connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/10/22

家計・ライフ

「携帯総額料金表示」義務化! 総額表示によって利用者が得られる効果

2019年10月から大手携帯キャリアに義務化された「携帯料金総額表示」。携帯電話の複雑な料金プランを利用者にわかりやすく表示するために、総務省が導入した制度です。ここでは、携帯料金総額表示とはどのような制度か、具体的に携帯電話の料金表示はどのように変わるのか、さらに総額表示によって利用者にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

携帯総額料金表示ってどんな制度?

大手携帯キャリアでは2年契約などの定期契約の場合、初めの1年間や半年間だけ月々の料金を割り引く料金プランが一般的です。割引終了後は料金が上がりますが、契約時の説明資料には月々の料金しか表示されていないケースがほとんど。そのため契約期間中に支払う総額料金が利用者にわかりにくい、という問題がありました。さらに割引期間は携帯キャリアによって異なるため、他社の料金プランと比較がしづらかったのです。

このような利用者の不便をなくすために、月々の料金だけでなく契約期間中に支払う総額料金も表示するよう大手携帯キャリアに義務づけたのが「携帯料金総額表示」です。

携帯電話の総額料金はこのように表示される!

では、具体的に携帯電話の総額料金がどのように表示されるのか見ていきましょう。

●総額料金は契約時や更新時の説明資料などに表示される

契約時の説明資料や更新時のメールにはすでに月々の料金が表示されていますが、今後は契約期間中の総額料金も追記されることになります。また携帯電話の月々の料金には通信料金、端末代金、割引金額などが含まれており、さらに契約時には事務手数料がかかることもあります。総額料金にはこれらの内訳も表示されます。

2年契約の場合の総額料金表示のイメージは以下のとおりです。

総務省『「モバイル市場の競争環境に関する研究会」中間報告書(案)概要』 より作成

上記のように一目で総額料金とその内訳が把握できるので、割引期間が異なる他社の料金プランとも比較しやすくなります。

●各社ウェブサイトでも総額料金が表示される

総額料金が表示されるのは契約時や更新時の説明資料だけではありません。利用者が料金プランを検討する際に参考にできるよう、携帯キャリア各社のウェブサイトでも総額料金を表示するよう求められています。具体的には、各社ウェブサイトで提供されている料金シミュレーションなどで表示されることが予想されます。手軽にウェブ上で検討している料金プランの総額料金が確認できるのは助かりますね。

利用者のメリットは?総額表示によって得られる効果

携帯料金総額表示は利用者を保護するための制度です。総額料金を表示することで、利用者が携帯キャリア各社の料金プランを比較しやすくするのが最大の目的ですが、それだけではありません。

政府は以前から、携帯キャリア各社に携帯料金の値下げを求めてきました。この携帯料金総額表示でも、利用者が料金プランを比較しやすくなることによって、携帯キャリア各社の競争を促し、携帯料金の値下げにつなげる狙いもあるのです。

まとめ

携帯電話の料金プランは複雑なので、筆者もこれまでどの料金プランにするのがトータルでお得なのか、契約更新のたびに理解に苦しんでいました。総額料金が表示されるだけでも、だいぶ料金プランの比較が楽になりそうです。さらにこの制度によって、今後携帯料金が値下げされるのを期待したいところです。

携帯料金総額表示の義務化は原則2019年10月からとされていますが、システム整備が間に合わなければ一定の猶予期間を認めるとのこと。ドコモの店頭や各社ウェブサイトの料金シミュレーションを確認したところ、携帯料金総額表示にはまだ対応していないようです(10月15日時点)。いつから総額料金が表示されるのか、今後の最新情報に注目しましょう。

Yacco 金融系フリーライター

大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立つお金の知識の乏しさに気づき、その重要性を感じたことがきっかけで、ファイナンシャルプランニングの勉強を開始。現在はフリーライターとして、資産形成、税金、不動産、仮想通貨などお金に関する記事を執筆中。趣味は海外旅行、カフェめぐり、漫画。2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記2級。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ