connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

16/03/15

家計・ライフ

知らないのはもったいない!自分でできる定年までに貯めたい老後資金の計算法

3月12日(土)、株式会社Money&You取締役の高山一恵と株式会社Cras代表の前野彩さんの、ファイナンシャルプランナー二人による女性限定セミナー「プチリッチな老後生活を送るための 貯め方&増やし方」を開催しました!

今回は、関西を中心に活躍し男女問わず大人気のFP前野彩さんのパート「知らないのはもったいない!自分でできる定年までに貯めたい老後資金の計算法」をレポートします。

「女性の年金・老後環境」「自分に必要な老後資金の計算」「賢い手取りの増やし方」の3つのポイントに分けてお話ししていただきました。女性が自分に責任を持って、楽しい老後人生を歩むためには、自分たちの頭で確認しておく必要があります。

女性の年金・老後環境の確認

「いつになったら年金はもらえるのか」「いくらもらえるのか」をリアルな数字をもとに解説。老後の年金を受け取るためには、最低限必要な年金加入期間は25年。でも消費税が10%になったら、最低10年の加入で受け取れることに。ただし、勘違いしてはいけないのは、40年間国民年金保険料を納めた場合にもらえる金額(2016年3月時点では年額78万円)が受け取れるわけではないということ。年金は65歳から受け取れます。男性と女性の「厚生年金と国民年金」「国民年金のみ」の受け取り平均額もわかりやすく表で示していました。

次に、シニアの生活実態の分析。「2人以上世帯」と「単身者」に分けて、リアルな数字をもとに解説。持ち家比率は、「2人以上世帯」が9割以上、「単身者」では7〜8割という結果が出ています。

自分に必要な老後資金を計算しよう!

「定年までに必要な老後資金を自分で計算しよう」ということで、前野彩さんの著書「本気で家計を変えたいあなたへ」(日本経済新聞出版社)にも掲載されているワークシートをもとに、参加者それぞれが自分の老後資金を計算しました。

参加者の皆さんは、老後の生活に必要な額を試算する考え方をわかりやすく教えてもらい、具体的な数字が目の前に出てきたことで、漠然とした老後不安が払拭された方が多かったようです。支出の数字が多いためか、参加者の中には「毎月こんなに積み立てなきゃいけないの〜、大変(泣)」という声も。

ワークシートで計算してみたいと思った方は是非書籍を購入してくださいね。

賢い手取りの増やし方

公的な保障や会社の保障をうまく活用し、その上で足りないものは個人的に貯蓄や保険で対応していくという考え方。公的保障や会社の保障を紹介。

公的な保障には、国民年金や厚生年金をはじめ、健康保険、労災保険、雇用保険などがあります。高額療養費制度や出産手当金などはぜひ活用したいところ。会社の保障には、付加給付(高額療養費・傷病手当金など)や団体定期保険があります。

ワークシートで計算した、老後資金に必要な毎月の積立金額。効率よく積み立てるならば、非課税となる制度を使わない手はありません。非課税制度はいくつかありますが、老後資金準備に「確定拠出年金」が必須。確定拠出年金については、高山一恵さんのパートで詳しく解説がありますと、バトンもしっかりと繋いでいただけました。

最後に、“お金の不安をなくすには「向き合うこと」”とメッセージがあり締めくくられました。

講師プロフィール

前野彩 株式会社Cras代表取締役
ファイナンシャルプランナー(CFPⓇ)、1級FP技能士 中学校と高校の保健室の先生から転身した異色のファイナンシャル・プランナー。自らの住宅ローンと保険の見直しで合計1800万円を浮かせた経験から、「聞けば得トク、知らなきゃソンするFPの知恵」を合言葉に、楽しくお金を使う方法を語る。書籍は6冊を超え、テレビや雑誌でも活躍。

セミナー後半のレポートはこちら↓↓↓


Zuu onlineの取材記事はこちら

Womantypeの取材記事はこちら

Money&You マネーアンドユー

株式会社Money&Youは、「お金と向き合う。」を サポートし日本を元気にする!を理念に、書籍、各種メディア、講演、相談など様々なチャネルを通して、個人がお金の知性を高めるサポートに注力している会社。数十名のファイナンシャルプランナーを擁し、女性向けお金の総合相談サイト「FP Cafe」や、女性向けマネーメディア「Mocha」などを運営。金融に特化したコンテンツの企画、制作、デザイン、コーディング、執筆、分析、アドバイザリー、フィデューシャリーデューティ対応サポートを行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「家計・ライフ」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!