connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

17/02/21

資産運用・経済

【投資女子への道】第22話 ファンダメンタルズ分析③〜もしもパン屋のオーナーになったら?〜

OLの神崎美穂(37)と山口玲奈(33)は、株式投資のスクールに通っています。今回は「ファンダメンタルズ分析③」ということで、株王子・川本の講義が始まるはずですが・・・・・・。

もしもパン屋のオーナーになったら?

両手いっぱいにパンの入った紙袋を抱えて、美穂と玲奈が教室に入って来る。

玲奈「ちょっと買いすぎましたね。先輩」

美穂「でも素敵なお店だったね!これから通っちゃおう!」

玲奈「先輩。シナモンロール、クロワッサン、くるみパン、のどれが良いですか?」

美穂「ウーン、悩むー」

講師の川本が教室に入ってくる。

川本「(玲奈をみて) おや、山口玲奈さんはベーカリーのオーナーだったんですか?」

玲奈「へへん、そうです!」

川本「では、オーナーに質問ですが、年間の売上ってどれくらいですか?」

玲奈「えっ?う、売上って何でしたっけ?」

川本「(笑って) 今日は四季報の数字の見方の講義でしたね。では、山崎製パンで見てみましょうか」

川本、四季報を開き、山崎製パンの載っているページを開く。

川本「業績欄をみて下さい。売上高、営業利益、経常利益、純利益、1株益(円)、1株配(円)と並んでいます」

美穂「本当ですね」

川本「売上高とは、『パンをいくら売った』、『コーヒーが何杯出た』という具合に、商品を売ったり、サービスを提供したりして、得た売上を示すものです」

美穂「つまり、どれだけ稼いだかってことですね」

川本「(頷いて) 玲奈さんはパン屋をもっとみんなに知ってもらいたい場合、どうしますか?」

玲奈「えっと、アルバイトさん雇ってチラシ配ります。あとFaceBookに広告出したり?」

川本「いいですね!先の売上から、パンの原材料費やチラシなど販売促進費、アルバイトさんなどの人件費を引いたものが『営業利益』になります」

美穂「本業のもうけってやつですね!」

川本「そうです。会社の利益には3つあって、1つめは営業利益、2つめが営業利益から銀行から借りたお金にかかる金利などを引いた『経常利益』、3つめがそこからさらに税金を支払った『純利益』です」

玲奈「3つの利益か。すごーい!本物のオーナーみたい」

投資家は何に注目をしているのか

(出所:楽天証券マーケットスピード四季報画面より筆者作成)

川本「ここからは投資をする際の注目すべきポイントをお話しします。四季報には、5期分が載っていますが、過去3年程度の売上高と営業利益、経常利益が毎年増えているか、まずはチェックしましょう」

美穂「山崎製パンは売上、利益ともに伸びていますね!」

川本「それから、今期、来期の『業績予想』が増えているのか、チェックします。株価は、企業の将来の成長性で動きますので、売上高や利益が成長していなければ、株価の上昇は期待できません。初心者の場合は、売上、利益、共に順調に増えている企業に投資をするのが良いでしょう」

美穂「四季報を使うと、企業の業績が簡単にチェックできるんですね。あれ?玲奈ちゃん、もう食べないの?」

玲奈「なんだか業績のこと考えたら胸がいっぱいになっちゃって」

川本「(笑って)さすがオーナーですね。でもチャート博士の岡田さんは沢山食べる子が好きだって言っていましたよ。可愛い子が、モリモリ食べている姿を見ると、幸せを感じるんだって」

玲奈「……急にお腹が空いてきた」

玲奈、くるみパンをガブリとかじる。

(続く)

*本記事で紹介する個別の銘柄・企業名については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。購入する場合は自己責任でお願い致します。

「投資女子への道」続きはこちら

【投資女子への道】の連載記事
全バックナンバーはこちら
第17話「ヤフーファイナンスを使いこなそう:チャート編」
第18話「株で大失敗する5つのタイプ〜ダメンズには気をつけろ〜」
第19話「ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?〜文系男子VS理系男子」
第20話「ファンダメンタルズ分析① 〜イケメン社長を見つけたらリサーチ開始〜」
第21話「ファンダメンタルズ分析②〜イケメン社長に投資って、それ大丈夫?〜」

岡田 禎子 「投資は面白い」がモットーなFP

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、ファイナンシャル・プランナー(CFP®)。 証券会社、資産運用会社を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。資産運用の観点から「投資は面白い」をモットーに、投資の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの方に伝えていけるよう、執筆とセミナーなどで活動中。
TVドラマ「インベスターZ」の脚本協力なども行なっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ