connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/05/27

資産運用・経済

LINEワンコイン投資で始める株の積立! 4つのメリットを紹介

投資というとかつては何万円、何十万円とお金がかかるものでしたが、近年少額から投資できるサービスが増えており、注目を集めています。
4月25日にスタートしたのがLINE「ワンコイン投資」。ワンコイン投資は「LINEウォレット」内の投資サービス「LINEスマート投資」の新サービスです。ワンコイン投資では、週1日・500円から手軽に積立投資ができます。
今回はLINEワンコイン投資のメリットを4つご紹介します。

株の積立ができる! LINEワンコイン投資の4つのメリット

〇LINEワンコイン投資のメリット1:週1日・500円から始められる少額投資

LINEワンコイン投資の最大のメリットは最低投資金額のハードルの低さです。1日500円から、500円単位で積立金額を選択可能。ワンコインから投資できるので、投資初心者でも手軽に始めやすいサービスです。
投資の方法は積立方式で、「週1回 お手軽プラン」「週5回 平日プラン」「週7回 毎日プラン」の3プランから積立頻度を選択します。1回500円ずつだったとすると、月約2000円〜約1万5000円の投資となります。

〇LINEワンコイン投資のメリット2:銘柄選びは不要! 積立型のロボアドバイザー投資

LINEワンコイン投資は「FOLIO」というロボアドバイザーサービスを利用しています。そのためFOLIOの証券口座開設が必要です。ロボアドバイザーが世界中の資産にバランスよく分散投資して運用してくれるため、自分で投資するテーマや銘柄を選ぶ必要はありません。
どれに投資すべきかわからない方にとっては、投資先選びで迷う必要がないのはメリットでしょう。もっとも、必ずお金が増えるとは限らない点は押さえておきましょう。

〇LINEワンコイン投資のメリット3:LINE Payからの引き落としで便利

LINEワンコイン投資で投資するお金はLINE Payアカウントの残高から自動で引き落としされます。LINE Payアカウントに銀行口座の登録をしておけば、銀行口座から自動で引き落としが行われます。投資するお金をいちいち入金する必要がなく便利です。
オートチャージ機能とは連動していませんが、残高不足の場合はメッセージが届き、そこからチャージが行える仕組みとなっています。また銀行口座(デビット支払い)からの引き落としを選択することも可能です。

〇LINEワンコイン投資のメリット4:今なら運用手数料が無料

LINEワンコイン投資の通常の運用手数料は預かり資産の年率1.08%(税込)、最低運用手数料は月額108円(税込)です。ただし2019年4月25日から2020年4月24日までの期間は運用手数料が無料になるキャンペーンが開催されています。ロボアドバイザーサービスを利用するには1%程度の手数料がかかるのが一般的なので、期間限定とはいえ手数料が無料なのは嬉しいサービスと言えます。

LINEワンコイン投資と既存ロボアドバイザーとの違いは?

LINEワンコイン投資以外にも、すでに積立投資サービスを開始しているロボアドバイザーはいくつかあります。今回はそのなかから「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO(テオ)」とLINEワンコイン投資を比較してみました。

キャンペーン期間中の運用手数料は圧倒的にLINEワンコイン投資がお得ですが、通常の運用手数料は3サービスともほとんど違いはありません。投資銘柄も海外ETFという点で同じです。また投資頻度も、複数のコースから選択できるところはWealthNavi(ウェルスナビ)と似ています。

大きな違いはやはり最低投資金額です。WealthNavi(ウェルスナビ)は10万円、THEO(テオ)は1万円からですから、LINEワンコイン投資 の最低投資金額500円というのは圧倒的に安いといえるでしょう。それだけ、気軽にスタートしやすいといえるでしょう。

またLINE Payから自動引き落としされるのも、LINEワンコイン投資の大きなポイントです。銀行口座からの引き落としの場合、給与口座と引き落とし用の口座を分けていると、引き落とし用口座への入金の手間や振込手数料が発生します。一方LINE Payからの引き落としなら、事前に登録した銀行口座やコンビニのレジなどから手数料無料で簡単にチャージできるのでとても便利です。

まとめ

LINE Payはショッピングやサービスの利用で貯まるLINEポイントからチャージすることもできます。つまり現金を使わずにLINE Payにチャージして、その残高をワンコイン投資にまわすことも可能なのです。筆者は貯まったLINEポイントをLINE Payにチャージして利用することが多いので、少額から投資できるうえにLINEポイントも有効活用できるLINEワンコイン投資に魅力を感じています。

これから投資を始める方や少額から投資を行いたい方、すでにLINE Payを利用している方は、手軽に始めやすいLINEワンコイン投資を試してみてはいかがでしょうか。

Yacco 金融系フリーライター

大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立つお金の知識の乏しさに気づき、その重要性を感じたことがきっかけで、ファイナンシャルプランニングの勉強を開始。現在はフリーライターとして、資産形成、税金、不動産、仮想通貨などお金に関する記事を執筆中。趣味は海外旅行、カフェめぐり、漫画。2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記2級。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 8 2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 5 2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ