connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/12/28

カード・ローン

d払いをお得に使うなら「dカード」は必須! ドコモユーザーならdカード GOLDを選ぶべき

キャッシュレスで買い物や支払いができるNTTドコモの「d払い」。
このd払いのメリットを最大限に引き出してくれるクレジットカードが「dカード」・「dカード GOLD」です。NTTドコモのユーザーはもちろん、そうでなくてもお得なdカード・dカード GOLDの魅力に迫ります。

d払い+dカード・dカード GOLDのポイント「二重取り」がお得!

d払いは、街のお店やオンラインショップでの支払いがかんたんにできるキャッシュレス決済サービス。スマホに表示したQRコードをお店で読み取ってもらったり、お店のQRコードを読み取ったりするだけで買い物ができます。

d払いで決済すると、dポイントというポイントがもらえます。街のお店では税込200円ごとに1ポイント、オンラインショップでは税込100円ごとに1ポイントが貯まります。dポイントは1ポイント=1円で使えますから、還元率でいうと、0.5%〜1%といえます。なお、dポイントをためるには「dアカウント」が必要ですが、これはドコモユーザーに限らず誰でも無料で作れます。

d払いの代金の支払い方法には、月々の携帯料金と一緒に支払う「電話料金合算払い」、銀行やコンビニなどでチャージした残高で支払う「口座払い」、そしてクレジットカードで後から支払う「クレジットカード払い」の3種類があります。

この3つの支払い方法のなかでもっともお得なのが、dカード・dカード GOLDを利用したクレジットカード払いなのです。

dカード・dカード GOLDは、NTTドコモのクレジットカード。支払いに使うと100円(税込)につきdポイントを1ポイント貯めることができます。
このdカード・dカード GOLDをd払いに組み合わせると、街のお店では200円(税込)で3ポイント、オンラインショップでは100円(税込)で2ポイントのdポイントをためることができるようになります。つまり、dポイントの「二重取り」によって、還元率を1.5%〜2%にできるのです。

他のクレジットカードを登録しても、二重取りは可能です。しかしその場合貯まるポイントは、d払いのdポイントと、登録したクレジットカードのポイントという具合に、別のポイントになってしまいます。これではまとめて使いにくいでしょう。
その点、dカード・dカード GOLDならば、ポイントをdポイントに集約できますので、効率よくdポイントがためられますし、まとめて使いやすいですね。

 

dカード・dカード GOLDをぜひ使うべきお店をチェック!

dカード・dカード GOLDのメリットは、d払いで活用すること以外にもあります。実は、dカード・dカード GOLDを使うとよりお得になるお店は、身近にたくさんあることをご存じでしょうか。

まずはコンビニエンスストアのローソン。dカード・dカード GOLDを提示するだけで100円(税抜)ごとに1%のdポイント還元が受けられます。しかも、dカードで決済すればさらに1%のdポイント還元が受けられる上に、請求金額が3%オフ。つまり、100円(税抜)ごとに税抜金額の最大5%もお得になるのです。普段から5%お得になるサービスは、なかなかないと思います。

同様に、ドラッグストアのマツモトキヨシもお得です。マツモトキヨシはdカード特約店のひとつ。dカード・dカード GOLDを提示するだけで100円(税抜)ごとに1%のdポイントがたまります。決済するとさらに1%+特約店ポイント2%もたまるため、合計で100円(税抜)ごとに税抜金額の最大4%たまることになります。なおこのとき、マツモトキヨシのポイントカードを提示すれば、100円(税抜)ごとに1ポイントのマツキヨポイントももらえます。1回の買い物でずいぶんいろいろつくなぁ、という印象です。

特約店はほかにもENEOS、JAL、三越伊勢丹、タワーレコード、紀伊国屋書店、サカイ引越センターなど多数。こうした店舗で利用すると、通常よりもdポイントが多く受け取れます。

こうしたお店であれば、現金よりもdカード・dカード GOLDのほうがずっとお得。dカード・dカード GOLDを使う人と使わない人の差は、少しずつ、確実に開いていくことになるでしょう。

ドコモユーザーならdカード GOLDを選ぶべき!

ここまでdカード・dカード GOLD共通のメリットを紹介してきました。「dカードとdカード GOLD、どっちがいいだろう?」という方のために、dカード GOLDについても触れておきたいと思います。

dカード GOLDは文字どおり、dカードの上位カードです。いわゆるゴールドカードですね。
dカードは年会費無料ですが、dカード GOLDの年会費は初年度から1万円(税抜)となっています。しかし、dカード GOLDにはそれを補ってあまりあるメリットがあるのです。

もっとも注目すべきなのは、毎月のドコモの携帯料金・ドコモ光の利用料金1000円(税抜)ごとに100ポイントのdポイントがもらえること。たとえば、毎月ドコモの携帯料金・ドコモ光の利用料金を1万円ずつ支払っている場合、dポイントが1年間で1万2000ポイントもらえることになります。
個人で携帯とネットをセットで契約している場合や、家族でシェアパックを契約している場合などは、毎月の利用料金が1万円以上になることも多いはず。この場合、年会費分の元を十分取ることができるでしょう。

また、ドコモで購入された携帯端末の紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)があった場合、購入後3年以内であれば、同一機種・同一カラーの端末をdカード GOLDで購入することで最大10万円まで端末代を補償してくれます。

さらに、旅行時にも安心。最大1億円の海外旅行保険、最大5000万円の国内旅行保険がついてくるうえ、国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料で利用できます。

利用代金の還元や端末代の補償のメリットを考えると、ドコモユーザーならばdカード GOLDを選ぶべきでしょう。

まとめ

dカード・dカード GOLDのメリットを紹介してきました。d払いと一緒に使ってお得なのはもちろん、普段使いのクレジットカードとしてもメリットの多いカードだとお分りいただけたと思います。

今なら、入会・エントリー・利用によって、dカード GOLDでは最大1万5000円分、dカードでは最大8000円分のキャッシュバックが受けられるとのこと。この機会にぜひ、試してみてください。

 

畠山 憲一 Mocha編集長

1979年東京生まれ、埼玉育ち。大学卒業後、経済のことをまったく知らないままマネー本を扱う編集プロダクション・出版社に勤務。そこでゼロから学びつつ十余年にわたり書籍・ムック・雑誌記事などの作成に携わる。その経験を生かし、マネー初心者がわからないところ・つまずきやすいところをやさしく解説することを得意にしている。
2018年より現職。夢はMochaを通してお金に困る人をなくすこと。趣味はランニング。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、私は32歳の主婦です。2人の子供がいます。
今冬に新車の購入を考えているのですが、ローン購入か現金一括購入かで悩んでいます。
貯蓄は500万程度で、購入を検討している車は300...

マネー相談の続きを見る

マイホームが先か、車の購入が先か悩んでいます

不動産・ローン福岡県 いいね 5 2015/07/29

マイホームを先に購入するか、車を購入するか悩んでいます。
当初、2年後に車を購入、5年後にマイホームの購入を考えていました。そのため、車買い替えの頭金100万を準備するために、積み立てをしてい...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ