connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

22/01/14

家計・ライフ

お金のプロが教える「お金が貯まる」銀行口座の使い分け ボーナスの使い方の正解は?

お金はどうやって貯める?

お金を貯める目的がはっきりしたら、お金を「日々出入りするお金」「5年以内に使い道が決まっているお金」「10年以上使わない将来のためのお金」の3 つに分けましょう。そして、そのお金を目的にあった商品や制度で貯めます。

著書「1日1分読むだけで身につくお金大全100」より

日々出入りするお金は、日常生活費やもしものときに用意しておくお金のことです。必要になったときにすぐ使えることが大切ですので、いつでもお金を出し入れできる預貯金で貯めましょう。

5 年以内に使い道が決まっているお金は、住宅購入や車の購入などの費用が考えられます。使うまでには多少時間がありますが、いざ使いたいというときにお金が減っていては困ります。比較的安全性の高い定期預金や個人向け国債・社債などを利用しましょう。

そして、10 年以上使わない将来のためのお金は、運用で増やすことを考えます。税金を節約できる「iDeCo」や「つみたてNISA」といった有利な制度もフル活用することで、お金を効率よく増やしていくことができます。

銀行口座はいくつ持つ?

銀行口座は、毎月の生活費をやりくりする「生活費口座」とお金を貯めるための「貯蓄口座」の2つを用意しましょう。

生活費口座では、毎月の給料や報酬などの収入を受け取ります。お金が振り込まれたら、まず先取り貯蓄で貯蓄する分のお金を貯蓄口座に移します。このとき、銀行の自動振替を利用すると、生活費口座から貯蓄口座に自動的・強制的にお金を移動できるので手間がかかりません。

著書「1日1分読むだけで身につくお金大全100」より

生活費口座は、各種費用の引き落とし口座に設定しましょう。家賃・住宅ローン・水道代・光熱費・通信費・クレジットカード代・保険料など、自動で口座引き落としにできるものはすべて生活費口座にまとめることで、支出もわかりやすくなります。なお、公共料金や保険料などはクレジットカードにまとめるのも1つです。ポイント還元を効率よく受けられます。

また、貯蓄口座からはお金を引き出さず、た「5年以内に使い道が決まっているお金」「10年以上使わない将来のためのお金」を貯めていきます。お金の動きがわかりやすくなり、支出も把握しやすくなります。

ボーナスの使い方、「4:3:2:1」とは?

お金の貯まらない人は、ボーナスを半年に一度の臨時収入ととらえて散財しがちです。自分へのご褒美を買うなとはいいません。ボーナスの使い方を先に決め、お金を仕分けておきましょう。

おすすめの比率は「4:3:2:1 」です。例えば、ボーナスが30 万円もらえたとしたら、12 万円は貯蓄、9 万円までは自分へのご褒美、6万円は自己投資、そして3万円は金融資産に投資します。ボーナスもメリハリをつけて使えます。

著書「1日1分読むだけで身につくお金大全100」より

もちろん、これは目安の割合です。普段から自己投資が多い方なら自己投資分を金融資産に回すなど、多少調整してもいいでしょう。ただし、お金を確実に貯めていくために、貯蓄の割合は4~5割を確保したいところです。

こうして仕分けたボーナスのうち、貯蓄分と金融資産分は毎月の給与と同じく、先取りで貯蓄用口座に移します。自分へのご褒美分と自己投資分は生活費口座に残し、必要に応じて使って結構です。

『1日1分読むだけで身につくお金大全100』 頼藤太希/高山一恵 著

お金の基本、マネープラン、家計管理、節約、節税、iDeCo、NISA、ふるさと納税、キャッシュレス決済、保険、給付金・手当、投資までお金の教養として身につけるべき100項目を厳選して解説。
「1分読めば身につく」にこだわり、できる限りコンパクトにまとめた至極の1冊。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営。資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『はじめてのお金の基本』(成美堂)、『はじめての資産運用』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 4
2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 0
2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ