connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/01/13

資産運用・経済

10年間で1000万円貯める積立投資術・貯金術

「投資」と聞くと、「投資はギャンブル」「なんだか面倒そう」「元本割れが恐い」と考え、敬遠しがちです。
では、投資をやらないかといえば、前述したように貯めるだけでは厳しい現状なので、効率よくお金を貯めていくには、投資と向き合っていかなければならないでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか。答えは、無理のない範囲で投資を学び、少しずつお金を増やす事です。お金自身に働いてもらう経験を積み、その過程で毎月の投資金額も少しずつ増やせば良いのです。

無理のない金額は、少なすぎず、多すぎずの金額がよく、3000円〜5000円が良いでしょう。100円〜1000円でも投資を始めるきっかけとしては良いですが、お金を貯めるスピードを考えると3000円〜5000円は欲しいところです。

これを踏まえて、10年間で1000万円貯める積立投資・積立貯金術を考えていきます。

「月3000円投資」はきっかけにすぎない

では、月3000円の投資を始めると、いくら増えるのでしょうか?
仮に、平均年利回り3%の金融商品(例えば、投資信託)で10年間積み立てた場合、積み立てた元本は36万円、それに対して利益は手数料や税金を考慮しなければ、5万9224円になります。合計で約42万円です。

数字がないと、月3000円の積立投資でも大きな金額が貯まる気がしてしまいますが、何のことはありません。投資金額が少なければ、お金自身が働いて得る収入は少ないものです。

月3000円の投資は、あくまでもお金自身に働いてもらうきっかけ作りです。何事もそうですが、最初の一歩が肝心です。始めてみることで見える世界が変わります。

できる金額から始めコツコツと継続するのが鍵

10年で1000万円貯めるには、毎月それなりの貯金をしなければなりません。ボーナスを含めないで考えれば、貯金だけだと、毎月8万3333円の積み立てが必要になります。この金額をいきなり貯めるのはなかなか厳しいですよね。

よって、推奨するのは『月3000円〜5000円から始める積立投資』と『ボーナスも含めた積立貯金』で1000万円貯めていくという方法です。投資は年利3%の運用を目指します。

貯めはじめは、投資も貯金も無理のない範囲ではじめ、年数が経つにつれて、毎月の貯金と投資の合計額を増やしていくのが理想です。
また、10年の後半は貯金額を減らし、その分を投資額へ回すと良いです。年に2回ボーナスがあれば、1回のボーナスで貯金と投資合わせて15万円回していきたいところです。

1000万円貯めるプランを載せておきましたのでご参考ください。

このプランでいくと、10年後の貯金額合計は472万円、利息は228円。10年後の投資額合計は、502万8000円、運用益は53万457円。資産総額は、1027万8685円になります。見事10年間で1000万円達成です。

ズボラな人はバランスファンドを選ぼう

さて、月3000円〜5000円で始める投資先はどうするかがポイントです。年利3%は目指したい、そしてほったらかし運用したいという方は、バランスファンドがオススメです。1口にバランスファンドと言っても、たくさんの商品があります。なので、信託報酬(投資信託を保有している間ずっとかかる手数料)が低水準のもので、国内外の債券・株式にバランス良く投資しているファンドと、これに不動産を加えて投資しているファンドの2商品を紹介します。

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」と「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」です。
前者は、世界の株式と債券に投資ができ、信託報酬が0.17172%です。
後者は、国内、先進国、新興国の債券・株式に加え、国内リートと先進国リートの8資産に均等で投資するファンドで、信託報酬が0.17172%です。

まとめ

10年で1000万円貯めるためには、できる金額から始めコツコツと継続することが大事です。月3000円〜5000円の投資は、バランスファンドで。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。twitter→@yorifujitaiki

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 8 2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 5 2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ