connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

18/09/19

家計・ライフ

「年金100万円+貯蓄1億円」VS「年金300万円+貯蓄100万円」、老後はどっちが安心?

定年後の生活にはどんな資金が役に立つのかをAさんとBさんの二組のご夫婦に伺ってみました。
Aさん夫婦は、ずっと自営業者だったので、年金は基礎年金だけです。収入としてはこの年金の年間100万円しかありませんが、しかし、自営業時代にコツコツ貯めたお金がなんと1億円あります。それだけの貯蓄があれば老後の生活は悠々自適だな!と推察されます。

一方、Bさん夫婦は、ずっと会社員でしたので、厚生年金です。年金額は年間300万円です。一般的な老後の生活をされているものの、預貯金は100万円程度しかありません。

さて、この二組の老後生活ですが、精神的にゆとりのあるのは、どちらだと思いますか?
2つの生活をみながら、どんな老後資金を準備すればいいのかを考えてみたいと思います。

1億円の貯蓄があっても減っていくのが不安!

まずは、Aさん夫婦に話を伺いました。自営業を夫婦で頑張ってきたので1億円の老後資金を準備できました。ただ国民年金で、未納期間もあるので夫婦あわせても月額約8万円です。そのため毎月30万円ぐらいずつ貯蓄から取り崩して生活をしているそうです。現役時代はよく海外旅行へ行っていたのですが、いまは、旅行に行くのも控えているそうです。

Aさん曰く「これからの老後資金を心配しています。預金がどんどん減っていくので、旅行などの大きな出費は不安なのです」
(ええっ!これからの老後資金ですか? 年金暮らしは老後ではないのかな?)と私は思いました。

貯蓄が1億円あるのだから、毎月30万円貯蓄を取り崩したとしても、約28年間持ちます。それに1億円の資金を安全に運用すれば、もっともたせることもできるはずです。
老後資金が1億円です! 計算上は安心できる金額ですし、月額38万円の暮らしですから一般的には、十分余裕のある老後生活です。それでも、人間というのはお金が減っていくことに対してとても「不安」を感じるものなのですね。

どうも、預金通帳の数字が減っていくと、「長生きすると預金が足りなくなる」という気持ちになってしまうようです。

年金を繰下受給して年金を増やすことに成功!

次にBさん夫婦の話を伺いました。年金を繰下受給したので年金額を増やすことができました。年金額は300万円で月額25万円です。総務省統計局の「家計調査」(平成23年)のデータでは70歳以上の世帯での家計支出は約22万円です。それを考えるとBさん家計も余裕です。しかし、Aさんの月額38万円に比べると13万円も少ないですね。それでも毎月やりくりをしながら生活を楽しんでいるそうです。旅行資金も少しずつ捻出して国内のバスツアーなど、たまに楽しまれているそうです。

年金と支出が同じくらいなので、貯金に手をつけなくても大丈夫なことが大きな安心につながっているようです。
そして、Bさんがこっそり「いまは生活に困っていないけれど、これからの老後が心配だから、少しずつ貯蓄をしている」と言うのです。
(えっ!また、これからの老後資金ですか?)と私はまた思いました。元気な高齢者が増えているのはいいことです。

いよいよ「人生100年時代」ですから、やはり老後資金は心配ですよね。しかし、そのなかでも安心できる老後資金とは「一生涯減らないお金」を持つことが重要なのではないかと思います。

老後資金は「減らないお金」を持つことが重要

Bさんのように、毎月一定額のお金が入ってきて、貯蓄を取り崩さないで生活ができれば精神的に楽かも知れません。では、「一生涯減らないお金」を持つにはどうすればいいのでしょうか?
一生涯受け取れるお金は、いちばん大きいのが年金です。その年金額を多くするには、公的年金をできるだけ長く払うことが必要です。それには、次の方法があります。

長く働けば、厚生年金は70歳まで加入できます。
国民年金の場合は40年ですが、それに満たない場合は任意加入をして支払期間を延ばすこともできます。国民年金基金も終身で受け取ることができる年金です(終身型の場合)。

また、Aさんのように貯蓄がある場合は、貯蓄を運用することによって株式の配当益や不動産の家賃収入も長期に渡って定期的な収入を得ることができます。
iDeCoも老後資金にはとても有効ですが、確定給付や一時金の商品がほとんどです。しかし、それを活かして、年金の繰下受給の原資にすることができます。

ご自分に合った方法を見つけて、「人生100年時代」に対応した年金資金を作ってはいかがでしょうか?

長尾 義弘 NEO企画代表

日本ファイナンシャルプランナー会員(AFP)
大学卒業後、出版社の編集部に勤務。何社かの出版社を渡り歩き、何冊かのベストセラーに携わる。その後、1977年にNEO企画を設立。2004年に2級FP技能士を修得。現在、日本ファイナンシャルプランナー会員(AFP)。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。若干オタクが入っているほど経済とアニメが好き。著書・監修は、「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)、「別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』」(宝島社)、『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社)など多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「家計・ライフ」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!