connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

18/06/19

資産運用・経済

投資家必見!ウォーレン・バフェットの名言から学べる4つのこと

ウォーレン・バフェットを知っていますか?
見た目はどこにでもいるアメリカ人のおじさんです。私生活は至ってシンプルで普通の乗用車に乗り、好物はコーラとハンバーガーというどこにでもいる普通のおじさん。

でも実際は「投資の神様」や「オハマの賢人」(オハマはウォーレン・バフェットの出身地で今もそこに住んでいる)と呼ばれており、世界の大富豪ランキングでもトップ3に入るすごい人です。

彼はアメリカにあり世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを勤めています。そんな「投資の神様」の投資哲学や考え方は様々な情報が散乱する世の中だからこそ知っておくと役に立つときが来るでしょう。

今回はそんなウォーレン・バフェットの名言をお伝えします。

わからないものには手を出さない

“Risk comes from not knowing what you're doing.”
-リスクというものはあなたが何をやっているかを理解していないときにこそやってくる。

バフェットは「ハイテクバブル」の時に、周りの投資家がハイテク銘柄で莫大な利益を出している中、「ハイテクについて理解できないから」という理由で1ドルも投資しませんでした。ハイテクバブルは程なくして崩壊し、莫大な利益を出してきた投資家は一気に崩壊しましたが、1ドルも投資しなかったバフェットは生き残りました。

このように何も知らずに、言われるがまま「わからないもの」に投資をすることが大きなリスクです。数字には表れない大きなリスクです。
投資(資金を投じる)をする場合は、最初は誰でも初心者ですが、投資をしながら少しずつ学んで知識をつけていくことが大切です。知識(知っていること)は最大のリスク回避手段です。

「わからないものには手を出さない」
というのは本当に大切です。

ルールを守り続けること

“Rule.1: Never lose money, Rule.2 : Never forget Rule.1”
-第一のルール、損をしないこと。第二のルール、第一のルールを決して忘れないこと。

投資=お金を成長させることです。お金を成長させるための大原則は損をしないことで、それが最初のルールになります。しかし、そのルールを逸脱し利益ばかりを追求すると、ついつい投機的(ギャンブル)な投資行動にシフトしていき、市場に大きな波が来た時に結果的に大きな損失を負ってしまいます。

投資はギャンブル(投機)ではありません。負けないようにやることが成功の秘訣です。負けないようにやるには損をしないこと、そしてそのルールを守り続けることが大切です。ルールは守るためにあります。

銀行、証券会社、郵便局などでオススメの金融商品を聞いてはいけない

“Never ask a barber if you need a haircut.”
-髪を切る必要があるかどうかを床屋に聞いてはいけない。

投資をする時はそれに関して利害関係が絡む人にアドバイスを求めてはいけないという教えです。利害関係が絡む人というのは、金融商品を販売している販売会社で、銀行や証券会社、郵便局などを指します。

例えば銀行などで、「どの投資信託がオススメですか?」と聞いても、販売会社側のオススメは「できるだけ手数料が高く、収益性が高い投資信託」以外にありません。販売会社はできるだけ多くの手数料を稼ぐことを目的としています。その手数料の源泉はお客さまの投資資金です。

自分で投資対象を選ぶ場合は、やはり利害関係の絡まない第三者を交えて考えていくことが大切です。

お金は、時間をかけて育てていくもの

“No matter how great the talent or efforts, some things just take time. You can't produce a baby in one month by getting nine women pregnant.”
-どれだけ優秀でも、時間がかかるものもあります。例えば9人の妊婦がいても1ヶ月では子どもを出産できません。

現在は、仮想通貨ブームなどで短期間の取引等で莫大な富を手にする人が生まれました。バフェット氏はそうではなく、子どもが1ヶ月で生まれないように、お金も時間をかけて育てていく(=複利の力)を力説しています。

例えば、500万円を年率5%で運用した場合は1年後には525万円になりますが、それが10年後には814万4500円になります。
時間をかければお金は大きく成長します。物理学者のアインシュタインも「複利は人間が作った最も偉大なもの」と語っています。

若い方ほど時間はたくさんあります。複利の力の最大の養分は時間です。長く時間をかければお金を予想以上に成長させることができるでしょう。


実際に世界の大富豪ランキングトップスリーに入る「投資の神様」の名言です。投資に限らず実生活にも活きてくる言葉です。あなたの投資ライフにも活きてくるのではないでしょうか。

大場 脩 ファイナンシャルサポーター

山形をベースに全国で活動するファインシャルプランナー。お金のことはシンプルに前向きに考えるのがモットー。保険、資産運用、各種ローン、家計改善など身近なお金のことが得意。できるだけ専門用語を使わず、わかりやすくお金のことを伝えている。
HP:http://fp-syu.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 8 2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 5 2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!