connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/05/06

資産運用・経済

SBI証券のiDeCo(イデコ)で買うなら…お金のプロが選ぶおすすめ商品ランキングベスト5

SBI証券のiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は口座管理手数料が安く、商品のラインナップも充実しています。
しかし、実際に始めようとすると「どの商品を選べばいいかわからない」「どうやって組み合わせればいいかわからない」などと、悩みがでてくるものです。

今回は、iDeCoや投資信託選びの著書もあるマネーコンサルタント・頼藤太希さんが選んだ、SBI証券のiDeCoおすすめの商品をランキング形式で5本紹介します!SBI証券でiDeCoを始める方は、ぜひ参考にしてください。

●教えてくれたのは…

頼藤太希さん
Money&You代表取締役/マネーコンサルタント
慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、など著書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。

SBI証券のiDeCo(イデコ)5つの特徴

SBI証券のiDeCoには、大きく次の5つの特徴があります。

●SBI証券のiDeCoの特徴1:口座管理手数料が業界最安

SBI証券はなんと、iDeCoを業界最安でスタートできる金融機関です。

iDeCoでは毎月、口座管理手数料がかかります。口座管理手数料の支払い先は、大きく次の3つがあります。
・国民年金基金連合会…月105円
・信託銀行…月66円
・金融機関(運営管理手数料)

国民年金基金連合会と信託銀行への手数料は、どの金融機関でも同じで、必ずかかります。しかし、金融機関への運営管理手数料は、金融機関ごとに異なります。SBI証券の運営管理手数料が0円ですので、業界最安でiDeCoができる、というわけです。

「月数百円の運営管理手数料も、1年支払えば数千円、数十年支払えば10万円以上になるでしょう。それだけの運営管理手数料をとる金融機関が多い中で、無料はうれしいですね」(頼藤太希さん)

●SBI証券のiDeCoの特徴2:2つのプランがある

SBI証券のiDeCoには、オリジナルプランとセレクトプランがあります。
オリジナルプランは、SBI証券のiDeCoがスタートした2005年から15年以上の運用実績があるプランです。それに対して、セレクトプランは2018年11月にスタートした比較的新しいプランです。

実はオリジナルプランは以前、全部で67本もの商品を扱っていました。しかし、法改正によってiDeCoの商品数を35本に絞ることになったのです(2023年までに一部商品が除外されます)。
そこでSBI証券では、既存のオリジナルプランの本数を絞って残すと同時に、セレクトプランを新たに用意して、2つのプランで運用できるようにしているのです。

オリジナルプランとセレクトプランでは、商品のラインナップが異なります。以下、表にまとめましたので具体的に見てみましょう。なお、オリジナルプランの商品数には除外・除外予定の商品は含まれていません。

・オリジナルプラン

・セレクトプラン

元本確保型の定期預金1本を含め、オリジナルプランでは38本、セレクトプランでは37本の商品を扱っています。全体的に、国内・先進国の株式型の投資信託が多い印象ですが、その他の資産やバランス型の投資信託もひととおり網羅しています。

注目すべきはオリジナルプラン・セレクトプランの信託報酬の違い。先進国株式型や新興国株式型、バランス型といった、比較的よく選ばれる資産の商品で比較すると、セレクトプランのほうが総じて信託報酬が安く設定されています。

「iDeCoは数十年にわたる投資になるため、信託報酬が安い投資信託を選ぶのが大切です。これからSBI証券でiDeCoをスタートするなら、セレクトプランのほうがおすすめです」(頼藤太希さん)

●SBI証券のiDeCoの特徴3:加入者数No.1

SBI証券によると、SBI証券のiDeCo加入者数は業界第1位(2019年9月現在、SBI証券調べ)。証券会社のみならず、すべての運営管理機関のなかでトップとのこと。それだけ、多くの人に選ばれているというわけです。

「2005年からスタートしてすでに15年以上続いている安心感や、手数料が安いことがその要因ではないでしょうか」(頼藤太希さん)

●SBI証券のiDeCoの特徴4:商品選びに使える「SBI-iDeCoロボ」

SBI-iDeCoロボは、商品選びに迷ったときにサポートしてくれるツールです。年齢、投資経験、運用結果のイメージなど、いくつかの簡単な質問に答えるだけで、オススメの投資スタイルや商品などを教えてくれます。

「運用スタイルは元本確保派から積極派までの6種類で診断されます。あとは投資をしたい資産を選べば、条件に当てはまる商品がわかります。そこから、詳細情報の画面に移り、購入することもできます。誰でも無料で診断できるので、試してみるといいでしょう」(頼藤太希さん)

●SBI証券のiDeCoの特徴5:AIチャットで問い合わせ可能

SBI証券のiDeCoのコールセンターの受付時間は平日および土曜日、日曜日の8時〜17時となっています(年末年始、祝日を除く/土曜日・日曜日は新規の問い合わせのみ)。

とはいえ、受付時間外に気になることがでてくることもあるかもしれません。そんなときには、24時間365日利用可能な「チャットサポート」が便利です。質問を入力したり、画面の指示にしたがって操作したりするだけで、目的の回答にたどり着けるでしょう。

「電話だけでなく、チャットで不明点をいつでも確認できるのは便利ですね。iDeCoのしくみは少々複雑なので、サポートが充実していると安心です」(頼藤太希さん)

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

iDeCoの投資信託選び 6つの基準

iDeCoで投資信託を選ぶ場合の基準について、頼藤太希さんに教えてもらいました。以下その内容をかいつまんでまとめます。

●基準1:インデックス型・バランス型なら純資産総額は大きいほうがいい

・投資信託が効率よく運用をするには、ある程度以上の規模が必要
・純資産総額が低いままだったり、減少が相次いでいたりする投資信託の場合、途中で運用を中止する「繰上償還」が行われてしまう可能性も
・アクティブ型の場合は、純資産総額が適切なサイズであるかがポイント

●基準2:信託報酬は安いほどいい

・ほんのわずかの差でも、数十年にわたる運用を行うと、数十万円単位の差になる可能性もあるのでなるべくこだわりたい

●基準3:指標は広く投資するものがいい

・たとえば、日経平均株価の対象は225銘柄だが、TOPIX(東証株価指数)は東証1部の2000銘柄以上が対象。なるべく広く投資する商品のほうが分散効果が高いと考えられる

●基準4:運用成績は中長期で順調に伸びているものがいい

・純資産総額に加えて、基準価額も右肩上がりが望ましい

●基準5:同ジャンル・同カテゴリではシャープレシオは高いほうがいい

・シャープレシオは「リスクに見合った利益が得られているか」を表す指標。値が大きいほど効率よく運用できていることを示す
・同ジャンル・同カテゴリの投資信託を比較する際にチェック

●基準6:インデックス型を選ぶ際、トラッキングエラーは小さいほどいい

・トラッキングエラーは、ベンチマークと投資信託の値動きの差を数値で表したもの。数字が小さいほど、ベンチマークと連動していることを表す


頼藤太希さんに、SBI証券で購入可能なiDeCoの商品の中から、おすすめの商品をランキング形式で5本、セレクトプラン・オリジナルプランの順にそれぞれ挙げてもらいました。

SBI証券のiDeCoおすすめ商品ランキングベスト5【セレクトプラン】

金額や手数料率は2020年4月27日現在のものとなっています。

●5位:セゾン資産形成の達人ファンド

純資産総額:838.73億円
基準価額:19672円
信託報酬(税込):年1.55%

マネーコンサルタント 頼藤太希

それぞれの地域に強みを持つ投資信託を安全性や長期的な収益力といった基準で選び、投資を行う「ファンド・オブ・ファンズ」と呼ばれる投資信託です。主な投資先は、米国株式ファンド40%、欧州株式ファンド30%という具合に、先進国のファンドが主体になっています。先進国の株式の力を借りて、積極的にリターンを狙う1本だといえるでしょう。

一般的なアクティブ型に比べて信託報酬は安め。10年リターンではベンチマークとなる指標を上回っています。


●4位:SBIグローバル・バランス・ファンド

純資産総額:7.18億円
基準価額:9723円
信託報酬(税込):年0.2869%

マネーコンサルタント 頼藤太希

日本を含む全世界の株式・債券へ分散投資を行う商品です。基本的に、資産配分比率は債券60%・株式40%と、債券をやや重視した配分になっていますが、年に1回市況に合わせてプラスマイナス20%の範囲内で見直される場合があります。また、投資の結果一定以上資産の比率が崩れた場合、3か月に1回リバランスをして調整を行います。リスクを抑えつつも、世界中に向けて分散投資を行いたい場合におすすめです。


●3位:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

純資産総額:457.75億円
基準価額:11983円
信託報酬(税込):年0.154%

マネーコンサルタント 頼藤太希

国内・先進国・新興国の株式と債券、国内外の不動産(リート)に投資するバランス型の投資信託。8つの資産に対して、12.5%ずつ均等に投資するわかりやすい仕組みや信託報酬の安さが人気で、純資産総額も堅調に増加しています。

4位の「SBIグローバル・バランス・ファンド」よりも債券の割合が少なく、先進国と同じ割合で新興国の資産も入っていることから、より積極的に利益を狙うのに向いている1本です。


●2位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

純資産総額:854.40億円
基準価額:11075円
信託報酬(税込):年0.1023%

マネーコンサルタント 頼藤太希

MSCIコクサイ・インデックスという指標との連動を目指す投資信託です。1本で日本を除く22カ国の先進国、約1300銘柄の株式に投資したのと同じような効果が期待できます。米国株が約6割を占めているので、比較的アメリカの動向に影響を受けやすいのが特徴です。

信託報酬はSBI証券のiDeCoの中でも最安水準の年0.10989%。先進国株を中心に、低コストで投資するのに向いています。


●1位:SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))

純資産総額:57.14億円
基準価額:9117円
信託報酬(税込):年0.1102%

マネーコンサルタント 頼藤太希

米国の株式・米国以外の先進国株式・新興国株式に投資する3本のETF(上場投資信託)に投資することで、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスという指標との連動を目指す投資信託です。この指標は、日本を含む世界の大中小型株約8000銘柄もの値動きをもとにしており、世界の株式の時価総額の98%をカバーするといいます。

いいかえれば、全世界の株に投資するのと同じような効果が得られます。それでいて信託報酬も安いため、気軽に世界経済の成長の力を借りられる1本といえます。

 

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券のiDeCoおすすめ商品ランキングベスト5【オリジナルプラン】

金額や手数料率は2020年4月27日現在のものとなっています。

●5位:三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

純資産総額:304.17億円
基準価額:22864円
信託報酬(税込):年0.176%

マネーコンサルタント 頼藤太希

東京証券取引所(東証)1部に上場している株式に投資を行い、TOPIX(東証株価指数)の動きと連動することを目指す商品です。TOPIXは東証1部の2000以上の銘柄から算出される株価指標です。つまり、1本で東証1部全体に投資したのと同じような効果が得られる、というわけです。

TOPIXはニュースなどでも報じられるメジャーな株価指標ですから、わかりやすいのがいいところ。信託報酬も0.176%と十分に低い水準です。


●4位:ひふみ年金

純資産総額:265.77億円
基準価額:13499円
信託報酬(税込):年0.836%

マネーコンサルタント 頼藤太希

投資家に人気の「ひふみ投信」の年金版。確定拠出年金に限り購入できます。投資先は主に国内・海外の成長企業の株式です。銘柄選定にあたっては、単に財務指標や株価情報といった数値面だけでなく、各社の経営方針や戦略などといった数字に表れない部分まで徹底的にリサーチし、割安と判断できる銘柄に投資しています。

信託報酬はひふみシリーズの3本(ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金)のなかでもっとも安く設定されています。アクティブ型で積極的にリターンを狙うために利用したい1本です。


● 3位:DCインデックスバランス(株式40)

純資産総額:78.02億円
基準価額:18485円
信託報酬(税込):年0.154%

マネーコンサルタント 頼藤太希

国内株式、海外株式、国内債券、海外債券の4つの資産に分散投資する商品です。各資産の全体の値動きを表す代表的な指標と連動することを目指します。資産の割合は株式40%、債券など60%ですので、セレクトプラン4位の「SBIグローバル・バランス・ファンド」と似ていますね。リスクを抑えつつ、内外の資産に投資したい方に向いています。

2002年から運用が続くご長寿投資信託ですが、信託報酬は今でも十分通用する水準といえるでしょう。


● 2位:iFree8資産バランス

純資産総額:182.916億円
基準価額:10794円
信託報酬(税込):年0.242%

マネーコンサルタント 頼藤太希

国内・先進国・新興国の株式と債券、国内外の不動産(リート)に1本でまとめて投資するバランス型の投資信託です。8つの資産に対して、12.5%ずつ均等に投資することで、互いに異なる値動きを補い合い、リスクを抑えつつ資産を増やすことが目指せます。

日本国内だけでなく、先進国や新興国の資産にも同じ割合で投資をするので、やや積極的に利益を狙う投資信託だといえます。変化した資産配分を元に戻すリバランスも自動で行ってくれるので手間いらず。バランス型のメリットを生かしつつ、世界経済の成長とともに資産を増やすことが目指せる1本です。


●1位:DCニッセイ外国株式インデックス

純資産総額:293.69億円
基準価額:11477円
信託報酬(税込):年0.154%

マネーコンサルタント 頼藤太希

日本を除く22カ国の先進国、約1300銘柄の株式をもとに算出されるMSCIコクサイ・インデックスという指標との連動を目指す投資信託です。アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックといった米国の大企業の株を多く組み入れています。

シンプルな商品のため、信託報酬が0.154%と低く設定されているのも大きな特徴。純資産総額も堅調に増加しています。


【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

まとめ

SBI証券のiDeCoの特徴とおすすめ商品ランキングをご紹介してきました。SBI証券のiDeCoは口座維持手数料が安く、商品選びを手助けするツールも充実しています。
これからSBI証券でiDeCoをスタートするなら、セレクトプランのほうがおすすめです。ぜひiDeCoをはじめて、老後資金づくりに取り組みましょう。

畠山 憲一 Mocha編集長

1979年東京生まれ、埼玉育ち。大学卒業後、経済のことをまったく知らないままマネー本を扱う編集プロダクション・出版社に勤務。そこでゼロから学びつつ十余年にわたり書籍・ムック・雑誌記事などの作成に携わる。その経験を生かし、マネー初心者がわからないところ・つまずきやすいところをやさしく解説することを得意にしている。
2018年より現職。夢はMochaを通してお金に困る人をなくすこと。趣味はランニング。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 5 2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 8 2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ