connecting…

  • つみたてNISA
  • FIRE
  • Money&You TV
  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • マネラジ。
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

22/06/24

資産運用・経済

楽天証券「楽天キャッシュ」の投信積立で1%ポイント還元を受けるには

2022年6月19日より、楽天証券では「楽天キャッシュ」を利用した投資信託の積立サービスがスタートしました。楽天証券では、楽天キャッシュを利用した投信積立で、2022年中は最大1%の楽天ポイントの還元を受けることができます。今回は、楽天キャッシュで投信積立を行い、1%ポイント還元を受ける方法を紹介します。

楽天ポイントを貯めるなら楽天カード決済より楽天キャッシュ決済

楽天キャッシュは、買い物や送付・受取りができるうえに楽天ポイントもつくオンライン上の電子マネーです。この楽天キャッシュが、2022年6月19日より楽天証券での投信積立に利用できるようになりました。楽天キャッシュは、特定口座・一般口座・一般NISA口座・つみたてNISA口座で利用可能です。

楽天証券で投信積立の代金を支払う方法には、楽天キャッシュのほかに、楽天カードクレジット決済、証券口座(楽天銀行マネーブリッジ)、その他金融機関の計4つがあります。

●楽天証券の投信積立の支払い方法の違い

楽天証券のウェブサイトより

4つの支払い方法のうち、楽天ポイントの還元が受けられるのは、楽天キャッシュと楽天カードクレジット決済の2つです。

楽天キャッシュでは、楽天カードから電子マネーで楽天キャッシュにチャージすることで、一律0.5%の楽天ポイント還元が受けられます。また、2022年中(2022年8月買付分〜12月買付分)は投信積立金額を楽天キャッシュで決済することで、さらに0.5%の楽天ポイント還元が受けられます。つまり、合計の還元率は1%になります。

●楽天キャッシュでの投信積立で楽天ポイント1%還元

楽天証券のウェブサイトより




一方、楽天カードクレジット決済では、楽天証券の投信積立金額を楽天カードでクレジット決済することで、1%のポイント還元が受けられます。

「それなら、楽天カードクレジット決済のほうがお得では?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。
楽天カードクレジット決済では、2022年9月買付分より、楽天証券が受け取る手数料(代行手数料)が年率0.4%(税込)未満の投資信託を購入した場合にもらえる楽天ポイントの還元率が年0.2%(500円ごとに1ポイント)になってしまうのです。最近人気のインデックス型の投資信託のほとんどが還元率年0.2%の対象です。

したがって、楽天ポイントの還元率をまとめると、

【2022年8月買付分】
・楽天キャッシュ…1%
・楽天カードクレジット決済…1%
【2022年9月〜12月買付分】
・楽天キャッシュ…1%
・楽天カードクレジット決済…0.2%または1%(投資信託の手数料により異なる)
【2023年1月買付分】
・楽天キャッシュ…0.5%
・楽天カードクレジット決済…0.2%または1%(投資信託の手数料により異なる)

となります。

これから楽天証券で投信積立をはじめる方はもちろん、楽天カードクレジット決済で手数料の安い投資信託で投信積立している方も、楽天キャッシュを利用することで、楽天ポイントがお得に貯められます。

なお、楽天キャッシュと楽天カードクレジット決済は併用が可能。それぞれ最大月5万円、合計10万円まで投信積立ができますので、投資金額を増やしたい人にも向いています。

楽天キャッシュで投信積立をするには?

楽天キャッシュの投信積立の設定は、とても簡単です。ここでは、すでに楽天証券に口座があり楽天カードを持っている方が新たに楽天キャッシュで投信積立をする手順を紹介します。

●楽天キャッシュの投信積立手順1:投信積立したい投資信託を選ぶ

投信積立したい投資信託を選び、「積立注文」を選択します。

●楽天キャッシュの投信積立手順2:引落方法で楽天キャッシュを選ぶ

引落方法で「楽天キャッシュ(電子マネー)を選び、毎月の積立指定日と積立金額を入力します。また、分配金コースや口座の種類も選択します。

●楽天キャッシュの投信積立手順3:楽天キャッシュの「残高キープチャージ」を設定する

楽天キャッシュ残高キープチャージは、楽天キャッシュの残高が設定金額を下回った場合に、自動で不足金額がチャージされる機能。「毎月の積立指定日に楽天キャッシュの残高がなくて投信積立できなかった」という事態を防げます。
指示にしたがって操作し、楽天カードを登録します。

最後に積立注文の確認画面が表示されるので、内容を確認しましょう。「注文する」を選択すると、楽天キャッシュの投信積立設定が完了します。

なお、すでに楽天カードクレジット決済を設定している投信積立の注文を楽天キャッシュに変更することも簡単です。

●楽天カードクレジット決済から楽天キャッシュへの変更

「投資信託」のメニュー内にある「積立設定」を選択すると、投信積立設定が一覧で表示されます。楽天カードクレジット決済が設定されている投信積立には、「楽天キャッシュへ引落方法を変える」とリンクがあります。このリンクから操作することで楽天キャッシュに変更できます。

なお、楽天カードクレジット決済で9月から還元率が減る投資信託には、「9月の購入分から1%→0.2%ポイント還元に変わります」と記載されています。これを機に、楽天キャッシュに変更しておくといいでしょう。

楽天証券で投信積立するなら楽天キャッシュがおすすめ

楽天証券では、楽天キャッシュでの投信積立ができるようになったことを紹介しました。楽天キャッシュで投信積立を行うことで、2022年8月〜12月の買付では1%、2023年以降は0.5%の楽天ポイントの還元が受けられます。

楽天キャッシュでの投信積立は、これから楽天証券で投信積立をはじめる方はもちろん、楽天カードクレジット決済で手数料の安い投資信託で投信積立している方にもおすすめ。楽天キャッシュを利用することで、楽天ポイントがお得に貯められます。ぜひ活用を検討してみてくださいね。

畠山 憲一 Mocha編集長

1979年東京生まれ、埼玉育ち。大学卒業後、経済のことをまったく知らないままマネー本を扱う編集プロダクション・出版社に勤務。そこでゼロから学びつつ十余年にわたり書籍・ムック・雑誌記事などの作成に携わる。その経験を生かし、マネー初心者がわからないところ・つまずきやすいところをやさしく解説することを得意にしている。2018年より現職。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。教員免許も保有。趣味はランニング。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 4
2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 7
2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ