connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

18/03/27

資産運用・経済

恋愛も株式投資も選び方は同じ!つきあう相手を選ぶ3つのポイント

普段みなさんは、恋人を選ぶ際、どんな視点で選んでいますか?
外見重視、人柄重視、外見と人柄半々のバランス型など、いろいろあることでしょう。

では、結婚したい人はどんな人でしょうか?
恐らく外見と人柄に加え、現時点の経済力や将来性、周りの友達や親なども判断基準になると思います。

今回は、恋愛や結婚と絡めながら、株式投資の銘柄を選ぶ3つのポイントについてお伝えします。

(1) 好きなサービス・商品を販売している企業の中から選ぶ

外見だけで選ぶ恋愛を悪いとは言いません。ルックスの良い人と付き合うということがステータスとなり、周りに羨ましがられることはあるでしょう。
でも、長くお付き合いをするには、人柄や相性は重要ですよね。ましてや、結婚となれば、人柄をよく知らない人に自分の時間を費やすなんて、リスクが大きすぎます。

株式投資でも、同じことが言えます。何のビジネスをしているのかよく知らない企業、名前は知っていても業績は知らない流行りの企業などに投資をした場合、仮に儲かったとしてもそれは「たまたま」でしょう。株価が上がるか下がるかの単なるバクチです。自分の貴重なお金を投じるので、銘柄選びは慎重にしたいところです。

はじめて株式投資をする場合、銘柄は「好きなサービス・商品を販売している企業の中から選ぶ」ことをオススメします。
株価というのは、企業の成長とともに上昇していきます。企業の成長には、企業が販売しているサービス・商品の売り上げが伸びていくのは必須です。その売り上げは企業のサービス・商品を実際に使い継続して購入してくれるファンが支えています。
「好きなサービス・商品を販売している企業の中から選ぶ」とは、あなたもそのファンの一人として、よく知っているサービス・商品を販売している企業を投資先として選ぶということです。

(2) 企業実体を調べ、成長性・将来性がある企業を選ぶ

恋愛において、じっくりとつきあう相手を選ぶには、慎重な情報収集が必要ですよね。外見、会社名、肩書き、フィーリングが合う、だけではないはず。
「考え方・将来ビジョンはどうなのか」「行動力・実現力はある人なのか」「お金にだらしなくはないのか」「他の女性と付き合ってはいないのか」「周りの友達の人柄」など、周囲の人から得られる情報も重要になってきます。
慎重に選んだ相手だからこそ、腰を落ちつけたお付き合いができるのです。そんな相手とお互いに成長し合える関係でいられたら素敵ですよね。

株式投資の銘柄選びも同じです。「企業理念・将来ビジョン・行動計画はどうなのか」「実績は着実に積み上げてきて、売り上げや利益は右肩あがりか」「財務の健全性はしっかりしているのか」「提携先・取引先はどんな企業か」など、その企業のお客様の声から得られる情報も重要になってきます。

株式投資は、成長していくと信じることができ、じっくりと付き合える企業にお金を投じて応援するのが基本。定期的に発表される決算情報に目を光らせたり、実際に株主総会に参加したり、クチコミのネットワークを活かしたり、店頭でリサーチの目を光らせたりと、企業が成長に向けて努力を続けているか、企業の成長が株主のリターンにつながっているかをチェックしながら、お付き合いを深めていきましょう。

(3) フィーリングだけでなく、タイミングも大事

ここまでで絞ってきた銘柄と、付き合うタイミングは今かどうかを判断するのに役立つのが「PER」と「PBR」という指標です。
通常、株価は株式の数量や企業の規模によって変わってくるため、株価自体を他社と単純に比較することはできませんが、この「PER」と「PBR」を活用すれば、他社と比較して、株価が割高なのか割安なのかを判断することができます。

「PER」はPrice Earnings Ratioの略で、株価を1株あたりの利益で割った比率を指します。利益よりも高い水準で株価がついていることが一般的。
例えば、利益が大きく出ている企業ならば、株主に多くの配当を出すことができますし、将来のために新たな設備投資をして、さらに利益を伸ばすこともできるでしょう。「PER」の適正水準は14〜16とされており、数値が低いほど割安と判断できます。

「PBR」はPrice Book-value Ratioの略で、株価を1株当たりの純資産で割った比率を指します。純資産に対して株価が過大となりすぎていないかを見る指標ですが、これは企業が倒産または解散した場合に、株主に返ってくるお金の比率を示すものです。
「PBR」=1の場合、株価と同額のお金が株主に戻ってくると考えることができ、数字が1より大きくなると、企業が倒産または解散した場合に、株主は不利益を被ると判断できるわけです。「PBR」が1より低ければ割安と判断できます。

● PER = 株価 / 1株あたり利益  低いほど割安 (14〜16が適正水準)
● PBR = 株価 / 1株あたり純資産 「1」より低いと割安

失敗してもいい!経験を活かして、次の恋愛へ

恋愛と株式投資の一番大きな共通項、それは、過去の経験を次へ活かすことができるということです。恋愛を経験することで、相手選びのポイントがわかってきます。素敵な恋愛、幸せな結婚生活を続けるためには、人柄や価値観といった内面やお互いに成長しあえる関係かどうかを重視することが大切だということに気が付くはずです。

相手選びのポイントが磨かれてくると、株式投資をする際「どんなビジネスをやっているのか」「どんな将来を実現したいのか」「利益は継続的に出ているのか」といった企業の内面や成長性・将来性を自然と見るようになるからです。

恋愛も株式投資も経験が一番。たくさん経験を積み、恋愛でも株式投資でもハッピーになりましょう。

頼藤 太希 (株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Recommends

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

いつ投資を開始するべきですか?

投資埼玉県 いいね 7 2015/09/27

投資を始めようと思っています。
まずは買ってみようと色々調べた結果、NISAが活用できて初心者でもわかる日経平均に連動したインデックス型の投資信託を購入することにしました。
そこで質問なので...

マネー相談の続きを見る

投資信託の売却タイミングについて

投資神奈川県 いいね 4 2015/06/12

投資信託を初めて2年経ちますが、株式をはじめとして含み益が出ているファンドがいくつかあり、このまま持ち続けた方がいいのか売却して利益確定をしたほうがよいのか悩んでいます。
投資信託はあまりこま...

マネー相談の続きを見る

今後の投資について質問させてくださいませ。
全ての情報をこちらで開示したくはありませんので、イメージつきましたらお会いして相談させて頂きたいです。
▼プロフィール
•東京都在住
•夫34...

マネー相談の続きを見る

この記事のライターの記事

「資産運用・経済」に関連する記事

閉じる
AIが保険のベストプランを作成 7つの質問に答えるだけ!