connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/06/20

資産運用・経済

iDeCoや企業型DCは60歳・65歳時点で暴落があったらどうすべきか

老後資金の準備として、iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)や企業型DC(確定拠出年金)に加入している、あるいは加入を検討している人も多いのではないでしょうか。
iDeCoも企業型も、確定拠出年金は一般的に、60歳のリタイア時期まで定期的にお金を出して運用し、その後受け取る受け取れる仕組みになっています。
では、受け取る予定の時になって、株価の暴落などがあって資産価値が大きく減ってしまったらどうしたらよいのでしょうか。
今回は、受取予定の時に暴落があった時のことを考えていきましょう。

慌てないで! すぐに売ると大損してしまう

確定拠出年金は、老後資金を目的としているので、一般的に60歳までは掛金を「毎月1万円」などと設定して定期的に掛けていき、そのお金を運用していきます。そして、60歳になったら一時金、もしくは毎年年金で受け取るようになっています。

資金の運用先は自分で選んで決められます。金融機関によって運用先の商品ラインナップは異なりますが、国内外の株式や債券を組み合わせた投資信託が主なものになっています。
株式や債券は、市場の影響を受けることでも値動きをします。過去にはリーマンショックのような金融危機でも大きく値下がりしました。今回のコロナ禍でも大きく値下がりを見せました。

値下がりをすると、「これ以上値下がりしては大変!」と慌ててしまい、お急ぎで売却して別の投資先に買換えたくなってしまうかもしれません。
しかし、それではほとんどの場合、大きく損をしてしまいます。
なぜなら、値動きをするということは、下がることもあれば上がることもある、ということだからです。下がっている時に売却して損失を確定するよりも、上がるのを待つほうがトクなのです。

70歳までは運用しながら加入できる

実は、iDeCoも企業型確定拠出年金も受け取り開始を最大70歳までずらすことができます。60歳で急いで受け取らなくても、元気なら仕事をして収入を得て生活し、相場が回復してから受け取ってもいいと考えられます。

過去のデータを見ても、リーマンショックの時に大幅に値下がりした株価も、5~10年といった長期的な期間で見ると下落前の水準まで戻ってきています。
70歳まで運用を続けるなかで、タイミングをみて受け取るようにするといいでしょう。

年金で少しずつ受け取る方法もある

しかし、60歳以降の収入が安定せず、すぐにお金が必要な状況だったらどうしたらいいでしょう。
その時は、年金形式で少しずつ受け取ればいいでしょう。一時金で受け取ると、その時の相場で資産価値が決まりますが、年金であれば毎年定期的に受け取るので、相場の影響を受けにくくすることができます。

ただ、60歳の時の選択肢は、できるだけ多く準備しておきたいものです。
預貯金があれば取り崩してしのぐこともできますし、不動産を持っていれば賃貸に出したり、売却して資金を作ったりすることもできるでしょう。
iDeCoや企業型確定拠出年金しかない、というのではなく、預貯金や不動産など組み合わせて資産づくりをしておくと、いろいろな状況に対応できます。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

受け取り時期が近付いたら、リスクを小さくしておく

値動きのある商品での運用をしている場合、受け取り時期までの期間が長ければ、ある程度のリスクを取りながら積極的に運用していくのもいい方法です。
大きなリターンを期待できるものは損失も大きくなりがちですが、長期の運用であれば、いったん値下がりしても、値上がりするまで待てるからです。

しかし、受け取り時期が近づいていたら、運用先を値動きの小さなものに変えていくようにしましょう。資金をいざ使う時になって大きく値下がりするのは、やはり避けたいものです。
元本確保型の定期預金や生命保険にする方法もありますし、ローリスクローリターンの投資信託にしておくこともいいでしょう。

まとめ

60歳時点で暴落があっても、損失を回避する方法はあります。
どんな時でも慌てずに冷静な判断ができるよう、常に新しい情報を得るようにしておきたいですね。

タケイ 啓子 ファイナンシャルプランナー(AFP)

36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 5
2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 8
2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ