connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/07/15

相続・税金・年金

子どもの年金保険料で年4万円節税する方法

20歳になったらみな、国民年金に加入しなくてはなりません。国民年金に加入すると、国民年金保険料を納める必要がでてきます。とはいえ、大学生だとしたら支払いが大変ですよね。
そこで、親が子どもの年金保険料を支払うことで、節税に役立てることを提案します。どういうことか、紹介します。

国民年金保険料には学生納付特例制度もある

国民年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満の方がみな加入する年金制度です。20歳になる直前に日本年金機構から届く「国民年金資格取得届」を提出し、国民年金に加入します。国民年金に加入すると、原則毎月、国民年金保険料を払う必要があります。

とはいえ、国民年金保険料は月額1万6540円(令和2年度)。決して安くはありません。学生の場合は、収入がないか、あってもわずかな場合が多いですから、なおさらでしょう。この場合は、「学生納付特例制度」の手続きを行うと、在学中の国民年金保険料の支払いが猶予されます。

猶予された国民年金保険料は、10年以内であればさかのぼって納めること(追納)が可能です。追納すれば、国民年金保険料の納付月数が増え、将来受け取る年金額も増えると考えられます。

子どもの国民年金保険料で親が節税できる

もちろん、学生納付特例制度を利用して、本人が将来追納してもいいのですが、今回はそうではなく、親が子どもの年金保険料を支払うことを提案します。なぜなら、国民年金保険料を親が支払うことで、税金を節約することができるからです。

国税庁のホームページには「納税者が自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額について所得控除を受けることができます」とあります。今回のケースでいえば、「親が子どもの国民年金保険料を支払うと所得控除が受けられる」ということです。具体的には、社会保険料控除という控除を受けることができます。

所得控除とは、税金を計算する際に、所得から差し引くことができる金額です。所得控除できるものが多いと、その分課税される所得が少なくなるため、節税になります。社会保険料控除は所得控除のひとつです。

収入がない学生自身が国民年金保険料を納めても、節税効果はありません。また、追納するといっても、国民年金保険料は2年間で40万円ほどになりますし、追納し忘れるリスクもあります。その点、親が支払うと節税になるうえ、子どもの老後の年金確保にもつなげることができるのです。

子どもの国民年金保険料を支払ったらいくら節税できる?

社会保険料控除では、支払った社会保険料全額が控除できます。親が子供の国民年金保険料を1年間支払った場合には、19万8480円(1万6540円×12か月)(令和2年度)を所得から差し引きできます。

所得税の税率は年間の所得額によって人それぞれ変わりますが、仮に所得税率10%、住民税率10%(全国一律)とすると、

19万8480円×20%=3万9696円

ですから、4万円ほど節税できることになります。

年末調整や確定申告の際に、子どもの分の国民年金保険料控除証明書を添えて申し込みをすれば手続き完了。これで税金が節約できます。

子どもは親に国民年金保険料を返すようにしよう

これから20歳を迎え、国民年金保険料を支払うことになる方も、すでに在学中で20歳前後のお子さんをお持ちの方もいることでしょう。

どちらの場合でも、学生納付特例制度を使うのはなく、「在学中の立て替え」ということで、親が支払うことをオススメします。そうすることで、社会保険料控除を利用でき、税金が安くできるからです。
子どもは将来、親に支払ってもらった国民年金保険料を返すようにするといいでしょう。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

まとめ

日本ではお金のことを学ぶ機会があまり多くありません。20歳になって急に国民年金に加入するものだと言われて驚く方もたくさんいます。とはいえ、国民年金保険料はいずれ納めないといけないものですし、納めないと将来の年金の受給額が少なくなってしまう可能性があります。

国民年金保険料の支払いが、親子でお金のことをいっしょに考えるひとつのきっかけになるでしょう。該当する方はぜひ節税メリットを生かしてください。

高山 一恵 (株)Money&You取締役/ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、1級FP技能士
慶應義塾大学卒業。2005年に女性向けFPオフィス、(株)エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めたのち、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(河出書房新社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。twitter→@takayamakazue

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

50歳から正社員とパート、どちらが得?

年金神奈川県 いいね 3 2015/12/06

主人は自営業で二人で国民年金を20年以上払ってきました。 
50歳になって私は正社員になり厚生年金に。主人は会社で厚生年金を始めました。
正社員といっても手取りで20万円程度で残業代もボーナ...

マネー相談の続きを見る

国民年金基金か確定拠出年金か

年金広島県 いいね 3 2016/10/31

▼プロフィール
年齢:夫 48歳、私 37歳
住居:賃貸マンション
職業:夫(彼) 正社員、私 アルバイト
貯金:夫(彼) 約4000万円、私 約2500万円
年収:夫(彼) 約150...

マネー相談の続きを見る

▼プロフィール
年齢:私 53歳、妻 37歳 娘 小学校6年生
住居:私 賃貸マンション暮らし
職業:私 契約社員、妻 アルバイト
貯金:私 約400万円、妻 約600万円
年収:私 ...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ