connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

18/06/13

資産運用・経済

銀行?証券会社?NISA(つみたてNISA)はどこで運用するべき?

この記事は『1000円から増やす積み立て投資術』(standards)からの内容を抜粋したものになります。

※以下、書籍より抜粋

将来的に株式投資をしたいなら証券会社

NISA口座はネット・店舗の証券会社に加え、銀行やネット銀行、信用金庫などで開設できます。
積み立て投資ができる投資信託は、ほぼすべての金融機関にあります。ここでは、口座選びのその他のポイントをまとめます。

まず、投資信託の販売手数料は投資信託ごとに違います。なかには、同じ投資信託でも証券会社によって販売手数料が異なる場合もあります。なるべく、販売手数料無料(ノーロード)の投資信託を多く扱う会社を選びましょう。

それから、給与振込口座から自動で引き落としてくれる積み立てサービスを利用すると、投資の手間をさらに減らせるでしょう。

また、NISA口座では株を買えると説明しましたが、銀行や信用金庫では買えません。将来、株も買いたい方は、証券会社を選んだほうが無難でしょう。株の売買手数料は一般的にネット証券のほうが安価です。

口座開設時にお得なキャンペーンをしているところもあります。これらを利用するのもひとつの手です。

まとめ

積み立て投資はほぼどの金融機関でも可能。そのうえで販売手数料、給与振込口座からの自動引き落とし、株購入の有無を比較して決めよう。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

高山 一恵 (株)Money&You取締役/ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、1級FP技能士
慶應義塾大学卒業。2005年に女性向けFPオフィス、(株)エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めたのち、現職へ。全国で講演・執筆活動・相談業務を行い女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。著書は「年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣」(河出書房新社)、「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)など多数。FP Cafe運営者

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

この記事のライターの記事

「資産運用・経済」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!