connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

18/09/21

トレンド

身体を温める食事と冷ます食事、どちらがあなたの身体に良い?

暑い夏が終わり、少しずつ秋の足音が近づいてきました。そろそろ夏の疲れが出始めるころではないでしょうか。

「夏のあいだは、食欲がなくてバランスの良い食事ができなかった」という人は、秋に体調を崩す可能性があります。しかし、今からでも改善することができます。これからは、秋のおいしい食べ物を中心に、あなたの体質に合わせた食べ物を選んでいきましょう。今回は、体質の調べ方や、体質に合わせた食べ物をご紹介します。

漢方では熱証(ねっしょう)と寒証(かんしょう)で症状を判断する

漢方では、いろいろな方法で体調不良の原因を判断します。その中のひとつに「熱証」「寒証」を見極める方法があります。簡単にいうと熱証は暑がりの人で、寒証は寒がりの人です。

また、食べ物は「身体を温める食べ物」「冷やす食べ物」「どちらでもない食べ物」の3つに分かれています。熱証の人には、身体を冷やす食べ物が必要です。逆に寒証の人には、身体を温める食べ物が必要です。その人の体質に合わせて食べ物を選ばないと、体調不良の原因にもつながるとされています。

・あなたは熱証・寒証のどちらのタイプ?

どのような体質の人が「熱証」「寒証」なのでしょうか。以下の項目で、あなたに当てはまるのはどちらでしょうか。チェックしてみましょう。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?
熱証・寒証、どちらのタイプに当てはまる人もいます。このような人は、当てはまる項目が多いタイプを選びます。また、どちらにも当てはまらない人もいます。このような方は、はっきりと自分の症状に気が付いていないことが考えられます。

ちなみに、たとえば風邪を引いて体温が高い場合は、熱証ではありません。あくまでも、自分で身体が熱いと感じる場合、または他人が見て顔が赤いといった場合、熱証だと考えます。

あなたが必要なのは身体を温める食べ物?冷ます食べ物?

漢方の考え方では、食べ物を「温性」「涼性」「平性」の3つに分けます。
温性は身体を温める食べ物、涼性は身体を冷やす食べ物、平性はどちらでもない食べ物を意味します。
暑がりの人(熱証)に必要な食べ物は涼性です。逆に、寒がりの人(寒証)に必要な食べ物は温性です。その両方にあてまらない平性の食べ物は、熱証の方も寒証の方も食べて構いません。栄養バランスを整えるのに役立ちます。

これから、秋に向けておいしい食べ物が増えます。そんな中から、あなたの体質に合った食べ物を選んでいきましょう。

●「熱証」の方におすすめの食べ物(涼性)

野菜では、大根・レンコンがおすすめです。そのほか、アサリ・シミジといった貝類も身体を冷やします。
例えば、大根とアサリをいれた味噌汁がいいでしょう。大根は、身体を冷やすだけでなく、消化を促進するので、胃の不調やお腹のはりにも効果が期待できます。また、シジミは口の渇きを潤すだけでなく、二日酔いにも効果があります。

○「寒証」の方におすすめの食べ物(温性)

野菜では、かぼちゃ・栗がいいでしょう。また、鶏肉・羊肉といった肉類も効果的です。
例えば、かぼちゃの煮物や栗ご飯はいかがでしょうか。かぼちゃは、身体を温めるだけでなく、身体のむくみや便秘に効果が期待できます。また、栗は身体の血行を良くするので、疲れや足腰のだるさの改善にも役立つと考えられます。
鶏肉や羊肉は、食欲がないときや疲れやすいときにおすすめです。体力を改善させてくれます。

また、熱証・寒証、どちらの方にもおすすめなのが平性の食べ物です。
秋が旬の食べ物でいえば、白ごま、白きくらげなどがあります。これらは肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えてくれます。漢方では、秋は空気が乾燥しやすい季節だと考えられているので、女性にはとくにおすすめの食材です。

漢方といえば、漢方薬を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、それだけではありません。漢方では、体調を整えるためには漢方薬を飲むだけでなく、食事や生活習慣を整えることも大切だと考えています。

まずは、自分の体質に合わせた食べ物を選び、リフレッシュしましょう。また、自分の体質がよくわからないという方は、漢方専門の医師や薬剤師に相談してみるといいでしょう。

多田 有紀 漢方・薬膳ライター

医療機関・調剤薬局に医療事務として勤務中に、体調を崩したことがきっかけで漢方の魅力に引き込まれる。その後、漢方スクールに通い、日本漢方養生学協会の漢方スタイリストに合格。現在は、漢方薬局などで漢方専門の知識を活かした記事を執筆中。多くの方に漢方の魅力を伝えるべく活動している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ