connecting…

  • 確定拠出年金
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介
  • 短時間でお金の知性アップ

17/04/04

キャリア

自分より稼ぐ女性と結婚したい?男性がパートナーに求める年収は

写真:Thinkstock/Getty Images

いまや稼ぐ女性多数派。キャリア女性にとって、これって朗報?

一億総活躍社会が掲げられ、日本初の女性都知事の誕生など、近年さらに、女性の社会進出への期待が高まっています。実際、働く女性の皆さんの中には、すでに同世代の男性よりも稼いでいるという方もいるのではないでしょうか。

しかし「いずれは結婚を……」と考えているキャリア女性の中には、自分の収入が男性にどう思われるか気になる方も少なくないのでは?

共働きが一般的という風潮もある現代において、男性は、結婚相手と自分との稼ぎについて実際どのように感じているのでしょうか。今回は、男性が結婚相手に望む年収についてまとめました。

いまや共働きが当たり前?共働き世帯と専業主婦世帯の割合は

内閣府が発表した「男女共同参画白書(概要版)平成27年版」によると、1997年を境に共働き世帯が専業主婦世帯を超え、2014年には、共働き世帯1077万世帯(60%)、専業主婦世帯720万世帯(40%)となっています。

女性の社会進出が活発になり、「働きたい」と感じる女性が増えていることが大きな要因の一つです。

さらに今後、少子化対策や共働き夫婦にとって子育てしやすい環境づくりが進めば、共働き世帯の割合はより大きくなっていくことでしょう。

ずばり!男性が結婚相手に求める年収ってどのくらい?

男性が結婚する際に求める相手の理想の年収について、転職サイトの「@type」が調査したところ、相手の女性の理想年収として300万~400万円と答えた方が約40%と、もっとも割合が高いという結果が出ました。さらに「300万円以上」と答えた方は、全体のなんと80%以上にも上るとか。

一方で「100万円未満」と答えた方は5.6%にしか過ぎません。結婚相手には専業主婦や時短のパートよりもバリバリ働いてほしい、経済的な部分でも頼りたい――そう思う人が多くなってきているようです。

また、内閣府の調査でも、男女ともに「年収300万円以上の正社員」が結婚できる割合が一番多いという結果があります。現在、子供がいる世帯の平均年収は約600万円といわれているので、年収300万円程度の男性だったら、結婚相手には同じくらい稼いでほしいと思うのは当然かもしれません。

写真:Thinkstock/GettyImages

男性の本音はどちら?自分より「稼ぐ」女性との結婚 YES/NO

マイナビウーマンが20~30代男性に対して2014年に行ったウェブアンケート調査では、自分より給料が「多い女性」がよいと答えた方は64.6%、自分より給料が「少ない女性」がよいと答えた方は35.4%という結果が出ています。

自分より給料が多い女性がよいと考える理由としては

・貯金ができるから
・生活が少しでも楽になるなら多いほうがいい
・自分の少ない給料を補ってくれるから

などという現実的な意見が見られました。

一方、自分より給料が少ない女性がよいという方はというと、

・自分のほうが稼いでいないと甲斐性なしだと思われる
・プライドが保てるから

など、やはり男性としての威厳を保ちたいという意見も少なからずあるようです。意外にも、「男のプライド」よりも生活優先。お金はあるに越したことはないと考える男性が多数派で、堅実な男性が増えているという風潮が感じられます。

納得できる部分も多いのですが、パートナーになる方には収入だけではなく、できれば、家事や育児もシェアしながら幸せに暮らしていきたい。

プライドよりも現実を。稼げる女性のほうが圧倒的にモテる時代へ

「お父さんは一家の大黒柱」というイメージも今は昔。現代社会に生きる男性の多くは現実的に物事を考え、結婚相手に求めるものも変わってきています。専業主婦ではなく、奥さんにも働いてほしいと思っている男性の割合も確実に高くなっていることが分かります。

しかし、これはキャリアを重ねたい女性にとっては朗報かもしれません。実際に結婚し、子供を生んだ後も早々に社会復帰してバリバリ働いている女性は、いまや少なくありません。

しっかり働き、仕事も家庭も充実させる。そんな欲張りな夢が叶う日も近い!……かもしれませんね。


Talei
新卒でワインの輸入専門商社へ入社、1年間の海外留学を経て現在はメディア事業と起業支援を行う会社でマーケティングを担当。個人的にWebメディア運営、イベント企画・運営を実施、ワインスクール講師も務める。

Profile daily ands

DAILY ANDS デイリーアンズ

「人生は投資の連続」をキーワードに、豊かな毎日を送るために役立つ情報を配信します。
DAILY ANDS

Daily ands 016

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ