connecting…

  • つみたてNISA
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/08/20

家計・ライフ

写真、動画、SNS、ネット銀行・証券の口座…故人のデジタル遺品の処理はどうすべき?

故人のスマホやパソコンの中にあるデジタルデータの取り扱いをめぐる相談が最近増えているそうです。確かに見られたくない情報もあるでしょうし、パスワードなどによってアクセスできなくなる問題もあるでしょう。
そこで、クロスメディア・パブリリッシング「まるわかり!もしもの時の手続き・相続完全ガイド」(野谷邦宏著)より、故人のデジタルデータの処理のポイントを紹介します。

***

スマートフォンなどの普及により近年増えつつある相談が、故人がのこしたデジタルデータなどの取り扱いについてです。
故人がのこしたスマートフォン内のデータやSNSのアカウント、ネット銀行の口座などのデジタルデータを総称してデジタル遺品と呼んでいます。具体的には、以下のようなものです。

【デジタル遺品に該当するもの】
・写真データ・動画
・SNSのアカウント
・ネット銀行・ネット証券の口座
・スマートフォンに残されている故人の友人や関係者の連絡先
・パソコンのハードディスクに保管されている画像や文章

では、デジタル遺品はどのように取り扱うべきなのでしょうか。

デジタル遺品におけるトラブル

故人がネット銀行の口座を持っていた場合や、ネット証券で株やFXなどの取引を行っていた場合、それらの口座にある現金や株式は全て相続財産になります。
しかし、ネット銀行やネット証券などは取引がインターネット上で完結することがほとんどであるため、のこされた家族がその口座の存在を把握できないことが多いのが実情です。
また、パソコンやスマートフォンのパスワードがわからない場合には、どのようなデジタル遺品が存在しているのかも把握することができません。こうなった場合には、パソコンの専門家などに依頼し、パソコンのパスワードを解除してもらう必要があります。

生前の準備が大切

こういったトラブルを防ぐためには、生前に家族内で口座の存在やパスワードについて共有しておくことが重要です。エンディングノートや遺言書に、パソコンやスマートフォンのパスワードや、ネット銀行の口座や連絡先などを記載しておくと、のこされた家族にとって、大いに助かります。

なお、遺言書やエンディングノート、メモ帳などにデジタル遺品を記載する場合、ネット銀行・ネット証券の会社名・口座名などを記載するだけで遺族は相続手続きが可能です。パスワードの記載は必要最小限に抑えましょう。
もしスマートフォンやアプリのパスワードを遺言書などに記載する必要がある場合、事前にパスワードが外部に知られることを防ぐため、封印をする、貸金庫などに保管するなど、情報が流出しないように注意しましょう。弁護士・司法書士・行政書士などの預かり業務を行っている専門家に存命中の保管を依頼する方法もあります。また、法務局による「自筆証書遺言の保管制度」の利用を検討してもいいでしょう。

近年、デジタル遺品に対応する企業も出てきました。相続人がアカウントを引き継いで管理できる機能が追加できたり、故人の知人にお別れメッセージを送信できたりと、さまざまです。データ消去や機器の処分まで対応できる会社もあります。しかし、本人にとっては、家族が見ていいデータと見てほしくないデータがあることは事実です。これは、本人にしか選別できません。残しておきたい写真などの大事なデータは、普段から家族で共有する、パスワードは書き残しておくなどの対応を考えておきたいものです。

必要のないデジタル遺品の処分方法

デジタル遺品は、パソコンやスマートフォンなどに保管されていることがほとんどです。どれだけ膨大なデータであったとしても物理的には場所を取らないということもあり、のこされた家族もデータを処分することなく、そのまま放置しているケースが非常に多いと言えます。
しかし、データが場所を取らないからといって、そのまま放置していてもいいというわけではありません。場合によっては、デジタル遺品にのこされたデータから個人情報が流出することもあります。必要のないデジタル遺品についてはデータをきちんと処分できる専門家に相談し、必要のないデータを削除しておくことが必要です。

まとめ

デジタル遺品に関しては、パスワードを知らない遺族からの承継手続きの制度は整備されていないのが現状です。遺言書やエンディングノートなどに書き残しつつ、生前に情報漏洩しないよう保管をすることが大切です。

『まるわかり!もしもの時の手続き・相続完全ガイド』
野谷邦宏 著

『まるわかり!もしもの時の手続き・相続完全ガイド』(クロスメディア・パブリッシング)

身近な人にお別れが来ると何から手をつけていいかわからない状態になってしまいます。また、その時がくるとやらなければいけないことが多くあります。
本書は、そんな時の手続きの基本から相続のノウハウまでを描く専門家が徹底解説したマニュアル本です。

Mocha編集部 モカ編集部

『Mocha(モカ)』では、ひとりでも多くの女性がお金の知性を身につけ、自分らしい人生を送れるよう、マネーやキャリアに関する、旬な話題、著名人のインタビュー、お得な情報などを独自視点でお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5
2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1
2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ