connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

17/10/17

家計・ライフ

「お金の専門家」に好かれるお客様の条件

FPに嫌われる人・好かれる人

ファイナンシャルプランナー(以下FP)の資格保有者の中で、金融商品の販売を目的にしているタイプと、セミナーや相談業務、執筆を主として生計を立てているタイプ、またその両方をこなすタイプがいます。ちなみに筆者は最後のタイプ。

どのタイプのFPであっても、同業者同士、交流の場でお客様の事を話す機会はたびたびあります。もちろん個人情報が特定できるような部分は話しませんが、情報共有を行い、自分のお客様に良質の情報を提供する為には欠かせない仕事の一環です。

そのような場面で耳にする顧客タイプと、自身が身をもって経験した現場の数々を重ねると、どのFPでも苦手とする顧客タイプ、好かれる顧客タイプは同じなのだという事が分かります。

知りたい情報に対価を支払えない人は、損をする

FPに嫌われるタイプの代表は、「情報だけ搾取する人」です。
我々FPの中には、金融商品を販売しないFPがいます。そのFPは、アドバイス料を頂かないと1銭も仕事になりません。アドバイス料を頂戴している場合、情報提供や分析をするのがその対価にはなるのですが、ここでいう「搾取」とは、「自分の話をせずに、悩みも相談せずに、持っている情報ください」という人のこと。

そう頻繁にはお会いしませんが、時々います。

「知らなかった、聞けてよかった、ありがとう」と、こちらも貴重なお時間を頂戴している以上、そう言って頂けるように日頃から知識取得や情報交換、情報取得にお金と時間と労力をかけているわけです。
職業人として当然のことなので、偉そうに言う事ではありませんが、「目に見えない商品」を扱う我々FPとしては、自分の価値を図る術は、「顧客からの反応・感謝の言葉」が第一です。

我々FPは、顧客の悩みや現状を話してもらうことで、解決策を分析・提案します。
まず、本音で全部話してもらわないと、仕事である「解決策の提供」ができないのです。
販売だけがFPの業務ではありません。相談からお役に立てるチャンスすらもらえない「仕事をさせてもらえない」顧客は、嫌われますし、一緒に幸せになれないということです。

マメに連絡をくれる顧客は、実は好かれる

反対に好かれる人の特徴は、「頼ってくれる顧客」です。
何かある度に、電話やメールをくださる人は、はっきり言って「可愛い私のお客さん」という位置づけ。とにかく自分に出来る事があれば、力になりたいと、自ら思わせてくれるお客さんは、私の顧客リストにも数名いらっしゃいます。

時々「ご迷惑なんじゃないですか」とか、「ご商売に繋がるかわからないのに・・・」とけん制される方がいますが、そんな事はありません。
どこでどんな形で力になれるかわかりませんし、そもそもお客様がFPの商材すべてを知っているわけありませんよね。

FPは「物売り」ではありません。「去年税金がこんなにかかってね・・・」とか、「投資に興味があるんだけど・・・」とか、「そういえば、こないだこんなセミナーに行って・・」とか、何でもいいんです。
何気ない会話の中でヒントを探し、思いがけないストロークで力になれることはたくさんあります。

つまり、「仕事のきっかけを与えてくれる人」は、大いに好かれるという訳です。
「甘え上手」なお客さんは、つい気にしてしまい、結果的に情報提供も早い段階で失念することなく行えるのかもしれません。

業種限らず、「決断」と「約束」は最も大切な事

他に共通しているのは、「決断力」です。
早いか遅いかが問題ではありません。あまり早すぎる場合、継続力が無い事が多々あります。
決断する為には、その為の知識がある程度必要になります。我々FPとの面談のあと、決断を下す為に課題に向きあって、考えてくれたのだという背景を、FPは見ています。

最後に最も大切なのは、「約束を守る」ということ。
我々FP業に限った事ではありませんが、当たり前のことをないがしろにする人は、優先順位としては、上位に置く事はできません。

FPには、顧客の利益を最優先させなければいけない、というルールがあります。
お客様は自分の想いを話す事で、何か金融商品を売りつけられるのではないか、と疑われる方もいらっしゃいますが、まっとうなFPであれば、そんな事はしません。
お客様の利益が、我々FPの利益になることを、知って頂きたいのです。

佐々木 愛子 ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅱ種

国内外の保険会社で8年以上営業、証券IFAを経験後、リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中心に500世帯以上と契約を結ぶ。FPとして10代のうちから金融、経済について学ぶ大切さを訴え活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

いつまで専業主婦でいられるか悩んでいます

家計・ライフ熊本県 いいね 3 2015/10/22

夫の会社が不景気で給料が5万ほど下がりました。子どもが小さくあと少しは専業主婦でいたいです。そしてできればあと1人子どもができればと思っています。いつまで専業主婦でいられるか悩んでいます。家計診...

マネー相談の続きを見る

資産運用を始めたいと思っています。

家計・ライフ茨城県 いいね 8 2015/11/14

来春に第一子を出産予定の専業主婦です。夫が転勤族なので、パートタイム勤務をしてきました。
これまで資産運用はせず、地道に貯金をしてきましたが、今後はますますお金がかかると思いますし、将来に備え...

マネー相談の続きを見る

妊娠がわかった時、夫は学生でしたが、家計のために働く道を選んでくれました。しかし、残り2年(6年生の大学)学校へ通い、大学を卒業してほしいと思っています。
夫も学校を卒業し、資格を取りたい気持...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「家計・ライフ」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!