connecting…

  • つみたてNISA
  • FIRE
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

22/08/04

家計・ライフ

老後のお金を激減させる「NG行為」ベスト5

老後のお金を激減させる「NG行為」ベスト5

会社を定年退職すると、退職金としてまとまったお金をもらえる一方で、月々の収入は減ってしまうことが多いでしょう。それまでと状況が変わると、お金の使い方を間違えてしまうこともあります。今回は、老後のお金の使い方について5つの「NG行為」をランキング形式で紹介します。「NG行為」を避け、お金を激減させないよう気を付けましょう。

老後のお金「NG行為」5位:退職後も生活レベルを下げない

収入が減ってからも現役時代と同じ生活を送っていると、毎月の家計が赤字になってしまいます。たとえば、頻繁に飲みに行ったり、旅行に行ったりするのは要注意。あっという間にお金はなくなります。健康のためにも飲みに行くのは控え、旅行も年に1回程度にした方がよいでしょう。
老後はできるだけシンプルに暮らし、生活の中に楽しみを見つけるのがおすすめです。家でできる趣味を作り、たまの贅沢を楽しむというメリハリをつけましょう。

老後のお金「NG行為」4位:子どもや孫に使い過ぎる

かわいい子どもや孫には、お小遣いを渡したり、何かを買ってあげたりしたくなるものです。子や孫は一人だけではすまない場合も多いでしょう。「少しだけなら」と思っていても、全員に使うと負担が大きくなってしまいます。
子や孫に対しては教育費や住宅購入資金を非課税で贈与できる特例があり、まとまったお金も贈与しやすくなっています。相続税対策にもなるので、生前贈与を積極的に考える人もいます。しかし、財産を渡し過ぎてしまうと、自分が長生きした場合に、お金が尽きてしまいます。将来逆に援助を受ける結果にならないよう、注意して贈与しましょう。

PayPay証券

老後のお金「NG行為」3位:費用をかけてリフォームをする

今はまだ元気でも、もっと歳をとったら動きづらくなります。将来に備えて早めに自宅をリフォームしようと考える人も多いでしょう。リフォーム工事には高額の費用がかかってしまうので、慎重に考えなければなりません。
費用をかけて自宅を全面バリアフリーにしても、結局は施設に入ることも考えられます。特に、ローンが組めるとなると、あれもこれもと余計な工事をしてしまいがちです。ローンを組むとその後の返済も大変です。リフォームに費用をかけ過ぎないのが無難です。

LINE証券

老後のお金「NG行為」2位:医療保険や介護保険に入る

病気や要介護状態になるのが心配で、「今からでも民間の医療保険や介護保険に入っておいた方が良いのでは?」と考える人もいるでしょう。高齢になってから保険に入ると、保険料も高額になってしまいます。払った保険料に見合うだけの給付が受けられるとも限りません。
医療費が高額になった場合には、公的医療保険の高額療養費制度により還付が受けられます。介護については公的介護保険もあります。公的な制度でまかなえる部分は大きいので、あまり不安になる必要はありません。まずは、いざというときに公的制度を活用できるよう知識を持っておきましょう。

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

老後のお金「NG行為」1位:リスクの高い金融商品に投資

退職金で手元にまとまったお金が入ると、そのまま置いておいては損と、投資を考える人も少なくありません。投資は悪いことではありませんが、投資経験の少ない人が、ハイリスクの金融商品に投資するのは避けた方が良いでしょう。
たとえば、FXは急激な為替相場の変動で損失が一気に膨らんでしまうリスクがあります。比較的リスクが低いと考えがちな投資信託も、商品によっては手数料が高く、元本割れしてしまう可能性があります。
退職金をもらうと、金融機関から投資の勧誘を受けることも多くなっています。勧誘されるまま安易に投資しないように気を付けましょう。

まとめ

今は男女とも平均寿命が80歳を超えており、老後の期間が長くなっています。定年退職後は収入も減少することが多いので、お金の使い方をよく考えなければなりません。たとえ貯金があっても、使い方によってあっという間になくなってしまうことがあります。「NG行為」に注意し、少しでも安心できる老後を楽しみましょう。

森本 由紀 ファイナンシャルプランナー(AFP)・行政書士・離婚カウンセラー

Yurako Office(行政書士ゆらこ事務所)代表。法律事務所でパラリーガルとして経験を積んだ後、2012年に独立。メイン業務の離婚カウンセリングでは、自らの離婚・シングルマザー経験を活かし、離婚してもお金に困らないマインド作りや生活設計のアドバイスに力を入れている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 4
2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 0
2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ