connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/01/16

キャリア

働く女性のセカンドキャリア ステップアップでさらに輝く

働く女性の中には一つの会社でずっとキャリアを積んでいく人もいれば、専門的なことを学んだり、資格を取得したりしてステップアップ転職などをしている人もいます。ライフスタイルや働き方が多様になった現代ではそんなセカンドキャリアを考える人が増えているようです。

セカンドキャリアとは

セカンドキャリアとは一般的には定年後や、早期退職を目前に控えた人が新しい仕事に就くことにように思われますが、実はそれだけではありません。例えば結婚や出産で一時的に退職した人や、育児を終えた後の女性が再び仕事に就くことも含まれます。さらに最近では、学び直しで資格を取得したりしてキャリアアップにつなげている人も増えているようです。

終身雇用の時代は終わり、転職やフリーランスなど働き方が多様になったことで、現在は会社員であっても同じ会社で定年を迎えるとは限りません。さらに人生100年時代と言われるこれからの時代では、定年という考え方さえ変わるかもしれません。
そうなると、今の職業や年齢に関係なくセカンドキャリアを考える必要があるかもしれません。

学びなおしでステップアップ

2018年6月、人生 100 年時代構想会議が発表した「人づくり革命 基本構想」では社会人のためのリカレント教育、学び直しが掲げられています。
リカレント教育というのは、社会人として働きながらキャリアアップ、ステップアップのために勉強することで、現在の仕事に必要な知識やスキルを身につけたり、現在の仕事にこだわらず、キャリアチェンジのため大学や民間企業のプログラムで学んだりすることを言います。
学び直しプログラムでは社会人が利用しやすいように、夜間や土日祝日コースや、オンラインや通信教育などを拡充させる方針です。

ソフトブレーン・フィールド株式会社の発表した、「働く女性の学び直し・リカレント教育に関する意識調査」(2018年10月)

を見てみると、66.0%もの働いている女性が学び直しをしたいと考えています。

また、実際に学び直しをしたことのある人の理由は、業務のキャリアアップや、新しいことにチャレンジしたい、就職転職のためが上位を占めています。
中でも、資格の取得は人気が高いようで、新たな仕事に就くことができたり、昇進や資格手当など収入が増えたりした人もいるようです。

学び直しの効果は収入だけとは限りません。新たな知識を身につけることで、視野が広がったり、新たな人脈が増えたり、人生そのものを豊かにすることにもなるのです。

専門的資格をとるならぜひ使いたい給付金制度

キャリアアップの支援制度として、教育訓練給付金制度があります。2014年からは、一般教育訓練給付と、専門実践教育訓練給付の2種類あり、より専門的かつ実践的な講座として指定されたのが専門実践教育訓練の講座です。
対象となる講座は、インターネットで検索することもできます。

厚生労働大臣教育訓練講座検索システム

専門実践教育訓練給付を初めて受ける場合、雇用保険の加入期間が2年以上ある方であれば誰でも対象になります。
厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練の対象講座を修了もしくは、修了見込みで受講している場合、本人が支払った訓練費用の50%(年間上限40万円)がハローワークから支給されます。

金額は、受講期間によって異なり、上限金額が設定されています。
さらに専門性の高い国家資格や、特に成長が期待される分野の民間資格の資格取得などをして、1年以内に雇用保険の被保険者として雇用された場合や既に雇用されている場合は、追加支給(訓練費用の20%、年間上限16万円)もあります。

上限額は下記の通りです。
・受講期間1年 40万円+追加16万円(上限56万円)
・受講期間2年 80万円+追加32万円(上限112万円)
・受講期間3年 120万円+追加48万円(上限168万円)
※4000円を超えない場合は支給の対象外

専門実践教育訓練は2018年10月1日現在では2175講座あり、キャリアコンサルタントや、情報システムIT関連、商業実務、デザインなど幅広い分野の講座が用意されています。

まとめ

ライフプランを考える上で、いつまで働くかによって収入も違えば、生活も違います。健康で元気なうちはできるだけ働きたいと考えるのであれば、いつのタイミングからでも将来のキャリアは考えておいた方がいいでしょう。
学び直しに遅いということはありません。思い立ったときが自分にとってベストのタイミングです。活用できる制度は上手に使って自分らしく輝けるセカンドキャリアを手に入れましょう。


黒須 かおり
ファイナンシャルプランナー CFP®
女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識など幅広い資金計画とライフプランのアドバイスを手がけている。金融機関にて資産形成のアドバイザーとしても活動中。FP Cafe登録パートナー

記事提供:moneliy

moneliy マネリー

「すべての女性を笑顔にする、マネーケア。」
マネーケアで生活に彩りを与え、女性が笑顔でいられる社会を目指すための情報を発信します。
moneliy

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

結婚する前の貯蓄について

結婚東京都 いいね 3 2015/11/26

はじめまして。現在交際している彼と結婚を考えています。

プロフィールは以下の通りです。
年齢:彼→31歳、私→30歳
住居:彼→賃貸のアパートで一人暮らし、私→実家ぐらし
職業:彼、...

マネー相談の続きを見る

育休明け後に悩んでいます。

仕事と家庭の両立兵庫県 いいね 12 2015/07/11

11月に育休が明けますが転職するか悩んでいます。
妊娠中に業務縮小の為、勤務地異動があり仕事に慣れないまま疲れからか切迫早産になり休職→産休、育休となりました。
悩んでいるのは以下の点のため...

マネー相談の続きを見る

フルタイムのまま働くべきかアドバイスお願いします

仕事と家庭の両立鳥取県 いいね 5 2015/10/24

まず、私は2児(2歳と0歳)の母で今は育児休暇中です。第二子が1才になったら復職予定となっております。
夫は会社勤めではなく、専門的な仕事で自分で仕事を取ってくる形態です。
なので月によ...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ