connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

16/09/19

不動産

女性のための不動産投資 〜働きながら将来資産づくり〜

9/14(水) 株式会社Money&You×株式会社日本財託共催イベントにて、
株式会社Money&You取締役高山一恵と株式会社日本財託岩脇勇人氏が「女性のための不動産投資〜働きながら将来資産づくり〜」と題して講演しました。

将来の年金不安から、自分年金を増やす手段として「不動産投資」に注目が集まっています。特に女性は長生きなので、老後の生活に不安を感じている人が多いようです。女性のライフプランの中に不動産投資という選択肢を組み入れることによって、その不安を払拭できる可能性大!不動産投資の魅力についてみんなで楽しく学びました。

講演前半は、高山一惠が「女性のための不動産投資〜働きながら将来資産づくり〜」と題して講演。

画像:© Money&You Inc.

不動産投資を女性のライフプランの中に組み入れる!

不動産投資というと、ハードルが高いという人も少なくありませんが、実は女性のライフプランの中に上手に不動産投資を取り入れることで、活用度は大きくアップします。

例えば、現役のうちに投資用マンションを買い、家賃収入が得られると、収入減少などの際に生活費の足しにできたり、旅行や豪華レストランでの食事など、生活を楽しむ費用の足しにできたりします。

家賃収入に手を付けずに積み立てに回し、こまめに繰り上げ返済するなどして定年を迎えるまでに完済できれば、家賃収入がそのまま収入になるので老後の公的年金不足も補えますね。そして、人生の終盤には、物件を売却してまとまったお金を得ることで、老人ホームの入居一時金に充てるというような活用もできます。
優良物件を選ぶことができれば、不動産投資は、女性のライフプランの強い味方になってくれるでしょう。


不動産投資のメリットは?

優良物件を選べば、不動産投資は女性のライフプランの強い味方になってくれるとお話ししましたが、不動産投資には、さまざまなメリットがあります。

メリット1 安定的、定期的な収入が得られる
メリット2 インフレに強い
メリット3 レバレッジが効く
メリット4 会社に勤めながらできる
メリット5 節税効果が得られる

画像:© Money&You Inc.

予め不動産投資のリスクに備えておく

一方でもちろんリスクもあります。入居者が決まらずに空き室が続くと家賃収入が得られないので、想定していた収入が得られません。また、金利が上昇すると組んでいるローンの支払い利息が増えたり、思いがけない自然災害や火災で再建費用がかかったりすることも考えられます。ただ、予めリスクを想定して、対策を練ることはできます。

優良物件を探すことでかなりの確率で空室リスクを回避することができます。また、金利上昇リスクには「繰り上げ返済」で備えます。というのも、支払利息は借金の金額に応じて計算されるので、元本を返済しない限り、いつまでたっても利息の支払い負担を軽減することはできないからです。

さらに、地震や火災リスクに備えるには、昭和58年以降に建てられた新耐震基準の物件を選ぶ、木造家屋が密集している地域は避けるなど、火災リスクが発生しにくい地域を選ぶことが大切です。

このように、あらゆるリスクを想定し、入念な下調べをした上で、不動産投資をする必要がありますが、正直、どの物件がよいのか、資産価値が本当に高いのかなどは、素人にはなかなか判断できないもの。特に中古物件については、情報も少ないので、プロの不動産コンサルタントの力を借りるとよいでしょう。

イベント後半は、株式会社日本財託岩脇勇人氏が「東京・中古・ワンルーム投資」と題して講演。

不動産投資を始めた方がよい理由

所得には、自ら働く「勤労所得」とお金に働いてもらう「不労所得」の2つがあります。多くの人は、勤労所得にだけ頼っていますが、病気、怪我、リストラ、親の介護などで離職しなくてはならなくなってしまった場合、一体どうなるでしょうか?

いざ働けなくなってしまった場合には、収入が途絶え、生活が苦しくなってしまいます。そこで、考えたいのが「不労所得」。不労所得があれば、いざというときでも安心です。毎月安定的に家賃を得ることができる不動産投資は、不労所得の代表格といえます。

画像:© Money&You Inc.

不動産投資の成功の鍵は、確かな物件を選ぶこと!

不動産投資で成功する鍵は、将来も入居者がつく確かな物件を選ぶことです。リスクが少なく長期的に賃貸の付く確かな物件の条件として、以下の3条件があげられます。
1 東京
2 中古
3 ワンルームマンション

大企業の本社、外国企業の5割が東京にあり、都内の総生産は92兆4000億円。GDPベースで他の国家と比べて世界第14位に相当し、韓国を上回る経済規模を誇るなど、人口が減少するといわれている日本で将来にわたって賃貸需要が見込めるのは東京だけといえます。

また、新築物件は購入した時点で中古となり、約20〜30%価格が下落するので、効率よく投資するには中古を選ぶ方が賢明です。さらに、ファミリータイプに比べ、ワンルームタイプの方が空室期間は短く、ランニングコストが安いという特徴があります。

信頼のおける賃貸管理会社を選ぶことも大切!

物件選びも大切ですが、それと同じくらい大切なのが賃貸管理会社選びです。不動産投資のリスクの中でももっとも心配なのが「空室リスク」。

不動産投資のメリットは、毎月のローン返済を入居者が支払ってくれる家賃で返済できるところですが、入居者がつかない場合には、毎月のローンを自腹で支払はなくてならなくなります。

ですから、空室保証サービスがあるか、もしくは空室になってしまった場合、次の入居者を素早く探してくれるか、トラブルがあったときに懇切丁寧に対応してくれるかなど、質の高いサービスを提供してくれる管理会社をパートナーにすることが大事です。

Profile moneyandyou

Money&You マネーアンドユー

株式会社Money&Youは、「お金と向き合う」を全力でサポートする会社です。すべての日本人が、お金に振り回されない様に、お金とうまく付き合い、「活き活きとした人生」を送れるように、お金の知識と知恵を伝えています。

M 122

この記事が気に入ったら
いいね!しよう