても、それは「一つの芝居が終わったんだ。また新しい配役となって、新しい芝居が始まるんだ」と知る(思い出す)ことで、〝実は永遠の別れというものはなく、いつも魂は繋がっている。だから大丈夫なんだ〟、という安心感を取り戻すことができるでしょう。

小学校や中学校の卒業などの場合は、その春に別かれても、また大人になって違う形で再開しやすいので、
「新しい舞台(10年後に就職した先で出会う、など)」
「新しい配役(友達だった相手が夫婦になる、など)」
ということも、理解しやすいと思います。

でも、人生という大きな流れの中での陰が極まった時に体験する「離婚」や「死別」など、大きな別れの場合、心が深い傷を負ってしまい、なかなか元気になることができない場合もあります。

そんな時でも、
「この私にとってとても重要な意味を持つ大きな舞台が、一つ終了し、あの人との一つのストーリーが終了したのだ」 「でもまた、今世の中で学びを進めていくうちに、もしかしたら新しい形で新たに出会うという事もあるかもしれない。その時は、今よりずっと素晴らしい新しいお芝居を、お互いに届けられるよう成長しよう」と、自分に伝えてあげてください。

また、死というもので別れてしまった相手の場合も、また新たにどなたかの子どもとして、赤ちゃんになってこの世界に生まれてくる場合もありますし、来世という新しいステージで、違う配役で出会うこともあるのです。

私たちの魂は、生まれ変わりを続けています。まだ「科学」といわれる「地球上の技術」では、その生まれ変わりのことをうまく解明できていないので迷信のように思われていますが、地球上の「科学」が魂の秘密に追いついたとき、本当の仕組みが解明され、「なるほど、やはりそうだったのか。みんなで魂のグループとして、別れたり出会ったり、親だったり子どもだったりしながら成長を続けているんだな」と、晴れやかに理解できる日が来ることでしょう。

まだ半信半疑の状態であっても、「そういうこともあるのかもしれない。だったら、前向きになれる『また出会える』という説を信じて、明るく元気に、今の自分を楽しみながら次の出会いに進んで行こう!」と、幸せを生みながら過ごしてみてください。

【ぽいきさんの幸せを呼び込む記事シリーズ】
全バックナンバーはこちら
幸せを呼ぶ「波動の法則」 掃除やお片付けについて教えます!
運勢にも響いてくる?ネガティブニュースから受ける大きな影響を避け、幸運体質になろう!
卒業や転勤など、別れの季節でもある春。この時期の乗り越え方とは
神社で本当に願いを叶える人と、幸せ貯金を使い果たす人、あなたはどっち?
神秘の水、水の持つ本当の力

ぽいき ぽいき堂株式会社代表取締役

スピリチュアルメッセンジャー、チャネラー、レイキマスター、オーラソーマプラクティショナー。物心ついたころから、目に見えない世界、不思議な世界を生で感じる生活を過ごす。その体験をもとに、すべての人が「本当の幸せと豊かさを得て、優しく楽しく過ごせる毎日を作っていくこと」をメインテーマに、語り部として活動中。
ぽいきブログ「この世界のあったかい秘密のこと」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ