connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

18/02/17

相続・税金・年金

税金を減らしてお金持ちになるすごい方法

税金を減らしてお金持ちになる方法とは

一般的にお金を増やすというと、思い浮かぶのが「投資」ではないでしょうか。現在、預貯金の金利が0.001%と超低金利の中、お金を増やすには、投資のスキルを身につけておくにこしたことはありません。投資のスキルを身につけ、成功できれば、大きく資産が増える可能性があります。

また、配当金や分配金で利益を得ることも。ただし、失敗したときは、資産を増やすどころか大きく減ってしまう可能性もあります。
なので、投資のスキルをまだ身につけていない、という人にぜひ知ってほしいのが、「税金を減らしてお金を増やす」という方法。

税金の知識を身につけることにより、納める税金の額をぐっと減らし、お金を増やすことができます。この方法は、リスクゼロでお金を増やすことができるので、多くの人が実践することができます。

「税金を減らしてお金を増やす」公式

株式や投資信託などでお金を増やす、いわゆる「一般的な運用によってお金を増やす方法」と、「税金を減らしてお金を増やす方法」は根本的に違っているところがあります。それは「お金を増やす公式」が違うのです。

【一般的な運用でお金を増やす方法】
収入 - 税金&社会保険料 ⇒ 手取りのお金を貯蓄+運用で増やす⇒ 資産を築く

【税金を減らしてお金を増やす方法】
収入 - 税金&社会保険料(引かれる税金分を小さくする)= 増えた手取りを積み立てる ⇒ 資産を築く

実は「引かれる部分(税金&社会保険料)」は、約4割もあります。
例えば、大卒男性の生涯賃金は約2億5000万円、大卒女性の生涯賃金は約2億円といわれていますが、そのうちの約4割は税金や社会保険料で差し引かれます。額面が約2億5000万円だとすると、約4割にあたる1億円が税金や社会保険料で差し引かれているということ。

この「引かれる部分」の割合をできる限り小さくすれば、その分のお金が、「確実」に手元に残るわけです。増えた手取り分を毎年積み重ねていけば、プチお金持ちになることは可能です。

2017年1月から加入対象者が拡大したiDeCo(個人型確定拠出年金)、自営業者の年金の上乗せ分を手助けする国民年金基金や小規模企業共済などの掛け金も「全額」が所得控除になります。

積み立てたお金は資産として築けるので、「制度」を活用して積み立てることで国からご褒美がもらえる(税金を減らしてくれる)と考えてもよいでしょう。

つまり、お金の置き場所は重要ということです。

意外に知られていない「195万円」の壁

主婦の方がパートで働く場合に気にする「103万円の壁」「106万円の壁」「150万円の壁」「201万円の壁」は有名な話ですが、大切なことなのに意外に知られていないのが「195万円の壁」。

そもそも税金は、収入にまるまるかかるわけではなく、収入からさまざまな控除を差し引いた「課税所得」に対してかかるもの。ポイントは、課税所得の金額により所得税の税率が変わるところです。

課税所得金額が195万円以下の場合、所得税率は5%、195万円超330万円以下は10%、330万円超695万円以下は20%となります。

所得税率が5%なのか、10%なのかは大きな違いですよね。5%から10%の境になる数字が「195万円」というわけです。

控除について知ることができると、課税所得が195万円を超えた場合、195万円以内にするためには、どんな控除が活用すればよいのかがわかります。

ひと昔前の時代に比べて、これからの時代は、国や会社に余力がありません。ですから、ますます個人が自立することが求められます。
お金の知識を活用することができれば、国にも会社にも頼ることなく、人生を送ることができます。

一度きりの人生、お金の知識を身につけ、それを活用し、ハッピーな人生を送りましょう。

『税金を減らしてお金持ちになるすごい! 方法』頼藤太希・高山一恵 著

多くの人にとって、税金は「納めている」とか「払わされている」というイメージが強く、「税金を減らして、お金を貯める」イメージは、なかなか湧きにくいもの。
「自分で支払った税金を取り戻す、または支払う予定の税金を少なくする」
たったこれだけのシンプルなことを行なうだけで、何百万円ものお金が貯まる。
本書では、税金を味方につけることでお金を増やす、目からウロコの運用術をわかりやすく解説。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

50歳から正社員とパート、どちらが得?

年金神奈川県 いいね 3 2015/12/06

主人は自営業で二人で国民年金を20年以上払ってきました。 
50歳になって私は正社員になり厚生年金に。主人は会社で厚生年金を始めました。
正社員といっても手取りで20万円程度で残業代もボーナ...

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私 53歳、妻 37歳 娘 小学校6年生
住居:私 賃貸マンション暮らし
職業:私 契約社員、妻 アルバイト
貯金:私 約400万円、妻 約600万円
年収:私 ...

マネー相談の続きを見る

国民年金基金か確定拠出年金か

年金広島県 いいね 3 2016/10/31

▼プロフィール
年齢:夫 48歳、私 37歳
住居:賃貸マンション
職業:夫(彼) 正社員、私 アルバイト
貯金:夫(彼) 約4000万円、私 約2500万円
年収:夫(彼) 約150...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「相続・税金・年金」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!