connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

21/10/09

相続・税金・年金

忘れるとヤバイ! 退職後に必要な年金手続きをパターン別に解説

会社を退職すると、年金加入の区分が変わることがあります。今回は退職後に必要な年金手続きについて説明します。自分で手続きが必要な場合、うっかり忘れると思わぬデメリットが生じることもありますので注意しておきましょう。

公的年金加入者には3つの区分がある

まずは、公的年金加入者(被保険者)の区分について確認しておきましょう。加入者の区分は職業などによって変わり、次のようになっています。

●公的年金加入者の3つの区分

筆者作成

会社で働いている間は第2号被保険者です。会社を退職して他の区分に変わる場合には、変更の手続きが必要になります。以下、退職後にどんな手続きが必要になるかを、年齢やパターン別にご紹介します。

60歳未満で退職した人の場合は?

国民年金は60歳まで加入しなければなりません。退職後の動向により、手続きのパターンは次のように分かれます。

●(1) 退職後再就職しない人

60歳未満で退職して再就職しない場合には、第1号被保険者への切り替え手続きが必要です。退職日の翌日から14日以内に市区町村役場に行って、国民年金第1号資格取得手続きをします。年金手帳、退職日を確認できる書類、本人確認書類などが必要になるため、あらかじめ確認の上手続きに行きましょう。

●(2) 退職後再就職する人

退職日の翌日が再就職先の入社日の場合には、第2号被保険者の資格を継続できるため、再就職先で手続きしてもらえます。
退職日から入社日まで1日以上間があく場合には、入社までの期間国民年金に加入しなければなりません。この場合には、(1)と同様に第1号被保険者への切り替え手続きが必要です。

●(3) 退職後配偶者の扶養に入れる人

会社員の配偶者がいる人で、要件をみたしている人は、退職後に配偶者の被扶養者になることができます。この場合には、配偶者の勤務先で第3号被保険者への切り替え手続きをしてもらいます。

60歳以上で退職した人の場合は?

60歳を過ぎてから退職した場合、退職後に国民年金に加入する義務はありません。例外的に加入した方がいい人もいますので、以下を参考にしてください。

●(1) 退職後再就職しない人

原則として手続きは不要です。ただし、国民年金の納付月数が480か月(40年)未満の人は、任意加入(高齢任意加入・特例任意加入)制度により国民年金に加入し、年金を増やすことができます。国民年金の任意加入を希望する場合には、自分で市区町村役場または年金事務所に行って、手続きしましょう。

●(2) 退職後再就職する人

国民年金には加入できませんが、厚生年金は70歳まで加入しなければなりません。また、老齢年金の受給資格期間を満たしていない人は、70歳以降も厚生年金に任意加入できます。厚生年金の手続きは、再就職先で行ってもらいます。

退職した人に扶養されていた配偶者は?

60歳未満で退職した人が再就職せずに第1号被保険者になった場合、退職した人に扶養されていた60歳未満の配偶者は第3号被保険者の資格を喪失します。この場合、扶養されていた配偶者についても、市区町村役場で第1号被保険者への切り替えが必要です。

LINE証券

切り替え手続きをしなかったらどうなる?

60歳未満の場合、退職後に国民年金(第1号被保険者)への切り替えの手続きをしていなくても、国民年金保険料の納付書が送られてきます。国民年金保険料の納付期限は納付対象月の翌月末日ですが、納付期限から2年以内なら後から納めることも可能です。
必要な切り替え手続きをせず、保険料の未納を続けていると、将来受け取れる老齢基礎年金の金額が減ってしまいます。それ以外に、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないケースも出てきますから要注意です。
もし国民年金保険料を払えない場合には、免除や納付猶予の申請をしておきましょう。免除・納付猶予の承認を受けていれば、10年以内の保険料追納が可能になります。

まとめ

退職後に国民年金に加入しなければならないのに、手続きを忘れていて空白期間ができることがあります。せっかく受け取れる年金の権利を無駄にしないよう、退職後の手続きについて確認しておきましょう。

森本 由紀 ファイナンシャルプランナー(AFP)・行政書士・離婚カウンセラー

Yurako Office(行政書士ゆらこ事務所)代表。法律事務所でパラリーガルとして経験を積んだ後、2012年に独立。メイン業務の離婚カウンセリングでは、自らの離婚・シングルマザー経験を活かし、離婚してもお金に困らないマインド作りや生活設計のアドバイスに力を入れている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

50歳から正社員とパート、どちらが得?

年金神奈川県 いいね 2
2015/12/06

主人は自営業で二人で国民年金を20年以上払ってきました。 
50歳になって私は正社員になり厚生年金に。主人は会社で厚生年金を始めました。
正社員といっても手取りで20万円程度で残業代もボーナ...

マネー相談の続きを見る

国民年金基金か確定拠出年金か

年金広島県 いいね 2
2016/10/31

▼プロフィール
年齢:夫 48歳、私 37歳
住居:賃貸マンション
職業:夫(彼) 正社員、私 アルバイト
貯金:夫(彼) 約4000万円、私 約2500万円
年収:夫(彼) 約150...

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私 53歳、妻 37歳 娘 小学校6年生
住居:私 賃貸マンション暮らし
職業:私 契約社員、妻 アルバイト
貯金:私 約400万円、妻 約600万円
年収:私 ...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ