connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/12/08

家計・ライフ

金持ちと貧乏を分けるキャッシュレス決済の使い方3選

同じ収入でも、金持ちの人と貧乏な人がいます。なぜそのような差が生まれるのかというと、「支出」に違いがあるからです。それは、今注目されているキャッシュレス決済においても同じことが言えます。
今回は、「金持ち」と「貧乏」ではキャッシュレス決済の使い方にどのような違いがあるのかをご紹介します。

金持ちと貧乏を分けるキャッシュレス決済の使い方1:金持ちは予算を決めて使う

キャッシュレス決済は便利な反面、使う金額を適切に管理しないと使いすぎてしまうという危険性があります。そのため、キャッシュレス決済にいくら使うのか予算を決めることは非常に重要です。

貧乏な人は、予算を決めずにどんどん使ってしまう傾向があります。これでは銀行口座のお金がなくなったり、クレジットカードの請求が高額になったりする恐れがあります。一見、財布のお金があまり減らないので、なかなか気づきにくいのですね。

一方金持ちの人は、キャッシュレス決済に使う予算を決めています。たとえば毎月決まった金額を電子マネーやスマホ決済にチャージして、その範囲内で利用することで無駄な支出を抑えているのです。
また家計簿アプリを利用して、支出を管理している人もいます。家計簿アプリは、クレカや電子マネー、一部のスマホ決済などのキャッシュレス決済に対応しています。家計簿アプリに連携すれば、どれだけ使ったかが「見える化」できます。

金持ちと貧乏を分けるキャッシュレス決済の使い方2:金持ちはキャンペーンを見逃さない

同じ商品やサービスを購入するのであれば、できるだけ安いほうがいいですよね。キャッシュレス決済では、各社さまざまなキャンペーンを実施しています。キャンペーンをうまく利用することで、ポイント還元率や割引率がアップします。

しかし貧乏な人は、こうしたキャンペーンに疎い傾向があります。キャンペーン情報をチェックするのが面倒という人もいるかもしれません。とはいえ、スマホ決済であれば、専用アプリですぐにチェックできるくらい、実は手軽です。なかには、Webでの登録一つでポイント還元率が10%以上アップするキャンペーンもあるので、キャンペーンを利用するとしないでは、のちのちの買い物のお得さが大きく違ってきます。

金持ちの人は、そうしたキャンペーンを見逃さず積極的に利用します。そして、そこで手に入れたポイントを利用して、お得に商品やサービスを購入しているのです。

金持ちと貧乏を分けるキャッシュレス決済の使い方3:金持ちはポイント投資を活用する

金持ちの人と貧乏な人では、キャッシュレス決済で貯まったポイントの使い方にも違いがあります。

貧乏な人は、ポイントを使う予定のなかった商品やサービスに利用しがちです。「ポイントが使えてお得だから買おう」と、現金だったら買わないような商品をレジに持っていってしまうのです。これでは、せっかくの得が無駄になってしまいます。

一方、金持ちの人は「ポイント投資」を活用していることが少なくないようです。
ポイント投資は、買い物などで得られたポイントで株式や投資信託などを買うことができる仕組み。たとえば楽天証券では楽天スーパーポイント、SBIネオモバイル証券ではTポイントを利用したポイント投資が可能です。
ポイント投資のよいところは、現金を使わずに気軽に投資ができること。さらに購入した株式や投資信託を売却して現金化することもできるため、ポイントのままにしておくより、利用できる幅が広がります。

また、ポイント投資と似た「ポイント運用」もあります。選んだ株式や投資信託の値動きと連動してポイントが増減する仕組みです。dポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイントなどで運用できます。ポイント投資と違って現金化はできませんが、投資初心者が投資の感覚をつかむのにおすすめのサービスです。

金持ちの人は、ポイントを無駄遣いせず、投資・運用をして、少しでも増やそうとするのです。

 

まとめ

お金持ちになるためには、「収入を増やす」か「支出を減らす」のどちらがしかありません。収入を増やすには時間がかかりますが、支出を見直して減らすことはできるはず。キャッシュレス決済をうまく活用することでも、支出を減らし、お金を貯めることができるでしょう。

金持ちの人は貧乏な人にくらべて、お金の貯め方が上手です。金持ちのキャッシュレス決済の使い方を参考にして、「キャッシュレス貧乏」にならないよう工夫しましょう!

Yacco 金融系フリーライター

大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立つお金の知識の乏しさに気づき、その重要性を感じたことがきっかけで、ファイナンシャルプランニングの勉強を開始。現在はフリーライターとして、資産形成、税金、不動産、仮想通貨などお金に関する記事を執筆中。趣味は海外旅行、カフェめぐり、漫画。2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記2級。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

育児休暇中の内職ってしてもいいの?

家計・ライフ京都府 いいね 5 2015/12/04

現在会社を育児休暇中の母です。私が今回質問したいのは、育児休暇中に内職をしてもよいか、ということです。
私は十分な貯金がないまま子供を出産したので、旦那の給料のみではいずれ家計が苦しくなること...

マネー相談の続きを見る

現在、公営住宅に住んでおります。
世帯収入が低いので月々のお家賃は駐車場込みで32000円ほどです。
3LDKで、まぁまぁ綺麗ですし住む事自体には満足ですが、度々入ってくる住宅販売の広告を見...

マネー相談の続きを見る

転勤族は何時まで付いていくべき?

家計・ライフ岡山県 いいね 1 2015/06/15

私は30代主婦なのですが、我が家には4歳、3歳、0歳の3人の子供がいます。
旦那は世に言う転勤族でして、全国何時何処に異動になるか分かりません。

何度か子供を保育園に預け、私自身も働いて...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ