connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

16/02/23

相続・税金・年金

よりよく、自分らしく生きるためのノート「エンディングノート」

自分らしく生きるためのノート「エンディングノート」

最近、「エンディングノート」というワードをよく聞くようになりましたが、そもそもエンディングノートとは一体何なのでしょうか。

エンディングノートとは、終わりを迎える準備をするために、今までの人生を振り返り見つめ直し、これからの人生をより自分らしく生きるための、記録をするものです。

エンディングプランを作ってみる

エンディングプランは、終末期を迎えるに当たってこれまでの人生を振り返り、現在の自分について伝えておきたいこと、そしてこれからどう生きていきたいかを整理しておくことです。

・小さいときのことや、大人になってから今までの自分の人生で心に残ったこと
・今の体の状態
・詳しい財産の情報とそれを譲りたい人
・なにもわからなくなったときの医療の対応
・お葬式やお墓についての希望
・大切な人へのメッセージ
・これから自分はどんな風に生きたいか

これらをゆっくり丁寧に考えることはネガティブなことではありません。しっかりと整理しておくことで、これからの人生を心穏やかに過ごしていけます。

自由に書け、いつでも書き直せる

エンディングノートは形式や内容に決まりはありません。好きなタイミングに自由に書いて、いつでも変更することができます。

ただ、残された人が読んだときに穏やかな気持ちになり、ありがとうと思えるような、そんな内容にするのが最低限の決まりだとは思います。

エンディングは誰でも必ずやって来るもの。自分のエンディングを書くことは勇気がいりますが、これからをよりよく生きるためのものだと考えると、気持ちが楽になるのではないでしょうか。少しずつでいいので書いてみてはいかがでしょう。違う毎日が見えてくるかもしれないですよ。

小野 みゆき 中高年女性のお金のホームドクター

社会保険労務士・CFP®・1級DCプランナー
企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事務所で不動産・法人・相続登記業務を経験。生命保険・損害保険の代理店と保険会社を経て2014年にレディゴ社会保険労務士・FP事務所を開業。セミナー講師、執筆などを中心に活躍中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

50歳から正社員とパート、どちらが得?

年金神奈川県 いいね 3 2015/12/06

主人は自営業で二人で国民年金を20年以上払ってきました。 
50歳になって私は正社員になり厚生年金に。主人は会社で厚生年金を始めました。
正社員といっても手取りで20万円程度で残業代もボーナ...

マネー相談の続きを見る

国民年金基金か確定拠出年金か

年金広島県 いいね 3 2016/10/31

▼プロフィール
年齢:夫 48歳、私 37歳
住居:賃貸マンション
職業:夫(彼) 正社員、私 アルバイト
貯金:夫(彼) 約4000万円、私 約2500万円
年収:夫(彼) 約150...

マネー相談の続きを見る

遺産相続についての質問です
父母も高齢になって来て不謹慎ですがそろそろ遺産などについても考えなければと思っているのですが、実は私の6歳上になる兄と私(妹)の仲がとても悪いのが懸念材料です。以前...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ