connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

20/06/23

カード・ローン

59種類もあるイオンカードはどれを選べばいい? おすすめの最強カードはコレだ!

大手スーパーのイオンには、59種類もののクレジットカードがあります(2020年6月22日現在)。
キャッシュレス決済が普及する中、現金よりもおトクだからと、イオンでもクレジットカードを使う機会が多くなった方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、さすがにこれだけあると「自分に一番いいカードはどれ?」と迷ってしまう方もいるかもしれません。

そこで今回は、イオンカードのメリット・お得な使い方と、ライフスタイル別のおすすめクレジットカードをご紹介します。

系列店で使うとおトクなイオンカード

イオンカードのメリットはやはり、イオン系列のお店で使ったときに発揮されます。買い物が割引になったり、ポイントの還元をたくさん受けたりできるからです。普段イオンのお店を利用する方には、コストパフォーマンスのよいカードといえます。

たとえば、イオン系列の店舗(イオン、ビブレ、マックスバリュ、ザ・ビッグなど)でイオンカードを利用してお買い物をすると、いつでも200円(税込)ごとに2ポイント(ときめきポイント)がつきます。
また、毎月10日は、WAONやクレジットカード払いによってたまるポイントが5倍に。イオン系列以外の買い物でも、イオンカードを利用すると200円(税込)ごとに2ポイント貯まります。さらに、毎月20日と30日の「お客様感謝デー」には5%OFFで買い物ができます。

さらに、イオンカード会員なら毎月送られてくる「サンキューパスポート」や誕生日月に送られてくる「バースデーパスポート」を利用することで、特定の商品が5~10%OFFで購入できます(一部カードは対象外)

他にも、イオンシネマのチケットをイオンカードで購入すると1枚300円割引になるなど、おトクが実感できるシーンがいろいろあります。

ポイントや保険も充実

イオンで貯まるポイントには「ときめきポイント」と「WAONポイント」の2種類があります。クレジットカード払いにすると「ときめきポイント」が貯まり、電子マネー一体型のカードのWAONで支払うと「WAONポイント」が貯まります。
ときめきポイントはWAONポイントに交換したり、JALマイルやdポイント、景品・ギフトカードなど他のポイント・品物と交換したりできます。WAONポイントは、1WAONポイント=1円で電子マネーのWAONにチャージでき、お買い物に利用できます。

ポイントを効率よく貯める方法は、どのクレジットカードを利用するかで異なります。
たとえば、イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカードと電子マネーWAONの3つの機能が1つになった「イオンカードセレクト」なら、イオン銀行からWAONにオートチャージしてWAONで支払いすると、オートチャージとWAON支払いの両方に200円につき1ポイントずつ付与されます。つまり、ポイントの二重取りができるのです。なお、二重取りにはイオン銀行の口座開設が必要で、クレジットカードの代金はイオン銀行からの引き落としにすることが必要です。

また、ネットでのお買い物でも、ポイントモールの「ときめきポイントTOWN」を経由すると、最大21倍ものポイントを獲得することができます。

万が一の保険も充実。ショッピングセーフティ保険とクレジットカード盗難保障がついています。
ショッピングセーフティ保険は、イオン銀行が発行したクレジットカードで購入した5000円から50万円までの商品が、偶然による事故で購入日から180日以内に被害を受けた場合に補償を受けられる制度です。他のカード会社では90日が多いので、イオンで購入すればお買い物後の安心もより長くプラスされます。また、クレジットカードの紛失や盗難で不正使用された場合でも、損害額が補填されます。

なお、イオンカードは年会費が永年無料です。さらに家族カードやETCカードの発行手数料もかかりません(ただし、一部カードの中には次年度以降、利用額に応じて年会費がかかるものもあります)。これなら、持っていても損はないですね。

あなたに合う1枚は? 選ぶならこのイオンカード

おトクになるとはいえ、冒頭でお話ししたとおり、イオンカードは59種類あります。もし、「どれを選べばいいのか分からない…」と悩んでしまったら、まず自分のライフスタイルに合わせて、利用頻度が高いサービスを考えてみましょう。利用頻度が高いサービスがおトクになれば、メリットも大きくなります。
次に、貯まるポイントや電子マネー機能の有無を決めましょう。中にはマイルやdポイントなどを貯めることもできるクレジットカードもあります。
さらに、利用代金の引き落とし口座がイオン銀行のみか、イオン銀行を含む金融機関なのかを決めましょう。イオン銀行以外の銀行口座に引き落とし関係をまとめているならば、そちらが利用できたほうが便利になります。

●一番のおすすめは「イオンカードセレクト

「イオンカードセレクト」は、イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカードと電子マネーWAONの3つの機能が1つになったカードです。クレジットカードの利用代金はイオン銀行の口座から引き落とされます。すでに紹介したとおり、お買い物でのポイントがおトクに貯められます。
また、「イオン銀行Myステージ」の加点対象になっているので、利用実績に応じてイオン銀行の普通預金の金利がアップしたり、他金融機関への振り込みが無料になる回数が増えたりします。お買い物だけではなく、銀行取引までおトクにできるのです。

イオンクレジットカード


●イオン銀行以外の口座から引き落とすならイオンカード(WAON一体型)

普段、お給料や年金が入るのが他の金融機関で、イオン銀行に振り替える時間がないという人には、イオンカード(WAON一体型)がおすすめです。クレジットでもWAON支払いでも1枚で済みます。もちろん、ときめきポイントやお客様感謝デーの特典もきちんと受けられます。

イオンクレジットカード


●よく高速道路を利用するなら「イオン首都高カード」や「イオンNEXCO西日本カード

高速道路を利用する方なら、「イオン首都高カード」や「イオンNEXCO西日本カード」がいいでしょう。イオンでの割引に加えて、高速道路の利用でもポイントがつきます。
イオン首都高カードなら毎週日曜日の首都高通行料金が20%OFF、イオンNEXCO西日本カードなら全国の高速道路でETCを使うことでたまるときめきポイントが基本の2倍(月〜金)、基本の3倍(土日)になります。

イオンクレジットカード


●USJに行くなら「イオンカード(ミニオンズ)

小学校までのお子さんを持つご家庭に人気なのが、「イオンカード(ミニオンズ)」です。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)内で利用すると、ときめきポイントが10倍になります。貯まったポイントはミニオンズの商品と交換できること、イオンシネマの映画の料金がいつでも1000円になることも見逃せません。

●飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる「イオンJMB カード

「イオンJMB カード」は、お買い物のたびにJALのマイルが貯まり、貯まったマイルはWAONに交換することができます。
本来マイルは飛行機を利用することで貯めるものですが、普段の生活でマイルをコツコツ貯めて、旅行するのもいいですね。陸(おか)マイラーを目指すなら、ポイントを効率よく貯めることが重要です。

イオンクレジットカード

ゴールドカードも持てるかも?

一般カードでもいいけれど、ステイタスのあるゴールドカードを持ちたいと思うもの。将来ゴールドカードを目指すなら、「イオンカードセレクト」か「イオンカード(WAON一体型)」を作ることをおすすめします。

「イオンゴールドカードセレクト」「イオンゴールドカード」は、ゴールドなのに年会費不要で、
・イオンラウンジサービス
・空港ラウンジサービス
・ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
・海外旅行傷害保険(最高5000万円)
・国内旅行傷害保険(最高3000万円)
が利用できます。

ゴールドカードは招待制です。継続的に年間100万円以上のカードでの支払いがあるか、銀行取引の状況がどうか、などで招待されるかどうかが決まるようです。中には投資信託の購入や定期預金の預け入れだけで、一般カードを作ってから半年以内にインビテーションがきたという例もあるそうです。

イオンクレジットカード
イオンクレジットカード

まとめ

イオンカードは、イオン系列の店舗で利用することで、買い物が安くできたりポイントがたくさん貯められたりするカードです。イオンをよりおトクに利用するために持っておきたい1枚といえるでしょう。
自分のライフスタイルに合ったカードを選べば、おトク度がさらに増しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

池田 幸代 株式会社ブリエ 代表取締役 本気の家計プロ®

証券会社に勤務後、結婚。長年の土地問題を解決したいという思いから、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)を取得。不動産賃貸業経営。「お客様の夢と希望とともに」をキャッチフレーズに2016年に会社設立。福岡を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

はじめまして、私は32歳の主婦です。2人の子供がいます。
今冬に新車の購入を考えているのですが、ローン購入か現金一括購入かで悩んでいます。
貯蓄は500万程度で、購入を検討している車は300...

マネー相談の続きを見る

マイホームが先か、車の購入が先か悩んでいます

不動産・ローン福岡県 いいね 5 2015/07/29

マイホームを先に購入するか、車を購入するか悩んでいます。
当初、2年後に車を購入、5年後にマイホームの購入を考えていました。そのため、車買い替えの頭金100万を準備するために、積み立てをしてい...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ