connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/07/26

カード・ローン

「年会費のかかるクレカ」と「年会費無料のクレカ」、どっちが得?

クレジットカードには、年会費のかかるものと無料のものがあります。
どっちが得でしょう? と聞かれれば、それはもちろん、年会費無料のクレジットカードだと思うでしょう。しかし、実はポイント還元率や各種サービスの充実度によっては、年会費のかかるクレジットカードのほうがお得ということもありえます。
そこで今回は、年会費のかかるクレジットカードを選んだほうがいい人、年会費無料のクレジットカードを選んだほうがいい人の条件をご紹介します。

年会費あり・なしでどう変わる?

クレジットカードを比較する際は、次の3ポイントをチェックしましょう。年会費のかかるものと無料のもので、どうかわるでしょうか。

●クレジットカードの比較ポイント1:ポイント還元率

まずはポイント還元率。使った金額に応じてもらえるポイントの割合が違います。
一般的に、年会費のかかるクレジットカードのほうが、年会費無料のクレジットカードより還元率が高く設定されています。

そこでチェックしていただきたいのが、クレジットカード利用額の「損益分岐点」です。
たとえば、年会費無料でポイント還元率0.5%のクレジットカードと、年会費2000円でポイント還元率1%のクレジットカードがあったとします。

このとき、年会費のかかるクレジットカードで、年会費を支払ってもお得になる利用額は40万円以上ということになります。40万円使うと4000ポイントがもらえるので、年会費の2000円を差し引いても2000ポイントが還元されるためです。さらに、40万円を超えれば超えるほど、年会費無料のクレジットカードとの還元率の差が開いていくことになります。

つまり、自分が毎年どのくらいクレジットカードを使っているかを調べて、年会費を支払ってでも年会費無料のクレジットカードよりお得になるというのであれば、年会費のかかるクレジットカードのほうがいい、ということになります。

●クレジットカードの比較ポイント2:補償内容

クレジットカードには、国内・海外旅行傷害保険が付帯されているものが多くあります。年会費の有無にかかわらずありますが、年会費のかかるクレジットカードのほうが無料のクレジットカードよりも補償額が高く設定されています。

海外旅行に年に1度は行く人で、その際に空港で旅行傷害保険に加入しているというのでしたら、年会費のかかるクレジットカードに自動付帯されている保険に加入した方がお得でしょう。

海外旅行では、スリの被害にあったときや、持参したカメラやスーツケースが破損したときなどへの備えはもちろん必要です。また、体調不良やケガで治療を受けなければならなくなると、入院費・治療費が高額になるケースも多くあります。

ですから、海外旅行傷害保険の加入は必須といっても過言ではありません。年会費無料のクレジットカードでは保険金の額が心もとないですが、年会費有料のクレジットカードならばそれなりにしっかりしています。もちろん、海外旅行に行かない人は気にしなくてもいいでしょう。

ただし、注意しておきたいのが、旅行保険の提供条件です。クレジットカードの旅行保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。自動付帯であればクレジットカードを所有しているだけで保障対象になりますが、利用付帯の場合はクレジットカードの利用状況に応じた保障となるので、提供条件をチェックしておきましょう。

●クレジットカードの比較ポイント3:付帯サービス

保険以外にも、クレジットカードに付帯しているサービスがいろいろあります。そのサービスが自分に合っているか、使えるかを確認しましょう。

たとえば、出張や旅行、帰省などで飛行機を利用することが多いなら、通常は入場料金が必要になる空港ラウンジを無料で利用できるサービスがうれしいでしょう。年会費有料のクレジットカードの場合に付帯されることのある嬉しい特典です。
飛行機はチェックインの時刻を過ぎると搭乗できない可能性が高いため、早めに空港に向かう人は少なくありません。すると、搭乗するまで空港です過ごす時間が長くなりがちです。こんなとき、空港ラウンジを利用できればくつろぎながらゆったりして待つことができるでしょう。

また、レストランの優待サービスなども、意外と知られていないように思います。対象のお店でクレジットカードを提示もしくは支払いをすると、割引価格が適用されてお得に利用できます。

さらに、ゴールドカードなど、上位のランクのカードであれば、サービスはさらに充実してきます。
たとえば、JCBのゴールドカードであれば、全国250店舗で事前予約を行い、専用のクーポンを提示したうえでJCBゴールドカードを使って支払いをすると、飲食代金またはコース代金が20%OFFとなります。そのうえ、スポーツクラブや映画館の割引などもあります。もっとも、審査や年会費なども相応に高くなりますが、使いこなせるならばそれを支払ってもお得になるでしょう。

まとめ

以上のポイントをまとめると
・年会費を差し引いても、年会費のかかるクレジットカードで得られるポイントの額が、年会費無料のクレジットカードのポイントの額より多い人
・海外旅行に年1回以上行く人
・クレジットカードの付帯サービスを使いこなせる人
は、年会費のかかるクレジットカードに加入したほうがお得になる可能性が高いでしょう。
逆に、これらの条件を満たさない方は、無料のクレジットカードでもいい、ということになります。

特に、すでに年会費のかかるクレジットカードを保有している方は、自分の利用状況やサービス内容を確認してみましょう。

今関 倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

借金地獄から抜け出したい。

不動産・ローン滋賀県 いいね 4 2015/06/27

消費者金融で借りた、借金が約80万円あります。彼氏に内緒で、できるだけ早く借金を返すコツを教えて頂きたいです。
出来れば、一年以内に返してしまいたいです。

マネー相談の続きを見る

そろそろ家を建てたいのですが。

不動産・ローン静岡県 いいね 10 2015/09/24

夫が現在33歳なので返済の事を考えるとそろそろ家を建てたほうが良いのかなと思っています。しかし貯金額が決して多いわけではないので頭金はほとんど出せない状況です。頭金をもっと貯めてからのほうが良い...

マネー相談の続きを見る

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ