connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/05/26

カード・ローン

クレジットカードを解約しないとどうなる? 解約しないと出てくる3つのデメリット

これまで何枚もクレジットカードを作ってきたという方でも、普段使っているクレジットカードは数枚に限られてくるものです。使ってないクレジットカードを解約しないまま、自宅のどこかに置いているという人も少なくないでしょう。しかし、実はそれはあまりよくありません。
その理由と、クレジットカードを解約する「クレカ断捨離」の方法について紹介します。

クレジットカードを解約しないと出てくる3つのデメリット

使わないクレジットカードをそのまま保管していても問題ないと思われがちですが、実は解約しないことによるデメリットが3つあります。

●デメリット1:年会費がかかる場合がある

クレジットカードのポイントのプレゼントや、買い物代金の割引などの特典にひかれてお店でクレジットカードを作成したものの、使わなくなりそのまま保管したままになっている…ということはありませんか。
年会費がずっと無料ならまだいいのですが、実は2年目から年会費がかかるクレジットカードもあります。年会費が引き落とされたことで気がついた、ということになりかねません。

●デメリット2:悪用される恐れがある

使っていないクレジットカードでも、カード番号は付与されているので、不正に悪用される恐れがあります。
自宅に保管していてクレジットカードを作ったことすら忘れている場合、利用明細が自宅に届けば不正利用されたことに気づくかもしれません。しかし、ネットで明細を確認するようにしている場合、おそらくチェックもしないでしょうから、不正利用されていても気づかないケースもあります。

●デメリット3:管理ができなくなる可能性がある

クレジットカードをたくさん作ると、そもそも何枚あるのか、何の特典があるクレジットカードなのか、管理できなくなってきます。
持っているクレジットカードが単純に増えても使わないのであれば、必要ではないクレジットカードを何枚も無駄に持っているのはストレスにもなりかねません。

クレジットカードを解約する「クレカ断捨離」は電話で簡単

不要なクレジットカードはそのままにしておかない方がいいということがお分かりいただけたと思います。いらないクレジットカードは解約する「クレカ断捨離」を行うべきでしょう。

もっとも手間なくできるのは電話です。電話による解約手続きは、クレジットカードの裏面に記載されている電話番号に連絡するだけです。自動応答サービスの場合は、応答メッセージに従い、カード番号と暗証番号をプッシュすれば退会手続きができます。ただし、残債等の問題がない場合に限られます。また、オペレーターの対応の場合でも、解約したい旨と必要事項を伝えれば解約手続きができます。

解約手続きが済んだら、いらなくなったクレジットカードはハサミを入れて捨てます。このとき、ICチップ部分も切断するようにしてください。

残債、ポイント、支払方法…クレカ断捨離の注意点

まったく使っていないクレジットカードならば問題ないのですが、クレジットカードを一本化するなど、使っているクレジットカードを解約するときには、いくつか注意点があります。

まず、リボ払いの残高やキャッシングの残高がある際には、解約時に一括返済を求められるケースがあります。手元にそれらを返済できるお金がないのであれば、解約を先延ばしにして完済してから解約するほかありません。解約手続きをする前に、残高が一括払いになるのか、これまでどおり引き落とし口座より自動振替されるのか確認しておきましょう。

それから、クレジットカードを解約すると、それまでにたまったポイントも無効になってしまいます。可能な限り商品などと交換してから解約したいところです。

さらに、クレジットカードに追加して発行する(ぶら下がっている)家族カードやETCカード、電子マネーも利用できなくなるので、解約前に不自由がないか確認しましょう。

また、公共料金、携帯電話料などを解約しようとしているクレジットカード払いにしている場合、あらかじめ別のクレジットカードに変更しておくことも大切です。
支払方法を変更し忘れると、支払い漏れによる未払いになってしまいます。携帯電話料などの支払いに遅れると、ブラックリストに登録される恐れがあります。ブラックリストにのると、住宅ローンや車のローンが組めなくなったり、新たにクレジットカードが作れなくなったりする可能性が高いでしょう。
解約後の支払い方法をあらかじめ用意しておき、そちらに切り替えていくといいでしょう。

クレカ断捨離をすると、カードの不正な利用を防ぐことができるのはもちろんのこと、厳選したクレジットカードしか持たないことになりますので、お金の流れが把握しやすくなるでしょう。何より気分がいいものです。クレカ断捨離、ぜひ試してみてください。

今関 倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

借金地獄から抜け出したい。

不動産・ローン滋賀県 いいね 4 2015/06/27

消費者金融で借りた、借金が約80万円あります。彼氏に内緒で、できるだけ早く借金を返すコツを教えて頂きたいです。
出来れば、一年以内に返してしまいたいです。

マネー相談の続きを見る

そろそろ家を建てたいのですが。

不動産・ローン静岡県 いいね 10 2015/09/24

夫が現在33歳なので返済の事を考えるとそろそろ家を建てたほうが良いのかなと思っています。しかし貯金額が決して多いわけではないので頭金はほとんど出せない状況です。頭金をもっと貯めてからのほうが良い...

マネー相談の続きを見る

夫の乗っている車は、新車で買った6年目の軽自動車です。
メンテナンスをしっかり行い、大切に乗ればあと6~10年は乗れるはずなのですが、結婚以前はオイルやエレメント、ブレーキパッドの定期交換など...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ