connecting…

  • 短時間でお金の知性アップ
  • ふるさと納税
  • 投資女子への道
  • 確定拠出年金
  • マネラジ。
  • トレンドスポット
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • ファイナンシャルプランナー高山一恵のマネー&キャリアレッスン
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 超初心者でもわかるお金の授業
  • 恋株
  • セミナーレポート

16/06/21

資産運用・経済

NISA使ってる? 「非課税投資」を最大限に活用しよう

投資初心者の方からの質問で多いのがが、「NISAって何?」。
制度開始から3年目に入った今でも、言葉だけは聞いたことがあるのだけれども、内容をよく知らない人が、まだまだいらっしゃるようです。
2016年1月からは投資額が100万円から120万円へ増額されるなど、早くも制度改正が行われていますし、この機会に一から同制度を整理してみましょう。



最大600万円の、投資額が非課税に

2014年1月にスタートしたNISA(ニーサ)。
正式名称は「少額投資非課税制度」。名前の通り、一定の投資額に対して得た利益が、非課税になる制度です。2013年に終わった証券優遇税制(税率10%)と、スイッチする形で施行されたものです。
投資額は1年につき上限120万円。最長5年間、非課税枠として、使うことができます。スタート当時は年間上限が100万円だったのですが、2016年1月から、120万円に改正されました。
話は戻りますが、満額を使うとなると、120万円×5年間で、600万円の投資原資に対して、どれほど利益を得たとしても、税金がかからない、という仕組みです。
そもそも株や投資信託の売却益、配当や分配金には20.315%の税金がかかります。ですので、儲けた利益が仮に20万円だとすると、40,630円の税金が引かれて、残りの159,370円が手元に残る仕組みです。しかしNISAを使うと、20万円がそのまま手元に入るわけですから、投資家にとってはうれしい制度だと言えるのです。

NISA口座の作り方

NISAを始めるには、まず通常の証券口座を持つ必要があります。どこの証券会社で通常の口座をつくるのがおススメかと言うと、ズバリ「ネット証券」です。
店頭での証券会社の場合は、売買手数料が高いのでオススメはできません。さらに銀行で投資信託をされている方などは、あまりご存じないかもしれませんが、手数料が高いことに加え、商品ラインナップが至極少ない為、オススメできません。
一部、NISA口座用に手数料を無料にする商品などもありますが、販売会社の系列運用会社の商品に限られるなど、選択肢の幅は、ネット証券に比べて明らかに少ないのが現実です。

さて、通常の証券口座を作ったら、次はNISA口座を開設します。各証券会社のホームページに「NISA口座開設」の案内がありますが、基本的には「NISA口座申込書」「住民票の写し」「マイナンバー」の提出になります。ネット証券会社が代行で、役所に住民票の請求をするサービスもあり、その場合は「委任状」をネット証券会社に提出しますが、自身で取り付けるよりも1か月ほど余分に時間がかかりますので、早くに取引を始められたい方は、ご自身で住民票を取り寄せる方がよいでしょう。

商品選択は、長期運用のものを

いよいよ取引開始、の前に、商品選定について考えてみましょう。 NISA口座での運用商品は、国内外の株式、投資信託、積立投信、ETF(上場投信)、REIT(上場不動産投信)になります。商品の中で、どれを取って、損か得か、という事はありませんが、運用期間をできるだけ長く活用したほうが良いという事は、断言できます。
ある投資信託を3年間、毎年120万円分購入したとします。3年間のNISA枠は120万円×3年で、合計360万円。3年目の途中で投資元本120万円だけ売却したとすると、240万円がNISA口座の残高になります。この時3年間の枠は360万円だから120万円の枠が空いたと思うかもしれませんが、1年間の投資上限120万円は既に使用しており、売却したとしても枠は復活しないのです。あくまで、「投資上限」が、5年間で600万円ですから、短期で売買してしまう運用には、もったいない制度と言えます。
ですので、長期に渡る運用商品、例えば積立投信や、REITの運用などに、向いていると言えます。

もともと英国の「ISA(個人貯蓄口座)」を基に作られたものがNISAですが、本国のものに対して運用期間が決められていたり、金融商品に預貯金が入っていなかったりなど、まだまだ改善の余地があるのも事実です。
だからと言って、せっかくの制度を使わない手はありません。まずは始めてみて、非課税の恩恵をしっかり手にしましょう。

【関連記事もチェック】
必ずトクする! 三大優遇税制のおいしいいただき方
シングル女性が不動産購入をした方がよい2つの理由
【鉄則】資産運用を始める前に決めておくべきこと3つ
【短時間でお金の知性アップ】知っておきたい税金の基本知識
利益を最大限に受け取れるNISAを活用しよう! オススメの証券会社は〇〇

Profile sasakiaiko

佐々木 愛子 輝ける女性を全力で応援するFP

ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅱ種、相続診断士
国内外の保険会社で8年以上営業を経験。リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中心に500世帯以上と契約を結ぶ。FPとして独立し、販売から相談業務へ移行。10代のうちから金融、経済について学ぶ大切さを訴え活動中。
FP Cafe登録パートナー

M 063

この記事が気に入ったら
いいね!しよう