connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/06/06

カード・ローン

ポイントの二重取り・三重取り・四重取りのパターンを一挙公開!

今はいろんなところで、買い物や支払いのときにポイントが付与されます。ポイントはほとんどの場合、お金と同じように使うことができます。ですから、ポイントを有効に活用することで現金の出費を抑えることができるでしょう。
実はこのポイント、上手に買い物・支払いをすれば、二重、三重、四重でポイントをもらうことができます。今回は、ポイントの二重取り・三重取り・四重取りの例を一挙公開したいと思います。

そもそも、二重取り・三重取り・四重取りってどういうこと?

ポイントの二重取り・三重取り・四重取りは、1回の買い物・支払いでポイントをよりたくさん貯めるしくみです。

たとえば、電子マネーやスマホ決済の場合、クレジットカードを用いたオートチャージを利用すれば、電子マネーのポイントが貯まるのと同時にクレジットカードのポイントも貯まります。これでポイントの二重取りということになるわけです。
こうしたワザを複数組み合わせることで、二重取りだけでなく三重取り、四重取りが可能となります。また、スーパーなどで発行されるポイントカードと合わせてdポイントやPontaポイント、楽天ポイントなどが貯まるケースもあります。さまざまな方法でポイントの多重取りができるので、自分にあった方法を探してみましょう。

二重取りの例…クレジットカードで電子マネーやスマホ決済にチャージ

ここでは、電子マネーやスマホ決済にクレジットカードでチャージする「クレジットカードのポイント」と「電子マネーやスマホ決済の利用ポイント」が貯まる、いわゆる二重取りの方法をご紹介します。

たとえば、交通系マネーの代表格SuicaにJR東日本系のクレジットカード「ビュー・スイカカード」を使ってチャージする方法です。
「ビュー・スイカカード」は利用するとJRE POINTが貯まります。還元率0.5%なのでもともとそこまで高還元率ということでもありませんが、定期券の購入やオートチャージの利用ではポイント3倍、1.5%にまで還元率が上がります。Suica利用の還元率も利用シーンによりますがポイントが貯まります。つまり、クレジットカードのオートチャージ分と利用で貯まる分との二重取りができるというわけです。

また、楽天カードと楽天Payを連携させて楽天Payの支払い元を楽天カードにすることで二重取りが可能となります。楽天カード自体の還元率は1%、楽天Payは0.5%なので、チャージしたときのポイントと支払したときの還元率を合わせて考えると還元率1.5%になります。


さらに、WAONとイオンカードセレクトを組み合わせても、ポイントの二重取りができます。イオンカードセレクトでWAONにオートチャージする設定にしておけば、WAONへのチャージで200円につき1ポイント、またチャージしたWAONで支払えば200円につき1ポイントがゲットできるのでポイントの二重取りが可能です。

また、Kyash Visaカードを使った二重取りがオススメです。
用意するものは、次の2点です。
(1)1%超の還元率があるクレジットカード(Visaまたはマスターカード)
(2)Kyash Visaカードのアカウント(スマホ上のアプリで作成できます

まず、クレジットカードでKyashにチャージするのですが、スマホ上のアプリで簡単にできます。これでクレジットカードのポイントが1%還元されます。
その上でKyash Visaカードにて支払いを行うと、1%のキャッシュバックが受けられます。これらの還元率を合計すると、2%になるというわけです。

三重取りの例…ポイントカードや店舗での還元に注目

つづいて、三重取りするパターンを見ていきましょう。
たとえば、d払いというスマホ決済の支払い元をdカード(もしくはdカードGOLD)に設定しておけば、まずはdポイントの二重取りが可能になります。dカード自体のポイント還元率は1%。d払いの還元率はお店によりますが、d払いのポイントも取れます。さらに、dカードを提示することによってさらにポイントが貯まるという三重取りが可能となるのです。ローソンでこの方法を利用した場合、d払いで200円1ポイント(還元率0.5%)、dポイントカードもしくはdカードの提示で100円につき1ポイント(還元率1%)、そしてdカードの還元率1%と、合わせて2.5%のポイント還元が可能となります。

さらに、ビックカメラでよくお買い物をする人にとって見逃せないのが、電子マネーでの支払いです。電子マネーでの支払い(SuicaやPASMO、楽天Edyやnanaco、WAONなどが対象)は現金と同じ基本10%のポイント還元となります。これらのチャージをクレジットカードで行えば、クレジットカードの利用ポイントと電子マネーの利用ポイント、そしてビックカメラの還元という三重取りが実現できるのです。

 

四重取りの例…商業施設やショップのポイントを一緒に貯める

最後はポイント四重取りの例をご紹介します。
たとえば、商業施設が発行しているポイントカードとショップ自体のポイント、どちらも貯めるというのは普段からよくやっていることなのではないでしょうか。これでまず二重取りができますよね。
さらに、電子マネーの支払元をクレジットカードに設定すれば電子マネーの利用ポイントとクレジットカードの利用ポイントももらえるので、四重取りが可能となります。

最近はいろんなお店で電子マネーが利用できるので、あらかじめ電子マネーの支払い元をクレジットカードに設定しておくというひと手間でおトクにポイントを受け取ることができます。

まとめ

いかがでしたか。ポイントを二重取り、三重取り、四重取りができればかなりおトクにポイントを貯めることができます。少し手間はかかりますが、チリもつもれば山となる、という言葉もあるので、お気に入りのショップでポイントを多重取りできる方法を調べてみてはいかがでしょうか。

大塚 ちえ ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅰ種

新卒から証券会社一筋で働く、現役アラサー金融ウーマン。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、私は32歳の主婦です。2人の子供がいます。
今冬に新車の購入を考えているのですが、ローン購入か現金一括購入かで悩んでいます。
貯蓄は500万程度で、購入を検討している車は300...

マネー相談の続きを見る

マイホームが先か、車の購入が先か悩んでいます

不動産・ローン福岡県 いいね 5 2015/07/29

マイホームを先に購入するか、車を購入するか悩んでいます。
当初、2年後に車を購入、5年後にマイホームの購入を考えていました。そのため、車買い替えの頭金100万を準備するために、積み立てをしてい...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ