connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/06/28

家計・ライフ

全部で2万円節約に! 光熱費節約8つのテクニック

もはや電気やガスのない暮らしなんて考えられませんよね。特にこれからの暑い夏には、エアコンが欠かせません。でも、そうなると気になるのが光熱費。「エアコンは電気代が高いから」と無理して使わずにいて、熱中症になってしまっては本末転倒です。
そこで今回は、家電別に、何をどうしたらいくらくらい節約できるかをご紹介。全部実践すれば年1万8470円も節約できる計算です。できるところからぜひ試してみてください!

ちょっとした工夫をするだけで節約効果あり

節約とはいっても、家電は日常的に使うため、ストレスのない方法でないと長続きしません。無理なくできることこそが大切です。
それでは、家電ごとに電気代節約テクニックをご紹介します。

●光熱費節約テクニック1:冷蔵庫

室温の設定温度を控えめにすることで節約効果があります。冷蔵庫の外側正面あるいは冷蔵庫内になる温度調整ダイヤルの設定が「強」になっていたら「中」や「弱」にすると省エネになります。
たとえば周囲温度22℃で、設定温度を「強」から「中」にした場合、年間の消費電力は61.72kWhダウン、約1670円節約になります。ただし、食品の傷みには注意しましょう。

●光熱費節約テクニック2:照明

白熱電球から電球形蛍光ランプに替えることで節約効果があります。電球形蛍光ランプの価格は白熱電球に比べて高めですが、節約効果から考えてもお得といえます。
たとえば、60形54Wの白熱電球を、同じ明るさに相当する12〜13Wの電球形蛍光ランプに替えると、年間の消費電力は約1/4以下、寿命は約6倍になり、電気代は約6600円節約になります。
※電球形蛍光ランプと白熱電球試算例(6000時間使用の場合)

●光熱費節約テクニック3:テレビ

見てないときはこまめに電源をOFFにすることはもちろんです。必要以上に画面を明るくしたり、音を大きくしたりするのは、電力の無駄使いです。
画面の明るさを調整することで節約効果があります。年間の消費電力は27.10kWhダウン、約730円節約になります。
※テレビ(32V型)の画面の輝度を最適(最大→中間)にした場合

●光熱費節約テクニック4:エアコン

設定温度を調整することで節約効果があります。夏の冷房時の室温は28℃を目安に。年間の消費電力は30.24kWhダウン、約820円節約になります。
※外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(使用時間:9時間/日)

●光熱費節約テクニック5:電気ポット

つけっぱなしにしがちな電気ポットはプラグを抜いておきましょう。保温はせず、必要な時にそのつど再沸騰させることで年間の消費電力は107.45kWhダウン、約2360円節約になります。
※ポットを満タンの水2.2Lに入れて沸騰させ、1.2Lを使用後6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合の比較

●光熱費節約テクニック6:パソコン

「パソコンをスタートから立ち上げると時間がかかる」そういって、電源をつけっぱなしにしていませんか。また、3Dのスクリーンセーバーだと消費電力が上がるものもあります。たとえばデスクトップ型の場合、電源を切ると年間の消費電力は31.57kWhダウン、約690円の節約になります。
※1日1時間利用時間を短縮した場合

●光熱費節約テクニック7:風呂給湯器

お風呂が沸いたら家族で続けて入浴し、追い炊きを控えることで節約効果があります。年間で節約できるガスは38.20㎥、約5270円の節約になります。
浴槽1杯(200L)分のお湯はシャワー16分(毎分12L)とほぼ同じ量なので、使い方によってはシャワーの方がお得です。ただし、出しっぱなしには気をつけましょう。

●光熱費節約テクニック8:ガスコンロ

炎を調整することで節約効果があります。炎はなべ底からはみ出さないように調節しましょう。
たとえば水1L(20℃程度)を沸騰させるとき、強火から中火にした場合(1日3回)、年間で節約できるガスは2.38㎥、約330円の節約になります。


今回は、代表的な各家電の節約テクニックをまとめてお伝えしました。
このほか、家電を買い替える際には、省エネ効果の高い商品を選ぶこともポイントです。少し使い方を意識するだけでも、年間でみれば大きな節約になります。今日から実践してみませんか。

(参考文献)
資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2017年夏版」
財団法人省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典2012年版」

今関 倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

両親の老後が心配です。

家計・ライフ東京都 いいね 6 2015/09/23

両親は二人とも60歳以上です。父も母も今はまだパート等で生計をたてており、なんとか暮らしていけていますが、来年で父親も65歳になり、年金はもらえるようになりますが、現在の仕事は契約が切れるので収...

マネー相談の続きを見る

自営業を初めた旦那。

家計・ライフ東京都 いいね 3 2015/06/06

二児の母です。主人は元々会社経営をしており、月給80-100万円程手取りで貰っておりました。それが一年程前、その会社を譲渡し、別の会社を立ち上げました。立ち上げてから数ヶ月。未だに生活が安定せず...

マネー相談の続きを見る

資産運用を始めたいと思っています。

家計・ライフ茨城県 いいね 8 2015/11/14

来春に第一子を出産予定の専業主婦です。夫が転勤族なので、パートタイム勤務をしてきました。
これまで資産運用はせず、地道に貯金をしてきましたが、今後はますますお金がかかると思いますし、将来に備え...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ